あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【オーガニックヘアケア】ザ パブリック オーガニック「スーパーリフレッシュ」

スポンサーリンク

 
どうも、あひるです。
この間、VoCEを読んでいたら、
ザ パブリック オーガニックのシャンプー&トリートメントの特集記事がありました。
さらに、1回分のサンプルも付いてたので、使用してみました。
その成分分析と評価をしてみたいと思います。
 
 
 
 
 

ザ パブリック オーガニック

名前に「オーガニック」なんて付いてますから、オーガニックにこだわりのある商品をいくつか展開しています。
 
その中でも今回、取り上げさせてもらうのは、
シャンプー&トリートメント
種類は3種類ずつありますが、今回はサンプルで付いてた、
「スーパーリフレッシュ」
になります。
 
ベストコスメに選ばれてるの、「スーパーポジティブ」なのに、なんでサンプルは、「スーパーリフレッシュ」なんだろう・・・
と疑問に思うあひる(^_^;)
 
また機会があれば、「スーパーポジティブ」を使用し、評価をブログに載せたいと思います。
「スーパーポジティブ」、購入&分析を行いました。
シャントリには、こだわりがあり、
  • 100%精油で匂いを賦香
  • 独自のオーガニック処方
となっています。
 
独自のオーガニック処方とは、下記のことです。
公式HPに載っていました。
  1. 最終製品の95%以上は自然由来原料(水を含む)であること
  2. 最終製品の10%以上はオーガニック原料であること
  3. 製品の香りづけは100%精油であること
  4. 各製品においてオーガニック原料を具体的に開示すること
  5. 洗浄成分の中でも、ラウレス硫酸Na、パレス硫酸Naは使用しないこと
  6. 石油由来成分の中でも、鉱物油、タルク、フェノール、パラフィン、カルボマー、PEG、PG、は使用しないこと
  7. シリコンは使用しないこと
  8. 合成着色料は使用しないこと
  9. 微生物由来原料及び、ハチミツ、ミツロウを除く、動物原料を使用しないこと
  10. ナノ粒子原料は使用しないこと
  11. 可能な限り防腐効果のある植物由来原料を使用し、石油由来の防腐剤は最低限の配合に留めること
  12. 原材料はできるだけ、自然に還る生分解性のあるものを選ぶこと
  13. 容器や間接包材はリサイクル可能なものを使用すること
  14. 動物実験を実施しないこと
  15. 全ての製品で第三者機関によるパッチテストを実施すること
  16. 原料から製造過程に至るまで、厳格な品質検査、管理をすること
まぁ、オーガニック系の基準では、当たり前のことばかりですね。
普通の基準でしょうか。
これはすごい!!
なんて基準はありません。
と言うより、これ以上厳しくできないのが現状です。
これ以上厳しくすると、中身を作れない状況にまでなってしまいます。
厳しくできて、オーガニック成分の配合量を上げるくらいかなと思います。
 
では、中身、使用感を見ていきましょう。
 
 
1)シャンプー
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190702214813j:plain
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190702214746j:plain
ごく僅かに黄色味がかった液体で、シャンプーにしては、シャバシャバでした。
オーガニック系処方なので、シャバシャバなのは、致し方ないのかもしれません。
シャバい欠点としては、髪につける前に、流れていってしまうことでしょうか。
泡立ちは良好、洗い上がりの泡切れも良く、特に問題となる点はないように思います。
キシキシすることもありませんでした。
 
全成分をも見てみましょう。
水、アロエベラ液汁※、コカミドプロピルベタイン、ココイルグルタミン酸2Na、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、塩化Na、オレンジ油、ユーカリ油、ラバンデュラハイブリダ油、アトラスシーダー樹皮油、ティーツリー油、レモン果皮油、スペアミント油、ニオイテンジクアオイ油、ココイルグルタミン酸Na、オリーブ果実油※、ポリクオタニウム-10、ホホバ種子油※、ポリクオタニウム-7アルガニアスピノサ核油※、エチドロン酸4Na、シア脂※、クエン酸、ヨモギ葉エキス、プロパンジオール、ドクダミエキス、デヒドロ酢酸Na、ウンシュウミカン果皮エキス、ベンジルアルコール、ユズ果実エキス、エタノール、ラベンダー水※、ヒポファエラムノイデス果実油※
※オーガニック成分

