あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【オルビス】オフクリーム 使用感と成分分析

スポンサーリンク

宜しければ、読者登録、お願いしますm(_ _)m

 

 

どうも、あひるです。

今回は、人気、評価が高まっている、オルビス オフクリームについて書いていきます。ベスコスを受賞し、さらに人気が上がっているようです。クレンジングでお悩みにの方、必見です。

 

 

 

 

オルビス オフクリームのポイント!
  • 心地よい使用感で、メイクを落とせるクレンジングクリーム
  • 日常使いに最適(濃いめのメイクはちょっと苦手)
  • 洗い上がりしっとり、乾燥は特にしない

 

 

オルビスとは?

オルビスは、ポーラ・オルビスグループから出されているブランドですね。

発売当初はあまり相手にされず、売れ始めるまでに、約10年くらいかかったんだとか・・・。

オルビスと言えば、オルビス ユーでしょうか。

水のめぐりに着目し、大人の肌悩み、ハリ感、乾燥をケアするスキンケアブランドです。

オフクリームは、「肌と心が求めるクレンジング」という謳いで販売されています。

がんばった自分に、
がんばらない時間を

忙しい日々をおくる現代女性にとって、
癒しの時間をもつことはそう簡単ではないから。

オルビスが思い描いたのは、
肌と同時に心までときほぐし、
オフモードに切り替えるクレンジング。

ありふれた日々のお手入れが“わたしに還る”
かけがえのないひとときに変わります。

肌と心をほぐす*ステップが
スキンケアと大切な時間に
寄り添います。

引用元:https://www.orbis.co.jp/small/1201050/

当たり前ですが、良いこと書いています(笑)そんなオルビス オフクリームの使用感や、成分について、解説していこうと思います。

 

 

 

オルビス オフクリーム 使用感と成分分析

オルビス オフクリーム

引用元:https://www.orbis.co.jp/brand/offcream/

 

オルビス オフクリームの使用感

硬すぎない、柔らかめのクリームです。簡単に手で取れ、簡単に塗り拡げられるテクスチャーですね。

クレンジング力も、下記実験の通り、きちんと落ちます。しかし、濃いめの化粧、ウォータープルーフとか、濃いマスカラとかは、落とすのに苦労するかなー?といった印象です。マジックを落とすのにも、若干の時間を必要としました。目元周りの化粧がガッツリ目の方は、目元周りだけ、クレンジングオイルなどを使用した方が、良いかもしれません。

普段そこまでメイクをされない方には、ちょうど良い使用感、クレンジング力ではないでしょうか。

洗い上がりもしっとりしていて、乾燥って感じも特になかったです。

匂いはないので、気にされる方、匂いが付いているのがダメな方なんかにもオススメですね。

オルビス オフクリーム 使用感
オルビス オフクリーム メイク馴染み
オルビス オフクリーム クレンジング力

 

オルビス オフクリームの成分分析
オフクリームの全成分

パルミチン酸エチルヘキシル、エチルヘキサン酸セチル、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、水、BG、イソステアリン酸PEG-12、ステアリン酸PEG-25、ミツロウ、スクワラン、イソステアリン酸PEG-20グリセリル、シクロペンタシロキサン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、ヒアルロン酸Na、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花水、グリセリン、ステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸グリセリル(SE)、トコフェロール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

パルミチン酸エチルヘキシルエチルヘキサン酸セチルテトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチルは、エステル油。

BGは、多価アルコールの保湿成分。

イソステアリン酸PEG-12、ステアリン酸PEG-25は、界面活性剤ですね。

ミツロウは、ハチミツから取れるロウ成分です。粘度を調整、固めるために使用する成分です。

スクワランは、炭化水素油で、疑似皮脂成分ですね。

イソステアリン酸PEG-20グリセリルは、界面活性剤。

シクロペンタシロキサンは、シリコーン成分。D5と呼ばれる、環状シリコーン、揮発性シリコーンです。

ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンも、シリコーン成分。

ここまでが1%を超える成分かと思います。

様々なオイル成分を含ませたクレンジングクリームです。以前にも書いたと思いますが、メイクは、様々なオイル成分で構成させています。

そのメイクを落とそうと思ったら、それらオイルと馴染みが良くなくてはいけません。様々なオイルと馴染みの良いオイルって、そんなに多くはないんですよ。そうなると、クレンジングのオイル成分に、数種類のオイルを配合し、様々なオイルへの馴染みを向上させ、落としやすくする必要があります。

オルビス オフクリームは、まさにそんな感じで、複数のオイルが配合されているのだと思います。

 

オルビス オフクリームのフリー項目
  • エタノール
  • 鉱物油
  • 香料、着色料

 

オルビス オフクリームの評価
  • 公式HP:3.51/5.0 446件
  • アットコスメ:4.4/7.0 304件
  • LIPS:4.3/5.0 143件

※上記評価は、2020年7月のものです。

良い評価
  • 肌がフワッと柔らかくなる
  • 美容クリームのような、コクと滑らかさのある使用感
  • クレンジングの時間が楽しくなる
  • クレンジング後のお肌の潤い具合に驚いた
悪い評価
  • 思っていた感じよりも、メイク落ちが悪かった
  • 濃いめのメイクは、やや時間がかかる
◆ 個人的な評価 ◆ ★ オルビス オフクリーム ★
☆ 総合評価:A+ ☆
● 伸ばしやすさ:S
● クレンジング力:A+
● 洗浄後保湿:A+
● コスパ:A+
● 匂い:S-
● 肌への優しさ:A
● 口コミ:A+
● オリジナリティー:A+
※S+が一番良く、C-が一番悪い評価となります。

 

 

 

 

どんな人にオススメ?

  • クレンジング力があり、使用感を楽しみたい方
  • クレンジング後、しっとりする乾燥しないコスメをお探しの方

 

 

 

 

 

最後に

オルビス オフクレンジングクリームについて、解説してみました。

様々なオイルを配合し、メイク落としを向上させつつ、使用感の良い感じに仕上がっています。ガッツリメイクを落とすのは、ちょっと苦手かもしれませんが、ナチュラルメイク、軽めのメイクを落とすには、何ら問題ないクレンジング力だと思います。

 

オルビスの他の製品については、コチラ↓

 

また、クレンジングについてもいくつか書いています。化粧品選びの参考になれば、幸いです。

 

また、個人的なランキングページも作成しています。こちらも参考になれば、幸いです。

個人的ランキングページ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

ホームへ戻る