あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【ま行】成分

 

化粧品の成分用語辞典【ま行】です。

成分用語辞典のトップに戻りたい方は、下記を押してください。

化粧品成分辞典トップ

 
 

 

マカデミア種子油
部外品名称:マカデミアナッツ油
植物オイル。オレイン酸、パルミトレイン酸を多く含有する。酸化安定性も高め。
マカデミア種子油は、パルミトレイン酸を20%程度含んでおり、人の皮脂の脂肪酸組成に近い。
そのため、肌なじみが良く、頻繁に使用される成分の一つ。
また、パルミトレイン酸は、若い皮脂に多く含まれているが、加齢とともに、減少していく。
 
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル
部外品名称:マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル
フィトステロールの誘導体。フィトステロールとは、コレステロールの植物由来成分です。コレステロールは、角層に存在する成分であり、肌に必要な成分でもあります。
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリルは、ラメラを形成する能力を有しており、エモリエント成分として、様々な化粧品に配合されています。
 
マグノリグナン
 

 

ミツロウ
部外品名称:ミツロウ
ミツバチから得られる動物性固形成分。
ワックスエステルを構成する脂肪酸はパルミチン酸、高級アルコールも飽和タイプが主である。
そのため、極めて酸化安定性が高い。
 
ミネラルオイル
部外品名称:流動パラフィン
石油由来の炭化水素油で、炭素鎖の異なる炭化水素が複数含まれている。
含まれている炭化水素油の割合に応じて、軽い感触から重たい感触までの種類がある。
表示名称からだけでは判断できない。
安定な成分であるため、化粧品に良く使用されるが、昨今の石油嫌いの市場により、配合化粧品が減りつつある。
石油由来だからと言って、肌に悪いわけではなく、ミネラルオイルもまた、安全な成分の一つである。
 
ミリスチン酸
飽和脂肪酸の一種。石鹸のベース成分でもある。
 
ミリスチン酸オクチルドデシル
常温液体のエステル油。酸化されにくく、安定性が高い。天然由来でもあるため、昨今よく使用されている。様々な化粧品原料との相溶性、相性が良い。
 
 

 
 

 

メタクリル酸メチルクロスポリマー

高分子系皮膜剤、増粘剤の一種です。日焼け止めやBBクリームなどによく配合されている成分です。

 

メチルグルセス-10
部外品名称:ポリオキシエチレンメチルグルコシド
グルコース(糖)にメチル基(-CH3)、PEG(ポリエチレングリコール)を付加した成分。保湿剤。
 
メトキシケイヒ酸エチルヘキシル(OMC)
紫外線吸収剤。油溶性の液体。UV-B(315nm)を吸収する性質がある。光安定性はやや悪い。
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン(BMDBM)との共存下だと、安定性は加速度的に悪くなる。
 
メドウフォーム油
部外品名称:メドウフォーム油
エイコセン酸(炭素数20)、エルカ酸(炭素数22)を主に含む植物オイル。
他の植物オイルで、これらの脂肪酸を多く含むものはない。
 
メチルイソチアゾリン
防腐剤の一種。パラベンが避けられるようになって、出てきた成分。その安全性のほどは、まだ何とも言えない。実績期間が短すぎるので。
 
メチルパラベン
部外品名称:パラオキシ安息香酸メチル
パラベンの一種。防腐剤。旧表示指定成分。
ほぼ全ての菌種に対して有効な防腐効果を持つ。
ポジティブリストの成分であり、配合上限が設けられている(1%)。
 
 

 
 
 
ホームへ戻る