あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【プレディア】スパ・エ・メール リンクル コンフォール セラム 使用感と成分分析

スポンサーリンク

宜しければ、読者登録、お願いしますm(_ _)m

 

 

どうも、あひるです。

ここ最近、リンクルケアコスメの乱立が激しさを増していますね。シワ改善を謳ったコスメの発売が続いております。

というわけで、今回は、新たに発売されるリンクルケアコスメ「プレディア スパ・エ・メール リンクル コンフォール セラム」について、書いていきたいと思います。

 

 

 

 

リンクル コンフォール セラムのポイント!
  • ナイアシンアミド配合のシワ改善コスメ
  • 肌なじみの良い、シワ改善コスメ

 

 

プレディアとは?

プレディアは、コーセーから出されている化粧品ブランドです。

個人的に感じたことですが、コーセーの中では、まだマイナーな部類に入るんじゃないかなーと勝手に思ったり・・・。

プレディアのコンセプトは、「海」です。

公式HPには、下記の内容が記載されています。

いのちあるものは、すべて海から生まれました。私たちの体の60%は水分でできていて、水素やナトリウムなど、体に必要な10大元素のうち、9つが海水のものと同じです。プレディアは肌に安らぎを与え、美しく育むために必要な要素は海の力、海由来の天然ミネラルであると考えます。海洋深層水をはじめとする「海由来の成分がもつ力」。さらに、古くからヨーロッパで“奇跡の水”とも呼ばれた、地底から湧き出るスパ水(温泉水)。その2つのミネラルあふれる成分を、コーセーの研究開発力で融合させた商品で、これからも肌と心に癒しの時間を提供し、“リラクゼーション ビューティ”をお届けしてまいります。

海の恵みとスパの知恵。
あなたの肌、本来の美しさを。

海の恵み、自然の恵み、これらを生かした製品を通して、お客様の肌、美しさに貢献していくことを理念に持っているみたいですね。

商品の訴求成分に、海由来のものが多く取り入れられているのは、そのためだと思います。

そんなプレディアから、新しいシワ改善コスメが誕生します(2021年11月16日)。

今回は、一足はやく、商品について、色々を掘り下げていきたいなと思います。

 

プレディア スパ・エ・メール リンクル コンフォール セラム 使用感と成分分析

プレディア スパ・エ・メール リンクル コンフォール セラム

出典:https://www.predia.net/series/spa-et-mer/items/skincare/wrinkle-confort-serum.html

 

プレディア スパ・エ・メール リンクル コンフォール セラムの使用感

ややオレンジがかったクリーム状のセラム、美容液ですね。美容液よりは、クリーム寄りな感じはあります。

伸びはよく、少量で塗り拡げられます。ペッタリする感じはないですが、しっとり感はあります。意外と肌なじみがよく、ずっとしっとり感は続かないので、冬場だとちょっと物足りないかもしれません。重ね付けするか、別のアイテムをさらに塗るか、どちらかが必要かなと思います。

まぁ、リンクルケア商品なので、お顔全体に塗らなくても構わないです。気になるシワの箇所に、集中的に塗ってもらったのでも十分かと思います。

香りもほんのりあり、優しく澄んだ香りが賦香されています。

 

プレディア スパ・エ・メール リンクル コンフォール セラムの成分分析
セラムの全成分

【有効成分】ナイアシンアミド

【その他の成分】1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、エタノール、ジグリセリン、2-エチルヘキサン酸セチル、ジペンタエリトリット脂肪酸エステル(1)、水素添加大豆リン脂質、メチルポリシロキサン、硬化油、d-δ-トコフェロール、アスタキサンチンH、カキエキス、サンゴ草抽出液、ダイズエキス、プリエラスチン、ポリグルタミン酸、加水分解イカスミエキス、加水分解コラーゲン末、海水、天然ビタミンE、美作温泉水、油溶性ヨクイニンエキス、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、エデト酸二ナトリウム、カラギーナン、カルボキシビニルポリマー、コレステロール、セトステアリルアルコール、トリ(カプリル・カプリン酸)グリセリル、ポリアクリル酸ナトリウム、マカデミアナッツ油脂肪酸フィトステリル、重質流動イソパラフィン、水酸化ナトリウム、エチルパラベン、フェノキシエタノール、メチルパラバン、香料、カラメル

有効成分は、シワ改善に効果のあるナイアシンアミドです。現状、一番商品化されている有効成分ですね。ポーラのニールワン、資生堂の純粋レチノールは、各々のブランドでしか使用されていないですからね。一方、ナイアシンアミドは、上記の会社さん以外から、色々と出されています。その分、商品数が増えているということです。

ナイアシンアミドの作用機序は、あまり明らかにされていません。が、部外品として認められていることから、シワ改善作用があるのは間違いないかと思います。

その他の成分として、

1,3-ブチレングリコール、濃グリセリン、ジグリセリンは、多価アルコールで保湿成分。

エタノールは、アルコール、お酒の一種です。多価アルコールとは別ですので、勘違いなさらず。

2-エチルヘキサン酸セチルは、エステルオイル。サラッとした感触、ベタつきのない使用感のオイルになります。よく使用される成分で、クリームだけでなく、クレンジングなどにも使用される大変汎用性のある成分です。

ジペンタエリトリット脂肪酸エステル(1)もエステルオイル。室温ペースト状のオイル成分であり、エモリエント作用の他、光沢感付与などの作用もあります。

ここくらいまでが、主だった成分ではと思います。部外品なので、何とも難しいところですが。

ナイアシンアミド以外にも、エイジングケア用成分がいくつか配合され、ナイアシンアミドだけに頼るではなく、多角的にアプローチしている感じです。

ちなみに、セラム自身がオレンジがかっているのは、アスタキサンチンによるものです。

 

プレディア スパ・エ・メール リンクル コンフォール セラムのフリー項目
  • 合成着色料

 

プレディア スパ・エ・メール リンクル コンフォール セラムの評価
  • アットコスメ:ー/7.0 1件
  • LIPS:ー/5.0 口コミなし

※上記の評価は、2021年11月のものです。

まだ発売前ですからね。これから、口コミが増えてくるものだと思います。

◆ 個人的な評価 ◆ ★ プレディア リンクル コンフォール セラム ★
☆ 総合評価:S- ☆
● 伸ばしやすさ:S
● 保湿力:A+
● 肌なじみ:S
● コスパ:B
● 匂い:S
● 肌への優しさ:A+
● 口コミ:ー
● オリジナリティー:A+
※S+が一番良く、C-が一番悪い評価となります。

 

 

 

どんな人にオススメ?

  • シワが気になり始めた方、気になっている方
  • ナイアシンアミド配合のシワ改善コスメをお探しの方
  • 軽い感触のエイジングケアコスメをお探し方

 

 

 

最後に

プレディア リンクル コンフォール セラムについて、解説してみました。

最近のエイジングケアは、しっとりするものの、ペッタリしすぎる感じはあまりないみたいですね。ペッタリしすぎるのは、嫌われる傾向にありますからね。もちろん、個人差はありますが。

 

他にも、シワ改善コスメについても書いています。化粧品選びの参考になれば幸いです。

 

また、個人的なランキングページも作成しています。参考程度にどうぞ。

個人的ランキングページ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

ホームへ戻る