あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【知って損なし!】石鹸の特徴と種類

スポンサーリンク

宜しければ、読者登録、お願いしますm(_ _)m
 
どうも、あひるです。
 
前回の脂肪酸塩に関連して、「【化粧品の基礎知識】脂肪酸塩の特徴と役割」という記事を書きました。
今回は、石鹸についてお話しようと思います。
 
石鹸のポイント!
  • 石鹸は肌にも、環境にも優しい(選択洗浄性と生分解性)
  • 製造方法によって、石鹸の性質が異なる
  • 枠練り石鹸の方が、お肌に優しい場合が多い
  • 石ケン素地=石鹸だが、脂肪酸組成はわからない
  • 石鹸にエタノールが多く配合されていても、大して気にしなくてOK
 
 
 

石鹸とは?

脂肪酸ナトリウム塩、脂肪酸カリウム塩の総称のことです。
今となっては、石鹸=洗剤
そんな感じでしょうか。
界面活性剤の分類で言うと、アニオン性界面活性剤になります。
界面活性剤については、「【化粧品の基礎知識】界面活性剤の種類、特徴と役割」という記事で書いています。
一度読んでもらえると、活性剤について理解が深まるかと思います。

 

さらに、その特徴としては、
  • 酸に弱い
石鹸はアルカリ性。
酸(酸性)の成分と出会うと中和され、途端に洗浄力がなくなります。
  • ミネラルに弱い
よく石鹸カスが・・・なんて言葉聞いたことありませんか?
石鹸はミネラル類と反応して、金属石鹸になってしまします。
金属石鹸は全く泡立ちません。
ミネラルは汗などにも含まれており、風呂場で石鹸を使用すると、微量ではありますが、金属石鹸(石鹸カス)が発生します。
また、ミネラルを多く含む水の場合、石鹸は無力です。
日本は軟水なので、問題ありませんが、世界で硬水が出てくるような国では、石鹸を使用しても泡立ちはすごく悪くなります。
  • 温水が最適
石鹸の主成分である脂肪酸塩。
これらは、20℃以下などの冷たい水では溶けません。
溶けないと、当然洗浄力も発揮できません。
 
 
 

脂肪酸から石鹸を作る?植物油脂から石鹸を作る?

石鹸の作り方

石鹸と言っても、作り方によって、2種類の石鹸があります。
中和法石鹸と鹸化石鹸です。
 
中和法石鹸
脂肪酸をそのまま使用して、アルカリ(NaOH)と反応させます。
この手法を、「中和法」と呼びます。
中和法で作られてた石鹸には、グリセリンは配合されていません。
※後で意図的に配合されば、話は別です。
中和法では、機械練りという製造方法がよく使われます。
大手メーカーでよく作られる石鹸で、大量生産ができ、商品コストもお安くなります。
 
鹸化法石鹸
植物油脂を使用して、アルカリ(NaOH)と反応させて作る石鹸です。
この手法を「鹸化法」と呼びます。
鹸化法で作られた石鹸には、グリセリンが含まれています。
保湿成分で多価アルコールのグリセリンです。
グリセリンについては、「【化粧品の基礎知識】多価アルコールの特徴と役割」という記事で書いています。

 

保湿成分ではありますが、水分と仲良しなので、風呂場などに置いておくと、溶けるのが早かったりします。

無添加石鹸や手作り石鹸などが溶けやすいと言われるのは、このためです。
鹸化法では、枠練りという製造方法が使われます。
 
 
 

製造方法の違い

石鹸の製造方法

固形石鹸を製造する場合、2種類の方法があります。
枠練り法と、機械練り法です。
 
枠練り法
溶かした石鹸原料を大きな枠に流し込み、長時間かけて冷却し、固める。
十二分に冷えて固まったら、適度な大きさ(この場合、製品の大きさ)に切断して、さらに自然乾燥させる。
型打ち(型に入れ、圧力をかけ、見た目を整える工程)をして、製品となる。
型打ちしない場合もある。
枠練り法では、保湿成分や美容成分を多く配合することが可能です。
また、枠練りには、
  • コールドプロセス法(無乾燥法)
  • ホットプロセス法(乾燥法)(釜炊き法)
の2種類があり、コールドプロセス法の方が、余計に手間暇かかります。
しかし、余分な熱を加えないため、石鹸中の天然成分が不必要に壊れないというメリットがあります。
 
枠練り石鹸

メリット

  • 長時間の冷却工程により、石鹸の分子が大きな結晶構造を生成。
  • そのため、溶けにくく(ふやけにくく)、崩れにくい石鹸となる(コールドプロセス)。
  • 保湿、美容成分を配合しやすい。

