あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【メンズコスメとは?】男性はメンズコスメしか使っちゃダメ?

スポンサーリンク

宜しければ、読者登録、お願いしますm(_ _)m

 

 

どうも、あひるです。

男性用化粧品ってよく聞きますよね?

男性は、一般的な化粧品、女性をメインターゲットにした化粧品を使っちゃダメなんでしょうか?

今回は、その辺をお話しようと思います。

 

 

 

 

今回のポイント!
  • 男性と女性で、肌の厚さや水分量、皮脂量は異なる
  • 男性、女性関係なく、どんな化粧品を使ってもOK
  • 男性用化粧品は、刺激になる成分が入っている商材が多いので、敏感肌の人には不向き

 

 

男性と女性、肌の違いは?

男性と女性、肌の違いは?

同じ人間ですが、男性と女性で、肌質は異なります。

男性は、女性に比べ、

  • 皮脂量が多い(肌がオイリー)
  • 皮膚が厚い
  • 肌の水分量が少ない

この3点が主に異なる部分です。

皮脂量の違いは、ホルモンバランスに起因するものですね。

 

 

 

男性は男性用化粧品しか使わない方が良い?

これは完全な間違いです。

何を使っても問題ありません。

結局の所、同じカテゴリーの化粧品に過ぎないんです。

 

 

 

男性用化粧品の主な特徴

男性用化粧品の主な特徴

何を持って、男性用、メンズ用、などと言われているのでしょうか?

はっきり言います。

特別な定義は一切ありません。

男性用化粧品とメーカーが言えば、それは男性用化粧品なのです。

本当に不思議な業界です(笑)

ですが、一応、メンズに向けた処方、中身になっている部分はあります。

剤形別に見てみましょう。

洗顔

男性は皮脂量が多いことから、洗浄力が強めのものが多い印象です。洗浄力の強い成分、洗浄作用を持つ成分を多く配合、さっぱりと洗い上げるよう、工夫されています。

あと、皮脂量の関係から、ニキビもよくできますね。ニキビを抑制する目的で、殺菌成分もよく配合されています。洗顔後の爽快感を得るために、メントールなどもよく配合されていますね。

肌が弱い方には、合っていない成分です。

肌が弱いメンズが、メンズコスメを使用して肌荒れを起こす原因は、こういったとことに起因します。

 

化粧水、乳液、クリーム

あまり、クリームタイプは見られないですね。ジェルっぽいのが多いです。

男性は、皮脂量が多いですから、基本的にさっぱりタイプが多め。

さっぱりさせるのに、エタノールを配合している商品が散見されます。エタノールも、配合量が増えれば、肌荒れの原因になりますので、少し注意が必要ですね。

 

シャントリ(シャンプー&トリートメント)

こちらも洗顔同様、洗浄力が強めが多いです。

ちなみに、スカルプシャンプーとか、よくあると思いますが、あれで髪が生えることはありませんので、注意してくださいね。

グリチルリチン酸ジカリウムや、殺菌成分などを有効成分として配合され、フケ、かゆみを予防する程度しか効果はありません。

髪が生えてくるような有効成分は配合されていないんです。

髪を増やしたい方で、スカルプシャンプーを使用している方には、残念なお話かもしれませんね。

 

 

 

男性は何を使えば?

男性に限らず、女性ですが、自分が気に入っている、お肌に合っているものを使ってください。それを探すのは、なかなかに難しいですね。

化粧品、特にスキンケア難民という方は、下記の化粧品なんかどうでしょうか?

オススメです。

 

 

 

最後に

メンズコスメについて、書いてみました。何度も言いますが、男性だろうと、一般的なコスメを使用しても何ら問題はありません。

今の世の中、ジェンダーフリーです。男だの女だのは、古い考えかと思います。つまり、SDGsですよね?

 合わせて読みたい

【環境問題】SDGsと化粧品業界

「肌が綺麗になりたい!」に、男も女も関係ないのです。

自分の肌にあった、好みの化粧品を心ゆくまで使用してください。

 

剤形別の個人的オススメランキングを作成しています。化粧品選びの一助になれば、幸いです。

剤形別ランキングページ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

ホームへ戻る