あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【エイジングケアコスメ】アテニア ドレスリフト

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
 
どうも、あひるです。
今回は、アテニアから出されている、ドレスリフトシリーズを紹介したいと思います。
 
 

アテニアとは?

皆さん、「アテニア」というブランド、ご存知でしょうか。
デパートへ行けば、店舗がありますので、デパートへ行かれる方は知っている人が多いかもしれません。
また、ネットでも購入できますので、ネットに精通してる方には、お馴染みのブランドでしょうか。
 
「アテニア」とは、
一流ブランドの品質を1/3価格で提供することに挑戦し続けます。
をブランドコンセプトに、今から30年ほど前に誕生したブランドです。
ファンケルグループの一つで、基礎研究にも力を入れている会社です。
 
一流ブランド、大手メーカーの商品は、高いもの、高級ラインがあったりします。
そういったブランドや商品は、購入し続けることが、困難になる場合があります。
そこに一石を投じるような、そんなブランドコンセプトですね。
 
 
 

ドレスリフトシリーズ

エイジングケアラインで、40代をメインターゲットにしています。
今年、2019年に誕生したスキンケアラインです。
スキンケアラインの構成は、4品。
洗顔、化粧水、美容液、クリームです。
では、それぞれみていきましょう。
 
1)フェイシャルウォッシュ
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190628224139j:plain
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190628224150j:plain
フェイシャルウォッシュ

水、グリセリン、ミリスチン酸K、ステアリン酸K、PEG-32、PEG-6、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、ラウリン酸K、ステアリン酸グリセリル(SE)、ココイルメチルタウリンNa 、コカミドプロピルベタイン、ソルビトール、ミリスチン酸、DPG、ステアリン酸、ミツロウ、グリコシルトレハロース、ブドウ芽エキス、サッカロミセスセレビシアエエキス、加水分解イネ葉エキス 、加水分解コメエキス、加水分解コラーゲン、クインスシードエキス、サリックスニグラ樹皮エキス、カンテン、ダマスクバラ花油、ラウリン酸、BG、PEG-90M、加水分解水添デンプン、ペンチレングリコール、水酸化Na、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-7、ポリクオタニウム-39、シリカ、トコフェロール、EDTA-3Na、エチドロン酸4Na、BHT、安息香酸Na、香料

全成分から、
  • パラベンフリー
  • アルコールフリー
  • シリコンフリー
  • 鉱物油フリー
脂肪酸(ステアリン酸、ミリスチン酸、ラウリン酸)を使用した、クリーム状の洗顔です。
使用した感じ、泡立ちは良好、洗浄力もあります。
普段、この手の洗顔(脂肪酸ベース)を使用しないからでしょうか。
すごく洗った感じがありました。
私が普段使用している洗顔よりは、洗浄力が高めだと思います。
お肌が強くない人は、注意が必要かもしれません。
ただ、洗顔後、お肌が突っ張るとか、カピカピになるとかはありません。
私個人は、その手の洗顔が大嫌いですので、そこは大丈夫です。
脂肪酸については、こちら。
2)ローション
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190628224402j:plain
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190628224409j:plain

ローション

水、DPG、グリセリン、メチルグルセス-10、エタノール、BG、ブドウ芽エキス、サッカロミセスセレビシアエエキス、加水分解イネ葉エキス、加水分解コメエキス、加水分解コラーゲン、クインスシードエキス、ラフィノース、ダマスクバラ花油、ジグリセリン、ペンチレングリコール、ベタイン、エチルヘキシルグリセリン、カルボキシメチルデキストランNa、カルボマーK、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸Na、水酸化Na、香料、フェノキシエタノール

全成分から、下記のフリーがわかります。
  • パラベンフリー
  • 鉱物油フリー
  • シリコンフリー
少しとろみのあるテクスチャーですが、ベトベトなんかは一切しません。
しっかり潤っている感じがあります。
使用感は大変良いと思います。
 
ただ、DPGが多めに配合されてあり、その点がやや気になるところです。
DPGは、お肌の弱い方はなるべく避けた方が良い成分です。
グリセリンやBGに比べると、刺激のある多価アルコールなのです。
多価アルコールに関しては、こちら。

www.ahiru-nonnbiri-blog.work (塗ったからといって、ピリピリするなんてことはありません。あくまで、グリセリンやBGに比べてのお話です。活性剤に比べれば、取るに足らない刺激です。)

BGやプロパンジオールの方が、良かったかなーなんて思ってしまいます。
ドレスリフトシリーズが、敏感肌の方へ向けたシリーズではないので、その辺の配慮はしなかったのかもしれません。
エタノールも配合されていますからね。
 
