あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【エイトザタラソ】ディープリペア&アクアモイスト美容液トリートメント 使用感と成分分析

スポンサーリンク

 

 

どうも、あひるです。

前回、「【エイトザタラソ】クレンジングリペア&モイスト美容液シャンプー 使用感と成分分析」について書かせてもらいました。

今回は、美容液トリートメントについて、解説していこうと思います。

 

 

 

エイトザタラソ 美容液トリートメントのポイント!
  • 使用感はかなり良好なトリートメント
  • 毛髪を補修する成分、コーティングする成分が配合されている
  • 毛髪内部が潤うかどうかは微妙なところ

 

 

エイトザタラソとは?

エイトザタラソについては、前回、「【エイトザタラソ】クレンジングリペア&モイスト美容液シャンプー 使用感と成分分析」という記事で書いています。ご一読いただければ幸いです。

 

 

 

エイトザタラソ ディープリペア&アクアモイスト美容液トリートメント 使用感と成分分析

エイトザタラソ ディープリペア&アクアモイスト美容液トリートメント

エイトザタラソ ディープリペア&アクアモイスト美容液トリートメント 使用感

きれいな乳白色のクリーム、トリートメントです。

粘度はそこまでなく、伸びはかなり良い感じで、髪への塗り拡げも容易に可能ですね。

塗り拡げ時はもちろん、洗い流しの最中も、髪が絡まる、キシキシするなんてことは、一切ありませんでした。

洗い流し終わった後も、きしんだりといった不愉快なことにはならず、仕上がり良好です。

乾燥後も特に問題なく、サラサラヘアーになる感じです。

使用してみて、不具合的な何かを感じることはなかった、良いトリートメントではないでしょうか。

毛髪に関しては、「【毛髪の基礎知識】毛髪の基本と構造、毛髪補修成分まとめ」という記事で書いています。

エイトザタラソ ディープリペア&アクアモイスト美容液トリートメント 使用感

 

エイトザタラソ ディープリペア&アクアモイスト美容液トリートメント 成分分析
ディープリペア&アクアモイスト美容液トリートメントの全成分

水、セテアリルアルコール、ジメチコン、ベヘントリモニウムクロリド、グリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、クリスマムマリチマムカルス培養液、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサカルス培養エキス、アルギン酸Na、フカスセラツスエキス、スサビノリエキス、水溶性コラーゲン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、クオタニウム-33、ヒドロキシエチルウレア、加水分解ケラチン(羊毛)、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、ポリクオタニウム-51、キトサンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ウメ果実エキス、セージ葉エキス、ローズマリー葉油、ラベンダー油、スクワラン、キトサン、イソマルト、水添レシチン、ダイズステロール、キサンタンガム、レシチン、ジステアリルジモニウムクロリド、コレステロール、海水、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ヒドロキシエチルセルロース、PG、クエン酸Na、クエン酸、BG、ペンテト酸5Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、香料

セテアリルアルコールは、高級アルコールです。高級アルコール覚えていますか?高いアルコールではなかったですよね?よくわからない方は、「【化粧品の基礎知識】高級アルコールの特徴と役割」という記事を読んでみてください。

ジメチコンは、シリコーンです。シリコーンはもう説明不要でしょうか。わからない方は、「【化粧品の基礎知識】シリコーンの特徴と役割」という記事を読んでいただければ幸いです。

このパターンは、本当に多いですね(笑)

シャンプーは、ノンシリコーン。

トリートメントは、シリコーン配合・・・。

別に私は、シリコーン否定派とかではなく、むしろ良いのでは?って人なので、なんとも思わないですが、シャンプーをノンシリコーンにしておいて、トリートメントは、シリコーン配合って、ちょっと変ですよね。

できるなら、ノンシリコーンで作ってほしかったですね。シャンプー良い商品ですから。

シリコーン気にしない方には、何ら関係ないお話です。

ベヘントリモニウムクロリドは、カチオン界面活性剤。カチオン活性剤は、「【化粧品の基礎知識】カチオン界面活性剤 特徴と役割」という記事で書いています。

グリセリンは、多価アルコールで保湿剤。

パルミチン酸エチルヘキシルは、オイル成分で、ここまでが1%を超える成分となります。

クリスマムマリチマムカルス培養液、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサカルス培養エキスは、幹細胞培養エキスで、エイトザタラソのメインコンセプトですね。

キトサンヒドロキシプロピルトリモニウムクロリドは、キトサンをカチオン化した成分です。カチオン化することで毛髪への吸着力をアップさせたものです。特にダメージ毛には、吸着しやすく、外部から補修、コーティングしてくれる嬉しい成分です。また、フケの原因菌に対して、抗菌性を有する成分でもあり、フケに悩んでいる方にも嬉しい成分です。

シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコールという成分、当ブログを読んでもらっている方は、覚えている方もいるかもしれません。

浸透促進剤ですね。毛髪への浸透促進剤ってことです。諸々の保湿成分、美容成分の浸透を促進させたいという狙いで配合されているのでしょう。ただ、洗い流すので、そこまでの促進はあまり期待できないかもですね。リーブオン(髪に塗布したまま)製品なら、意味も出てくるかとは思いますが・・・。浸透促進については、「【本当に必要?】導入美容液の成分と分類」という記事で書いています。

 

 

 

どんな人がオススメ?

  • 毛髪の枝毛やパサツキが気になる方
  • サラサラヘアを実現したい方

 

 

 

 

最後に

エイトザタラソの美容液トリートメントについて、解説してみました。

全体的に良いトリートメントですね。シリコーンが嫌いな人には、響かないかもですが・・・。シリコーンは、頭皮に悪いわけではないので、気にする必要はないんですけどね(笑)シリコーンに関しては、「【今さら聞けない!】シリコーンは悪者なのか?」という記事で書いています。良ければ読んでください。

エイトザタラソを販売している、ステラシードは、他にも製品を出されています。記事にしていますので、化粧品選びの参考になれば、幸いです。

【エイトザタラソ】クレンジングリペア&モイスト美容液シャンプー 使用感と成分分析

【アミノメイソン】スムース シャンプー 使用感と成分分析

【アミノメイソン】スムース トリートメント 使用感と成分分析

【アミノメイソン】モイスト ホイップクリーム シャンプー 使用感と成分分析

【アミノメイソン】モイスト ミルククリーム トリートメント 使用感と成分分析

 

また、他にも、ヘアケア製品についても書いています。良ければ読んでみてください。

【知らなきゃ損!】凛恋 シャンプー&トリートメント

【オーガニックヘアケア】ザ パブリック オーガニック「スーパーリフレッシュ」 使用感と成分分析

【やっぱり良かった!】ザ パブリックオーガニック スーパーポジティブ 使用感と成分分析

【&honey】メルティ モイストリペア シャンプー&トリートメント 使用感と成分分析

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

ホームへ戻る