あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【英字】成分

 

化粧品の成分用語辞典【英字】です。

成分用語辞典のトップに戻りたい方は、下記を押してください。

化粧品成分辞典トップ

 
 
 
α
 
α-グルカンオリゴサッカリド
肌の常在菌バランスを整えてくれる成分。天然のオリゴ糖。肌にとって、有益な菌を増殖させ、好ましくない菌の増殖は抑制させる働きがある。
 

γ

 
γ-ドコサラクトン
ヘアケア系に配合される毛髪補修成分。熱を加えることで、毛髪に結合します。キューティクルのめくれ上がりを改善し、うねり、絡まり、ハリコシがない、などと言った毛髪に対する様々な悩みの改善が期待できます。
 
 

B

 

BG
多価アルコールの一種。保湿成分。
保湿作用以外に、抗菌作用もある。
 
 

D

 

DPG
多価アルコールで、保湿成分。
抗菌作用もある。
若干刺激の懸念があることから、敏感肌コスメには不向き。
敏感肌コスメと謳いつつ、DPGが多く配合されている商品は注意が必要。
 

E

 
EDTA-2Na
キレート剤の一種。石鹸系商品にも配合されており、金属石鹸の形成阻害に役立つ。その他の目的としては、酸化防止、変色防止などの役割がある。
 

L

 

LPG
液化石油ガスで、スプレー製剤に使用されている。
プロパン、ブタン、などの混合ガスである。
 
 

P

 

PCA-Na
角層中に含まれる成分。天然保湿因子(NMF)の一種。アミノ酸系の保湿成分で、ポリヒドロキシカルボン酸ナトリウムの略称。
 
PCE-DP
 
PEG-10ジメチコン
シリコーン系乳化剤。ジメチコンにPEG(ポリエチレングリコール)を付加した成分。
 
PEG-40
PEG(ポリエチレングリコール)が複数結合した成分。保湿剤。
平均分子量は、およそ2,000。固形成分。
PEG-〇〇の〇〇の部分が12以下は、刺激になる可能性があるので、肌が弱い方は注意が必要。
 
PEG-60水添ヒマシ油
ノニオン性界面活性剤の一種。可溶化剤としてよく使用されている。
 
PEG/PPG/ポリブチレングリコ-ル-8/5/3グリセリン
両親媒性成分。浸透促進剤として、ブースター美容液によく使用される。
 
PG
多価アルコールの一種。保湿成分。
保湿以外に、抗菌作用もある。
昨今、刺激性の懸念があり、あまり使用されることがなくなってきた成分。
国内メーカーは避ける傾向にあるが、海外メーカーはそうでもない。
 
PPG-24グリセレス-24
グリセリンに酸化エチレン(PEG)、酸化プロピレン(PPG)をくっつけた成分。グリセリン誘導体であり、保湿成分。
 
 

T

 
t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン(BMDBM)
紫外線吸収剤。油溶性成分。UV-A吸収剤。
様々な日焼け止め成分に配合されている。
光安定性はやや悪い。金属結合により、着色する性質があるが、キレート剤を配合することで改善する。
ポリシリコーン誘導体や、オクトクレリン(OCR)を併用することで光安定性が向上する。
 
 
 
ホームへ戻る