あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【数字】成分

 

化粧品の成分用語辞典【数字】です。

成分用語辞典のトップに戻りたい方は、下記を押してください。

化粧品成分辞典トップ

 

 

 

1,2-ヘキサンジオール

多価アルコールの一種。炭素数は6つであり、ペンチレングリコールよりも抗菌性が高く、刺激性もやや強い。配合量が1%を超えてくると、少々注意が必要ですね。

昨今の防腐剤フリーコスメによく使用されている。

 

3-O-エチルアスコルビン酸

ビタミンC誘導体。他の誘導体とは、少し異なります。一般的なビタミンCを誘導体は、皮膚に塗られた後、皮膚に存在する酵素によって、分解され、アスコルビン酸になり、効果を発揮します。一方、3-O-エチルアスコルビン酸は、酵素反応を必要とせず、そのままで効果を発揮できるという特性を持っています。即効性があり、なおかつ、持続性もある成分です。

 

4-n-ブチルレゾルシノール

ポーラが開発した美白成分。ルシノールと言う名で知られているかと思います。化粧品への配合は現状不可能。コウジ酸、アルブチンよりも、チロシナーゼ活性を阻害する力が強い。また、肝斑に対しても有効な成分であることが確認されている。

 

4-メトキシサリチル酸カリウム塩

資生堂が開発した美白成分。略して4MSKとも呼ばれる。チロシナーゼの阻害によるメラニン生成を抑制をしつつ、溜まったメラニンを排出する役割も担っている。

 

5,5'-ジプロピルビフェニル-2,2'-ジオール

カネボウが開発した美白成分。大変ややこしい名前です。通称、マグノリグナンと呼ばれています。他の美白成分と異なり、チロシナーゼの活性を阻害するのではなく、チロシナーゼそのものの存在量を減らす効果があります。チロシナーゼの量が減れば、当然、メラニンへと変化する量も減りますので、美白効果が期待できるというわけです。ちなみに美白効果は、アルブチン、コウジ酸よりも高いことが知られています。

 

 

ホームへ戻る