あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【ETVOS】モイスチャラジングセラム 使用感と成分分析

スポンサーリンク

 
どうも、あひるです。
引き続き、ETVOSについて、書いていきます。
しばらくは、ETVOSの商品について、ブログを書いていくことになるかと思います。
 
ETVOS モイスチャラジングセラムのポイント!
  • ヒト型セラミド配合コスメ
  • 保湿力に優れた使用感だが、ベタベタすることはない
  • お肌が弱い方には少し注意が必要か
 
 

ETVOSとは?

ETVOSについては、「【ETVOS】モイスチャライジングローション 使用感と成分分析」以前という記事で書いております。
まだ読まれていない方は、読んでもらえれば幸いです。
 
実は間違いがあったんですよね。
すでに若干修正させてもらっています。
ローションにヒト型セラミド配合されていないんですよ。
読んでくださった方、すみません。
 
 
 

ETVOS モイスチャラジングセラムの成分分析

ETVOSモイスチャラジングセラム

アットコスメ口コミランキング一位!
なんですよね。
普通にすごいことだと思います。
使用感や中身(成分)はどうなっているんでしょうか?
 
ETVOS モイスチャラジングセラムの使用感
白色の乳液であり、モイスチャラジングなんて名前だから、かなりこってり系かな?と思っていたのですが、全くそんなことはなく。
わりと粘度の低い乳液で、伸びも良い、ほのかにラベンダーの匂いが香ります。
ささっと伸ばして、保湿することができます。
化粧水に油分が追加され、エモリエント、保湿力がアップした感じでしょうか。
保湿力がありながら、使用後のベタツキ感はゼロ。
ベタつきが嫌いなあひるにとっては、かなり好みの使用感です。

ETVOSモイスチャラジングセラムの使用感

 
ETVOS モイスチャラジングセラムの全成分
モイスチャラジングセラムの全成分

水、グリセリン、ラベンダー花水、BG、1,2-ヘキサンジオール、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、コレステロール、フィトステロールズ、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、ロイシン、バリン、イソロイシン、チロシン、フェニルアラニン、アスパラギン酸Na、リシンHCl、ヒスチジンHCl、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、アラントイン、スクワラン、ホホバ種子油、メドウフォーム油、シア脂、アロエベラ葉エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、ベヘニルアルコール、水酸化K、キサンタンガム、カルボマー、水添レシチン、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNa、ラベンダー油、エチルヘキシルグリセリン、フェノキシエタノール

グリセリンは、保湿剤の多価アルコール。お肌にも存在する成分です。
ラベンダー花水は、ラベンダーのお花を水蒸気蒸留したお水のこと。ラベンダーの匂いがついたお水でもあり、この商品にラベンダーの香りがほのかにするのは、この成分によるものです。
BG、1,2−ヘキサンジオールは、多価アルコールです。以前にも説明しましたが、ヘキサンジオールは抗菌性の高い多価アルコールです。お肌が弱めの方は、少し気をつける方が良いですね。
ここまでが1%を超える成分です。
セラミド〇〇が1%を超えることはあり得ないです・・・。
すごく高価ですので、現実的に無理なんですよね。
ローションと異なり、こちらは、ヒト型セラミドオンリーですね。
ローションは、グルコシルセラミドでしたよね。
なぜ変えているのかは、ちょっと不明ですね。
敢えてなのか、そうしないといけなかったのか・・・。
まぁ、セラミドを化粧水に溶かし、安定に配合するには、かなりの技術が必要になります。正直難しいんですよ。その辺りが影響してるのかなと、勝手に推察しています。
モイスチャラジングセラムに配合されているセラミドは、一つ一つ配合したのではなく、プレミックス(混合)原料を使用して、配合しています。
一つずつ配合するの面倒ですし、予め混合されてある原料を配合する方が手っ取り早く、コストなんかも抑えられます。
秤量するのも、一回で済みますし(笑)
この手の原料は、結構売られてまして、一緒に水添レシチンや、コレステロール、フィトステロールズや、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ラウロイルラクチレートNa、ステアロイルラクチレートNaなんかも一緒に原料化されてるんですよね。
たくさんの種類が簡単に配合できますので、すごく有り難い原料です。
また、セラミド意外にも、天然保湿因子(NMF)である、アミノ酸も複数種配合(これも実はプレミックス原料)され、肌への栄養補給が可能になるかと思います。
 
 
 

セラミドのお話

セラミドを説明する際には、必ず登場している下記の表。
セラミドの分類 由来 価格 肌への親和性 ヒト型と比べて 名称の例 化粧品への配合量
ヒト型セラミド 酵母 高価 構造同じ セラミド-〇〇、〇〇には、数字か英字 微添
植物セラミド 大豆など 中価 類似構造 グルコシルセラミド など ヒト型よりは多く配合可能
動物セラミド 馬など 中価 類似構造 セレブロシド など ヒト型よりは多く配合可能
合成セラミド 合成 安価 類似構造 ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド ヒト型よりは多く配合可能
ヒト型セラミドは、セラミド〇〇なのですが、今では、ほとんど英字表記です。
ちょっと前まで、数字表記だったんですよ。
あまり知られていないかもですが、名称(成分名)って変更になったりするんですよね。
そうなると、どれがどれと一緒かわからないですよね?
興味ないかもですが、知ってて損ではないので、まとめました。
新名 セラミドEOP セラミドNG(NS) セラミドNP セラミドAG(AS) セラミドAP
旧名 セラミド1 セラミド2 セラミド3 セラミド5 セラミド6Ⅱ
作用 アトピー性皮膚に関連が示唆されている 最も多く含まれており、高い水分保持能がある 保湿やバリア機能回復効果に優れる 角質のバリア機能を高める作用がある ターンオーバー正常化作用
よく化粧品に配合されるのは、NG(2)、NS(3)、AP(6Ⅱ)ですね。
これらのセラミドをプレミックス(混合)した原料もたくさんあります。
 
 
 

どんな人にオススメ?

  • セラミドコスメをお探しの方
  • お肌の乾燥が気になられる方
ローションでも書きましたが、敏感肌の方は、一度トライアルを試された方が無難です。
1,2−ヘキサンジオールが少々気になりますので。
トライアルセットは、こちら。

ETVOSモイスチャラジング

  
 

最後に

ETVOSモイスチャラジングセラムについて書きました。
ローションと違い、こちらは、ヒト型セラミド複数種配合コスメです。
勘違いしないでほしいのですが、セラミドによって、この使用感が生み出されているわけではありません。
セラミドがあってもなくても、使用感は変わりません。
よく、セラミドがたくさん(複数)配合されているから、しっとりした使用感だよ!
みたいな方がいますが、違います。
使用感を決めているのは、セラミド以外のベース成分、主に1%を超える部分や増粘剤などです。
セラミドによって、使用感に変化はないです。
ただし、セラミドを使用し続けることで、お肌のしっとり具合などは変わってくることもあるでしょう。
個人差はありますが、セラミドを塗ることで、セラミドは補給されますし、セラミド産生量が上がることもあります。
乾燥が気になり始めた方などは、セラミドコスメを試したほうが、今後のお肌に差をつけることができるかもしれませんね。
 
ETVOSトライアルセットはこちら。

ETVOSモイスチャラジング

 
ETVOSの他の製品についても、記事を書いています。

ETVOSの他の製品は、

化粧水は、「【ETVOS】モイスチャライジングローション 使用感と成分分析

乳液は、「【ETVOS】モイスチャラジングセラム 使用感と成分分析」 

それぞれ記事を書いていますので、読んでいただければ幸いです。

 

 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
 
 
ホームへ戻る