 

水の次にアロエベラ液汁がきており、おそらくこれが10%程度配合されているのでしょう。
これで、オーガニック成分10%配合クリアです。
 
ベタイン系活性剤
(コカミドプロピルベタイン、ラウラミドプロピルベタイン)
アミノ酸系活性剤
(ココイルグルタミン酸2Na)
この3成分が主な活性剤です。
ベタイン系、アミノ酸系は、洗浄力がマイルドで、泡立ちもそこそこ良好。
最近よく見られる処方パターンです。
洗浄力が強すぎず、地肌に優しい洗浄剤です。
 
シリコーンを配合していませんが、ギシギシすることはありません。
ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7の影響です。
これらはカチオン性ポリマーで、プラス電荷を持っています。
 
洗浄系活性剤は、マイナス電荷を持っており、これにより、髪がマイナスに帯電し、ギシギシ、ゴワゴワしてしまうのです。
そのマイナス電荷を中和するのが、カチオン性ポリマーの役割です。
 
その他、変な成分はなく、良いシャンプーと言えるでしょう。
 
 
2)トリートメント
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190702214818j:plain
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190702214803j:plain
淡い茶色のトリートメント。
少しねっとりとした使用感で、髪にきちんとまとわりつく感じです。
洗い流すのは容易で、簡単に流れ落ちます。
いつまでも髪に残る感じはありません。
洗い流しても、ギシギシなんてもちろんしなかったです。
乾燥後は、サラサラ。
自分が思っている以上に、良かったです!
 
水、アロエベラ液汁※、べヘニルアルコール、べヘニルPGとリモニウムクロリド、オレンジ油、ユーカリ油、ラバンデュラハイブリダ油、ティーツリー油、アトラスシーダー樹皮油、レモン果皮油、スペアミント油、ニオイテンジクアオイ油、グリセリル、ホホバ種子油※、プロパンジオール、シア脂※、イソステアリン酸化添ヒマシ油、オリーブ果実油※、ヒドロキシエチルセルロース、カカオ脂※、ステアリン酸グリセリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アルガニアスピノサ核油※、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、ポリクオタニウム-10、プルーン種子油※、水酸化K、ポリクオタニウム-7、コメヌカエキス、ラウリン酸メチルヘプチル、ラベンダー水※、ベンジルアルコール、デヒドロ酢酸Na、キュウリ果実エキス、エタノール、ヒポファエラムノイデス果実油※
※オーガニック原料

 

シャンプー同様、アロエベラ液汁が水の次にきています。
 
べヘニルアルコールは、高級アルコールといい、トリートメントの粘度を出すのに、よく使用される成分です。
高級アルコールについては、こちら。
べヘニルPGトリモニウムクロリドは、第4級カチオン活性剤。
コンディショニング成分です。
ここまでが1%以上です。
界面活性剤については、こちら。
その他、特に取り上げるような成分はありません。
 
 
 

どんな人にオススメ?

  • 香料が苦手な方
  • 刺激の強い活性剤が苦手な方
  • 髪をサラサラにしたい方
 
香料は一切不使用。精油のみで賦香しているので、香料が苦手な人にはオススメです。
また、刺激の強い洗浄剤を使用していない点もオススメですね。
 
髪がサラサラになりますので(あくまで私の意見です)、それを求める方にも良いでしょう。
 
ただし、毛髪補修成分はほぼありませんので、本当に髪が傷んでいて、補修、リペアしたい方は、あまり向いている商品ではないかもしれません。
 
 
 

最後に

美容業界の評価も高い、「ザ パブリック オーガニック」を分析してみました。
評判通り、良い商品だと思います。
 
ドラッグストア、バラエティショップにも売られていますので、気軽に試してみても良いかもしれません。
 
最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
 
 
 
ホームへ戻る