あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【コスメデコルテ】ホワイトロジスト ネオジェネシス ブライトニング コンセントレイト 使用感と成分分析

スポンサーリンク

宜しければ、読者登録、お願いしますm(_ _)m

  当サイトの記事には、広告・プロモーションが含まれます

 

 

どうも、あひるです。

だいぶ時間の空いた投稿になってしまいました・・・。

なかなか時間が取れず、継続するのは、難しいですね。

今回は、コスメデコルテから発売されている、美白美容液について、書いていこうと思います。

 

 

 

 

コスメデコルテ コンセントレイトのポイント!
  • 最近では珍しい「コウジ酸」を美白有効成分に据えた一品
  • 美白系コスメでは珍しい?半透明タイプ
  • 使用感もよく、夏場でも使える心地よいテクスチャー

 

 

コスメデコルテとは?

コスメデコルテは、コーセーから生み出された化粧品ブランドです。今となっては、知らない人の方が珍しいですよね。逆に知らない人にお会いしてみたい気も・・・笑。そんなこと言ったら、怒られますかね。

コスメデコルテで有名なのは、当然モイスチュアリポソームでしょうか。コスメデコルテと言えば、これ!!みたいな感じですよね。

そんなコスメデコルテから出されているのが、ホワイトロジスト ネオジェネシス ブライトニング コンセントレイト。

コウジ酸を美白有効成分とし、補助成分として、ナツシロギクエキスを配合。よりメラニンへアプローチしやすい中身が作られています。

今回は、コウジ酸、ナツシロギクエキスが配合されたホワイトロジストコンセントレイトを色々見ていこうと思います。

 

 

 

コスメデコルテ ホワイトロジスト ネオジェネシス ブライトニング コンセントレイト 使用感と成分分析

コスメデコルテ ホワイトロジスト ネオジェネシス ブライトニング コンセントレイト

出典:https://www.decorte.com/site/p/teiki_whitelogist_serum_online.aspx

 

コスメデコルテ ホワイトロジスト ネオジェネシス ブライトニング コンセントレイトの使用感

少し濁度のある美容液です。透明と微濁、どちらの方が、効きそうに見えますか?

微濁、少しばかり濁っている方ではないでしょうか。アンケートなどを取ると、必ず濁りのある方が選ばれます。不思議ですが、濁っている方が、良い成分が溶け込んでいそうと思うのだとか。スポーツドリンクも濁っているもの、ありますよね?あれも同じ理由です。化粧品においては、それにプラスして、高級感も得られますね。

使用感は、さっぱり目。適度な潤い、保湿効果が得られます。肌への馴染みもよく、塗り終わりはサラッとしていて、ベタつかず、夏場の保湿に重宝されそうです。成分的にも、シミを増やさないようなアプローチが期待できますので、夏場に持って来いのアイテムかもしれませんね。

香りは、フレッシュグリーンフローラルな香りとの記載があります。匂い自体ほんのりで、ほとんど気にならない香りです。香りに敏感な方でも、そんなに気になることはないんじゃないかなと思います。

コスメデコルテ ホワイトロジスト ネオジェネシス ブライトニング コンセントレイト 使用感

 

コスメデコルテ ホワイトロジスト ネオジェネシス ブライトニング コンセントレイトの成分分析
コスメデコルテ コンセントレイトの全成分

【有効成分】コウジ酸
【その他の成分】精製水、1,3-ブチレングリコール、エタノール、ジグリセリン、ジプロピレングリコール、濃グリセリン、D-パンテテイン-S-スルホン酸カルシウム液、L-オキシプロリン、d-δ-トコフェロール、アスコルビン酸、エチナシ葉エキス、カンゾウフラボノイド、コーヒーエキス、サフランエキス、サンペンズエキス、スイカズラエキス、ゼニアオイエキス、タイソウエキス、タイムエキス(1)、トウキエキス(1)、ナツシロギクエキス、ブドウ種子エキス、マツエキス、ロジオラサクラ根エキス、海藻エキス(5)、天然ビタミンE、エデト酸二ナトリウム、オレイルアルコール、キサンタンガム、クエン酸、コハク酸、コハク酸二ナトリウム、コレステロール、ジェランガム、トリイソステアリン酸トリメチロールプロパン、ヒドロキシメトキシベンゾフェノンスルホン酸ナトリウム、ヒマワリリン脂質、ポリアクリル酸ナトリウム、水酸化大豆リン脂質、水素添加大豆リン脂質、無水エタノール、フェノキシエタノール、香料、カラメル

