あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【デュアルフェイス】2way リムーバル ウォッシングジェル 使用感と成分分析

スポンサーリンク

 
 
どうも、あひるです。
今回もクレンジングについて、成分分析を行いましたので、お話させてもらいます。
 

 

 

 

デュアルフェイスとは?

知っている方は、あまりいないかもですね。
私も知らないです(笑)知らなかったです。
仕事の関係で、W洗顔系のものを探していて見つけた商品です。
ドラッグストアで販売されています。
その点は、素直にすごいですね。
ドラッグストアに商品を置いてもらうのも、一苦労ですから(^_^;)
 
二面性をコンセプトに、仕事とプライベートのオンオフ、2つの顔を使い分けながら頑張る20代後半〜30代前半をメインターゲットにしています。
 
 
 

デュアルフェイス 2way リムーバル ウォッシングジェル 使用感と成分分析

2way リムーバルウォッシングジェル

 

デュアルフェイス 2way リムーバルウォッシングジェルの使用感
かなり目立つ容器でしょうか。赤色ですからね。ドラッグストアでも、他商品より目立っていました。だから、手に取ったのかもしれません。
泡立ちとかは、悪くないです。しっかり泡立ちますので、さっぱり洗える感じでしょうか。
クレンジングはどうでしょうか?
実験してみましょう!
手の甲に、マッキーで●を書き、この●が、クレンジングによって、どの程度落ちるかを見る実験です。
結果は、下記のとおり。
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190716203756j:plain
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190716203804j:plain
マッキーは、少し残ってしいました。
そんな気はしていました。
このクレンジングは、水系のクレンジングです。
メイクは基本的に、オイル系ですので、馴染みがそこまでよくはありません。
水系でもメイクを落とせるのは、界面活性剤のおかげです。
これにより、水系でも、メイクを落とせるようになるのです。
しかしながら、限界はあります。
メイク落ちの強さは、
オイル系>>水系
なのです。
水系では、ウォータープルーフ系メイクは、落ちにくいのが現状です。
クレンジングの特徴、特性や選び方については、「【クレンジングの選び方】肌を優しく洗い上げるには?〜クレンジングの種類と特徴〜」という記事で書いています。
 
デュアルフェイス 2wayリムーバルウォッシングジェルの全成分
2way リムーバルウォッシングジェルの全成分

水、グリセリン、ソルビトール、コカミドメチルMEA、ココイルアラニンTEA、ココイルグリシンK、コカミドプロピルベタイン、ヤシ脂肪酸K、プロパンジオール、ラウラミドプロピルアミンオキシド、加水分解マンゴー液汁エキス、オリーブ葉エキス、カミツレ花エキス、ブドウ種子エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、ローズマリー葉エキス、加水分解チェリモヤ果実エキス、加水分解マンゴスチン果実エキス、アーチチョーク葉エキス、キハダ樹皮エキス、ベルガモット果実油、ユーカリ葉油、ハイブリッドサフラワー油、アルガニアスピノサ核油、オリーブ果実油、ホホバ種子油、パパイン、コカミドDEA、塩化Na、テトラステアリン酸PEG-150ペンタエリスリチル、トリイソステアリン酸PEG-120メチルグルコース、安息香酸Na、BG、EDTA-2Na、カラメル、トコフェロール、マロン酸ビスエチルヘキシルヒドロキシジメトキシベンジル、ホウケイ酸(Ca/Na)、フェノキシエタノール、酸化銀

グリセリンは、多価アルコールの保湿成分。多価アルコールについては、「【化粧品の基礎知識】多価アルコールの特徴と役割」という記事で書いています。
ソルビトールは、糖類の保湿剤です。
 
コカミドメチルMEA、ココイルアラニンTEA、ココイルグリシンK、コカミドプロピルベタイン、ヤシ脂肪酸Kは、界面活性剤です。この商品の洗浄成分ですね。界面活性剤については、「【化粧品の基礎知識】界面活性剤の種類、特徴と役割」という記事で書いています。
 
プロパンジオールは、多価アルコールで保湿剤。
ラウラミドプロピルアミンオキシドは、界面活性剤。
ここまでが、1%を超える成分かと思います。
アミノ酸系活性剤、ベタイン系活性剤、低刺激成分の組み合わせです。
お肌に優しく、低刺激、泡立ちも良く、洗顔としては、問題はないかと思います。
その他は、精油やエキス類。精油に関しては、「【化粧品の基礎知識】精油と香料の違い」という記事で書いています。
特に取り上げるような成分はありません。
洗顔に関しては、良いと思いますが、クレンジング力は、実験の通り、そこまでの落ちではありません。
 
デュアルフェイス 2wayリムーバルウォッシングジェルのフリー項目
  • エタノール
  • シリコーン
  • 鉱物油
  • パラベン
  • 着色
 
 
 

どんな人にオススメ?

  • ナチュラルメイクの方(ウォータープルーフや、がっつりメイクの方には、少し厳しいかも)
  • 時短コスメをお探しの方
メイク落ちは、すごく良いわけではありません。ですが、ナチュラルメイクは十分に落とせるでしょう。
洗顔とクレンジングが一緒になった商品です。
時間のあまりない方には、1工程省けますから、ありがたいですね。
 
 
 

最後に

クレンジングと洗顔が一つとなった、2way リムーバル ウォッシングジェルについて、解説してみました。
2wayタイプは、存在自体が珍しいので、試してみるのも良いかもしれません。
 
クレンジングや洗顔については、他にも記事を書いています。化粧品選びの参考になれば、幸いです。

【ファンケル】マイルドクレンジングオイル 使用感と成分分析

【意味あるの?】ホットクレンジングジェル(マナラ)

【スキンビル】ホットクレンジングジェル、ホットクレンジングオイル 成分分析

【THREE】バランシング クレンジングオイルR 使用感と成分分析

【Arouge(アルージェ)】モイスチャークリアソープ 使用感と成分分析

【Arouge(アルージェ)】モイスト クレンジングミルクジェル 使用感と成分分析

【DUO】ザ クレンジングバーム 使用感と成分分析

【米肌】肌潤石鹸 使用感と成分分析

【HANAオーガニック】ピュアリクレイ 使用感と成分分析

【ETVOS】クリアソープバー 使用感と成分分析

【ヒフミド】ソープ<洗顔石けん> 使用感と成分分析

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
 
 
 
ホームへ戻る