使用感とは別にもう一つ、評価しておきたい点があります。
効能評価試験を行っている点です。
「乾燥による小ジワを目立たなくする」という文言を謳うのに、必須の試験です。
おそらく自社で試験をしたのだと思うのですが、わりと大変です。
小さい会社さんでは、自社では不可能。
外部に委託するしかなく、百万単位のお金が必要なのです。
その手間暇をかけてまで、「乾燥による小ジワを目立たなくする」ということを謳いたかった
この商品の良さを実感してほしかったという気持ちが読み取れます。
高品質でありながら、低価格を実現
本当にすごいことだと思います。
 
3)デイエマルジョン
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190628224714j:plain
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190628224722j:plain

デイエマルジョン

水、グリセリン、BG、ホホバ種子油、マカデミア種子油、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、ジメチコン、ペンチレングリコール、ブドウ芽エキス、サッカロミセスセレビシアエエキス、加水分解イネ葉エキス、加水分解コメエキス、クインスシードエキス、加水分解コラーゲン、グレープフルーツ果実エキス、サクシノイルアテロコラーゲン、ダマスクバラ花油、ローマカミツレ花油、スクワラン、パルミチン酸セチル、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、水添レシチン、トコフェロール、ベタイン、ラフィノース、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、シアノコバラミン、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、スクレロチウムガム、カルボマーK、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、アルカリゲネス産生多糖体、ポリソルベート60、イソステアリン酸ソルビタン、リン酸2Na、リン酸K、水酸化Na、香料、フェノキシエタノール

全成分からは、
  • パラベンフリー
  • 鉱物油フリー
  • アルコールフリー
このシリーズの中で、一番使用感が好みでした。
潤いつつも、サラサラした感じで、とても良かったです。
日中用ですので、ベタつかないよう工夫されているのだと思います。
全成分を見ても、変な成分は全くなし。
無くなったら、購入しようかと思っています。
 
4)ナイトクリーム
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190628224951j:plain
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190628225000j:plain
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190628225006j:plain
ナイトクリーム

水、水添ポリデセン、BG、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、ジメチコン、ステアリン酸グリセリル(SE)、ポリソルベート60、ペンチレングリコール、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、ブドウ芽エキス、サッカロミセスセレビシアエエキス、加水分解イネ葉エキス、加水分解コメエキス、クインスシードエキス、加水分解コラーゲン、クレアチン、ダマスクバラ花油、オレンジ果皮油、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トコフェロール、パーム油、セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド、グリセリルグルコシド、シアノコバラミン、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、カルボマーK、キサンタンガム、イソステアリン酸ソルビタン、水酸化Na、香料、フェノキシエタノール

全成分から、
  • パラベンフリー
  • アルコールフリー
がわかります。
乳液をもう少しこってりしたような使用感です。
ナイトクリームですので、寝ている間もクリームで蓋をし、潤いを保つような感じで作られた製品なのだと思います。
水の次に表記されてある、水添ポリデセンが、重たい油分です。
ペッタリとした使用感が特徴ですので、それの影響が大きいと思います。
 
全てに共通して、
匂いが賦香されており、ローズ系の香りでリラックス効果が得られます。
ローズ系の匂いは、基本的にハズレがなく、多くの人に好まれる香りです。
私もよく使用します(単価は高いんですけどね・・・)。
 
独自原料「サーチュライザーS6」を配合
サーチュライザーS6は、成分名で言うと、ブドウ芽エキスのこと。
実際には、ブドウ芽エキスに、サーチュライザーS6が含まれているという解釈で良いと思います。
この成分、長寿遺伝子の生産量に関係しており、この成分が存在することで、正常な細胞の生まれ変わりに影響を与えるんだとか。
細胞は、ある一定の期間で生まれ変わります。
それは、加齢とともに遅くなることが知られています。
この「サーチュライザーS6」は、それを正常なものに戻してくれる成分です。
エイジングケアを謳っているドレスリフトにピッタリな成分です。
 
 
 

どんな人にオススメなのか?

  • お肌のシワやたるみが気になり始めた方
  • 早くから、エイジングケアに力を入れたい方
  • さらっとしつつ、しっかりと潤いを保ちたい方(乳液は絶品です)
 
 
 

最後に

いかがでしょうか。
ドレスリフトのメインターゲットは、40代とされていますが、若いうちから使用するのも全く問題なく、むしろ、早めからエイジングケアに目を向けるのは良いことです。
早め早めの対応が、今後のお肌に影響するのは、間違いありません。
皆さんの化粧品選びの一助になれば、幸いです。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
スポンサーリンク
 
 
 
ホームへ戻る