デメリット

  • 製造時間がかかる(大量生産不向き)。
  • 価格が高くなる傾向。
 
機械練り法
機械で石鹸原料を練り、大量生産を可能にした方法。
製造コストも抑えられる。
ただし、保湿成分や美容成分を配合しにくく、個性の出しにくい石鹸となります。
 
機械練り石鹸

メリット

  • 大量生産が可能
  • 価格が安価

デメリット

  • 石鹸が溶けやすい
  • 保湿、美容成分を配合しにくい
  
上記のことは、下記の表にまとめています。
製造方法 素材 メリット デメリット コスト
枠練り(コールドプロセス) 素地量60〜70% 保湿、美容成分を多く含有可能 製品化までの時間が長い、溶けやすく泡立ちにくい 高くなる傾向
枠練り(乾燥法) 素地量60〜70% 保湿、美容成分を多く含有、溶けにくく、泡立ちが良い 製品化までの時間が長い 高くなる傾向
機械練り 素地量98% 大量生産可能 保湿成分を配合しにくい 比較的安い
 
 
 

石鹸の表示名称

石鹸の全成分表示、見たことはありますでしょうか?
作り方や使用した原料によって、記載方法が異なるのです。
 
脂肪酸とアルカリから製造
例えば、使用した脂肪酸を、ミリスチン酸、ステアリン酸とした場合、
  1. ミリスチン酸、ステアリン酸、水酸化Na
  2. ミリスチン酸Na、ステアリン酸Na
  3. 石ケン素地
の3パターンの表示方法があります。
 
油脂とアルカリから製造
例えば、使用した油脂を、オリーブ果実油、ヤシ油とした場合、
  1. オリーブ果実油、ヤシ油、水酸化Na
  2. オリーブ脂肪酸Na、ヤシ脂肪酸Na
  3. 石ケン素地、グリセリン
の3パターンの表示方法があります。
 
どの記載パターンでもOKです。
メーカーの自由なのです。
ややこしいですが、ここがわかれば、石鹸選びも楽しくなります。
石ケン素地と記載されていた場合、石鹸中にどの脂肪酸が配合されているかは、一切不明です。
メーカーに問い合わせする他、知る術はありません。
 
 
また、全成分中上位にエタノールが含まれている石鹸があります。
それは、透明石鹸を作る際に必要な成分です。
石鹸の乾燥工程で、エタノールは大概なくなる(揮発する、蒸発する)ので、そこまで過敏に反応する必要はありません。
石鹸に限って言えば、エタノールが含まれているからと言って、肌に悪いかも?みたいなことは、気にしなくて大丈夫です。

ツイッターでも書きましたが、意外と知られていない事実なんですよね。 
 
 
 

石鹸はお肌に優しいのか?

石鹸=お肌に優しい
これは、間違いではありません。
しかし、正解でもありません。
なぜなら、石鹸によって、配合されている成分が異なるからです。
石鹸でも、石鹸成分100%のものもあれば、石鹸成分が配合されているだけの中途半端なものまであります。
例えば、石鹸成分+合成界面活性剤の石鹸なんかも存在します。
きちんと表記を確認し、良い石鹸を選んでください。
 
洗浄成分が石鹸成分100%に近いものは、お肌に優しいです。
但し、ラウリン酸には注意!
 
石鹸とは?

メリット

  • お肌に優しい
  • コスパが良い
  • 環境に優しい(生分解性に優れる)

デメリット

  • 泡立てが面倒
  • 石鹸カスが気になる
  • 持ち運びに不便
 
 
 

あひるが勧める石鹸

いくつか石鹸に関する記事を書いています。
どの製品もよく、甲乙つけがたいです(笑)

【Arouge(アルージェ)】モイスチャークリアソープバー 使用感と成分分析

【ETVOS】クリアソープバー 使用感と成分分析

 

ラウリン酸含んでたけど、「【化粧品の成分分析】肌潤石鹸(米肌)」も意外と良かったです。
 
 
 

最後に

石鹸に関してお話しました。
ここ最近の記事は、石鹸に関連した記事ばかりだったかと思います。
もちろん理由があります。
仕事で石鹸を検討することが多々ありまして・・・。
元々私は、石鹸にあまり良いイメージはもっていませんでした。
だって、使い勝手が悪いので・・・。
それゆえ、今ではあまり使用される頻度も少なくなりました。
ただ、石鹸を検討するうちに、使い勝手の悪さはあるものの、人によっては良い洗浄剤であることに間違いありません。
 
当ブログで取り上げることで、少しでも石鹸に関するイメージなどが変わってもらえればと思った次第です。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
 
 
ホームへ戻る