あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【化粧品の基礎知識】シリコーンの特徴と役割

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
 
どうも、あひるです。
 
だいぶ増えてきました、化粧品の基礎知識シリーズ。
これを読んでもらえれば、成分のことに詳しくなれると思うので、興味ある方は是非、読んでいってください。
 
 

シリコーンとは?

シリコーンとは

シリコーンって何でしょうか?
おそらく、なんですか?って聞いても、きちんと答えられる人は多くないでしょう。
正しくは、「シリコーン」です。
一般的に「シリコン」が浸透していますが、それは間違いです。
シリコンは、ケイ素だけの金属のこと指します。
言いやすい言葉が浸透するから、そうなったのでしょうか?
お間違いなきよう、お願いします。
 
シリコーンとは、ケイ素と酸素が交互に結びついた骨格を有する化合物の総称です。
基礎知識と言いながら、難しい言葉が出ます。ごめんなさい。
ケイ素って覚えていますか?
中学とかで習ったと思います。
元素記号は、「 Si 」
ガラスにも含まれている元素です。
酸素はわかりますよね?
元素記号は、「 O 」
人が呼吸するのに、必要なのが、酸素ですよね?
シリコーンとは、ケイ素と酸素(-Si-O-Si-)が交互に結びついた骨格を持っている成分のことです。
(-Si-O-Si-)のことをシロキサン結合と呼びます。
覚えなくて大丈夫です。
 
シリコーンは、熱や光にとても強く、非常に安定した成分です。
シリコーンの持つ特徴は、多岐に渡り、構造が少し違うだけで、様々な性能を表します。
その様々な性質があるがゆえに、シリコーンは、電化製品などの半導体や医薬品、コンタクトレンズにまで使用されている、人の生活になくてはならない成分です。
シリコーンなしでは、到底、今の生活水準を維持できません。
界面活性剤と似ていますね。
界面活性剤も、なくなると大変ですからね。
 
 

なぜ、シリコーンは安定なのか?

完全に化学の分野になります。
シリコーンは先程も言いましたが、シロキサン結合によって形作られます。
このシロキサン結合が、非常に安定なのです。
これにより、
  • 耐熱性
  • 耐候性
  • 化学的安定性
などの特徴が見られます。
これだけ安定性が保証されているからこそ、色々なところで使用されているのです。
安定性が高いのは、わかったけれども、それが化粧品とどう関係があるのでしょうか?
 
 
 

シリコーンの配合目的

シリコーンの配合目的

化粧品でシリコーンを配合する意味、目的ってなんでしょうか?
安定性が高いから配合しているわけではありません。
安定性よりは、その特異な性質が、配合する目的です。
シリコーンの特異な性質は、
  • つや感の演出
  • 摩擦軽減
  • 指通り向上
などが挙げられます。
 
シャンプー&トリートメントの後の艶感は、シリコーンによって演出されています。
また、髪を洗っている最中、髪の毛同士が摩擦で傷まないようにしてくれるのは、他でもないシリコーンです。
また、メイク品にもよく使用されます。
化粧下地、BBクリームやCCクリーム、マスカラにも配合されています。
おそらく、シリコーンが配合されていない、メイク関連商品はそう多くはないでしょう。
スキンケアにも配合されています。
使用感の向上が主目的です。
シリコーンが入っていると、使用感が良くなったりします。
全部ではないですけどね。
 
 
 

シリコーンは4つに分類できる

シリコーンと言っても、その構造によって、役割や特性が微妙に異なります。
ノーマルなシリコーン
ジメチコンがその代表で、最もよく使用されるタイプです。
使用感向上が主目的です。
ジメチコンについては、後述します。
 
揮発性シリコーン
揮発するシリコーンです。
揮発とは、蒸発するってことです。
揮発することで、ベタつき軽減などの感触改良に使用されます。
シクロメチコンやシクロペンタシロキサンなどが揮発性です。
よく、化粧下地に配合されます。
 
アミノ変性シリコーン
毛髪に吸着し、サラサラ感を得るためのシリコーンです。
カチオン化されています。
シャンプー&トリートメントによく使用されます。
アモジメチコンがこれに該当します。
 
ポリエーテル変性シリコーン
ジメチコンと界面活性剤を合成させた種類になります。
界面活性剤は、水にも、油にも馴染む、仲良くなる性質がありますよね?
それをシリコーンに取り入れたかたちになります。
つまり、水と仲良くなれるシリコーン、油と仲良くなれるシリコーン。
元々、シリコーンは油と仲が良いので、基本的には、水と仲良くなるための合成です。
シリコーン活性剤ということです。
シリコーン活性剤を用いれば、シリコーンと水だけのクリームが出来上がります。
ゲランで売られているクリームの一つがそうですよね。
あのクリームの独特な使用感はシリコーンで演出されています。
 
 
 

よく使用されるシリコーン

化粧品でよく使用されるシリコーンをご紹介します。
当然ですが、化粧品に配合されてある場合、シリコーンと記載はされません。
表示名称で、きさいされます。
その名称も、似たような傾向がありますので、是非覚えてみてください。
化粧品の基礎知識シリーズでは、構造を書いています。
ですが、構造を覚える必要は全くありません。
覚えてもらっても構いませんが、当ブログを見てもらえれば、簡単にわかりますからね。
 
ジメチコン

ジメチコンの構造

最もよく使用されるシリコーンです。
構造はシンプルですが、大括弧[]でくくられた部分は、X個つながったかたちになります。
何個つながっても、ジメチコンです。
繋がった数が少なければ、使用感の軽いジメチコンに。
繋がった数が多ければ、使用感の重いぺったりしたジメチコンになります。
残念ながら、表示名称からだけでは、どのジメチコンを使用したのかは判断できません。
 
シクロペンタシロキサン

シクロペンタシロキサンの構造

環状シリコーンです。
シロキサン結合で輪っかを作っています。
揮発(蒸発する性質)を有し、生分解性も持っています。
スキンケアよりも、メイク製品に多く配合されている成分です。
感触改良のために、配合されます。
 
シクロメチコン
シクロメチコンは、環状シリコーンの混合原料です。
混合されているのは、
  • シクロテトラシロキサン
  • シクロペンタシロキサン
  • シクロヘキサシロキサン
の3成分。
テトラは4、ペンタは5、ヘキサは6を意味します。
つまり、シロキサン結合(Si-O-)の結合が4〜6繋がって、環状(輪っか)になった成分ということです。
3成分とも、揮発性があり、メイク製品によく使用される成分です。
 
アモジメチコン

アモジメチコンの構造

アモジメチコンは、ジメチコンの末端にアミノ基(-NH2)が結合した成分です。
アミノ基は、カチオン基です。
つまり、プラスに帯電する性質を持っています。
カチオン界面活性剤と同じ性質ですね。
主に、ヘアコンディショニング、帯電防止として、ヘアケアに配合されることが多いです。
ダメージを受けた毛髪表面に吸着する作用があり、ダメージ毛をしっとりなめらかな毛髪へと仕上げることが可能です。
 
 
 

最後に

いかがでしょうか。
普段色々なところで使用されているシリコーン、特に化粧品で用いられている成分について、お話しました。
シリコーンの性質、特徴をきちんと理解して、化粧品選びに活かしてもら得れば幸いです。
もう少し掘り下げた、シリコーンのお話は、別記事で書きます。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
その他の化粧品の基礎知識シリーズはこちら。 
スポンサーリンク
 
 
 
ホームへ戻る