あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【ら行】成分

 

化粧品の成分用語辞典【ら行】です。

成分用語辞典のトップに戻りたい方は、下記を押してください。

化粧品成分辞典トップ

 
 

 
ライスパワーNo.11(コメエキス)
皮膚水分保持能改善有効成分。
セラミド産生増加によるバリア機能改善作用
水分保持能による保湿作用
上記2点の作用がある。
その他のライスパワーについては、下記にまとめています。
ライスパワーの種類 効果・作用 部外品 商品例
ライスパワーNo.11 皮膚水分保持能の改善 米肌(コーセー)
ライスフォース(アイム)
ライースリペア(勇心酒造)
ライスパワーNo.6 皮脂分泌の抑制 ライース クリアセラムNo.6(勇心酒造)
ライスフォース アクポレス(アイム)
ライスパワーNo.1 皮膚をすこやかに保つ、肌表面のバリア機能改善 ライース スキンケアライン(勇心酒造)
ライース エッセンスUV(勇心酒造)
ライスパワーNo.2 皮膚を保護し清浄化する、洗浄系成分 ライースクレンジングジェル
ライスパワーNo.3 汚れを落としながら潤う、洗浄系成分 アトピスマイル透明石鹸
ライスパワーNo.7 乾燥やかさつきをケアする、乾燥肌向け
No.6とは逆の働きをする

ライースリペア コンセントレーションD(勇心酒造)
ライスパワーNo.10 皮膚バランスを整える、No.6と似たような成分 ライースクリアローション
ライスパワーNo.23 皮膚を保護し整える ライースホワイトニングエッセンス
ライースリペア コンセントレーションW(勇心酒造)
ライスパワーNo.1-D 温浴効果・スキンケア効果
ライスパワーNo.1-E 髪と地肌をすこやかに保つ、毛髪にハリ、コシを付与 ミスアールコンディショニングシャンプー
ミスアールトリートメントリンス
ライスパワーNo.101 胃や粘膜に優しい バリアケア101
ライスパワーNo.103 飲んでうるおう ライースリペア プレミアムインナーケアNo.103
ライスパワーNo.105 飲んですっきり  

 

ラウラミドDEA

ノニオン界面活性剤の一種。コカミドDEAと同様、洗浄剤の増粘作用がある。

 

ラウラミドプロピルヒドロキシスルタイン

ベタイン系の両性界面活性剤。ラウラミドプロピルベタイン同様、泡の持続力がある。一方で、ラウリルヒドロキシスルタインやラウリルベタインは、泡の持続力がない。

 

ラウラミドプロピルベタイン

ベタイン系の両性界面活性剤の一種。マイルドな洗浄力があり、コンディショニング能もある。よくベビーシャンプーなどにも使用される成分で、低刺激に定評がある。

 

ラウリン酸
脂肪酸の一種。飽和脂肪酸である。
石鹸の基剤として、使用される。
他の脂肪酸に比べ、やや刺激性があるが、泡立ち、気泡力に優れるため、よく使用される成分である。
 
ラウロイルアスパラギン酸Na
アミノ酸系界面活性剤。洗浄力と起泡力に優れており、かつ低刺激性の成分。目に染みにくい特徴もある。
 
ラウロイル加水分解シルクNa
加水分解シルク(ペプチド)に、ラウリン酸を結合させた成分。洗浄作用がある、アニオン性界面活性剤。毛髪本来の保水性を回復する役割、コンディショニング作用を持つ成分でもある。
 
ラウロイルグルタミン酸Na
アミノ酸系界面活性剤。泡立ちと刺激が控えめ。しっとりするので、ダメージ毛に適している。
 
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)
合成セラミド、疑似セラミドと呼ばれる成分。セラミド類似成分なので、ラメラを形成する力を持っている。
また、リポソーム(ナノカプセル)の安定化に寄与する性質もある。
 
ラウロイルサルコシンNa、ラウロイルサルコシンTEA
アミノ酸系界面活性剤。アミノ酸系の中では、洗浄力と刺激性が強めの成分。
 
ラウロイルメチルアラニンNa
アミノ酸系界面活性剤で、アニオン性界面活性剤の一種。
アミノ酸のアラニンと、植物油から得られるラウリン酸をくっつけた成分。適度な洗浄力があり、起泡力もあります。昨今、かなりたくさんの商品(洗浄系)に配合されています。
 
 
ラノリン
羊の毛(羊毛)から得られるオイル成分。ペースト状の性質をもち、主成分は、高級アルコールと、高級脂肪酸のエステルである。
肌との親和性が高く、水分蒸散を防ぐことに長けている。
動物由来ということで、嫌われている一面もある。
 
 

 

リノール酸S

サンスターが開発した美白成分。リノレックSとも呼ばれる。化粧品への配合は不可で、部外品でのみ使用可能である。

不飽和脂肪酸であるリノール酸をリポソーム化し、製剤中(商品中)で安定的に存在、角層への浸透性を高めたリポソーム化リノール酸です。チロシナーゼ活性を阻害し、メラニン生成量を減少させる。一応、肝斑に対しても有効なデータが得られている。

 

リボフラビン
ビタミンB12のこと。黄色の結晶性粉末。
 

 
ルシノール
4-n-ブチルレゾルシノールの愛称、一般名。
 

 

レチノール
ビタミンAの誘導体。水には溶けない。
皮膚や粘膜の正常な代謝を促進するビタミン。
真皮ではコラーゲンの合成を促進する作用もあり、シワやたるみの予防に効果あり。
資生堂から出されている、抗シワ化粧品は、レチノールが主剤である。
 
 

 

ローズヒップ油
バラ科植物「ローズヒップ」から得られたオイル成分。
 
 
ローヤルゼリー
ミツバチから得られる成分。ビタミンBやアミノ酸を豊富に含み、保湿効果、皮膚の活性化効果がある。
 
 
 
 
ホームへ戻る