有効成分との表記があることから、この商品は、医薬部外品です。有効成分は、コウジ酸。最近では割と珍しい有効成分なような気がします。美白系コスメで、有効成分としてよく目にするのは、トラネキサム酸ではないでしょうか。トラネキサム酸とコウジ酸。どちらも美白系の有効成分ですが、作用、働きは少々異なります。

トラネキサム酸は、メラニンを作れ!という司令を阻害する働きがあります。

一方コウジ酸は、チロシナーゼ(チロシンをメラニンに変換)という酵素の働きを阻害する役割があります。

どちらが良いなどと言うことはありませんし、人によって効き方も様々ですので、商品の使用感や使ってみての実感などで選ばれるのが良いかと思います。

その他の成分は、ブチレングリコールは、BGのことで、多価アルコールで保湿成分。

エタノールは、低級アルコールで感触改良成分です。

ジグリセリンは、多価アルコールで保湿成分。グリセリンが2個結合された成分で、グリセリンよりねっとり感があります。

ジプロピレングリコールは、DPGのことで、これも多価アルコールで保湿成分です。

濃グリセリンは、グリセリンのことです。多価アルコールで保湿成分です。

ここまでが1%を超える成分かと思います。

上でも書きましたが、ナツシロギクエキスが配合されています。ナツシロギクエキスは、メラニンの産生を抑制したり、ターンオーバーを促進し、メラニン排出の機会を正常にしたりと、色々作用があるようです。コウジ酸の働きをフォロー、助けるような立ち回りをしてくれる成分かと思います。

 

コスメデコルテ ホワイトロジスト ネオジェネシス ブライトニング コンセントレイトのフリー項目
  • パラベン
  • シリコーン
  • 鉱物油
  • 着色料

 

コスメデコルテ ホワイトロジスト ネオジェネシス ブライトニング コンセントレイトの評価
  • アットコスメ:5.5/7.0 1,721件
  • LIPS:4.44/5.0 367件

※上記評価は、2024年6月のものです。

良い口コミ
  • サラサラとしたテクスチャーで、伸びもよく、1プッシュで全顔塗れる
  • さらっとした使い心地で、お風呂上がりでもさっぱり使えるのが良い
  • 使うとお肌が落ち着き、赤みなどが抑えられた気がする

 

悪い口コミ
  • 特に見当たらない

 

◆ 個人的な評価 ◆ ★ コスメデコルテ ホワイトロジスト ネオジェネシス ブライトニング コンセントレイト ★
☆ 総合評価:S- ☆
● 伸ばしやすさ:S+
● 保湿力:A
● 肌なじみ:S+
● コスパ:C+
● 匂い:S-
● 肌への優しさ:A
● 口コミ:S-
● オリジナリティ:A+
※S+が一番良く、C-が一番悪い評価となります。

 

 

 

どんな方にオススメ?

  • 美白ケアコスメにご興味のある方
  • コウジ酸を使ってみたい方
  • トラネキサム酸では効果をあまり感じれなかった方

 

 

 

 

 

最後に

コスメデコルテ ホワイトロジスト ネオジェネシス ブライトニング コンセントレイトについて、解説してみました。天然由来成分コウジ酸を用いた、今ではちょっと珍しいコスメ。コウジ酸自体、きちんとした美白作用のある成分なので、確かな効果を実感できるのではないでしょうか(個人差は当然あります)。

 

他にも美白ケアコスメについて、色々と書かせてもらっています。化粧品選びの参考になれば幸いです。

 

また、個人的なランキングページも作成しています。参考程度にどうぞ。

個人的ランキングページ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

ホームへ戻る