あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【本当に必要?】導入美容液の成分と分類

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
 
どうも、あひるです。
 
前回お話した、「コスメデコルテ モイスチュアリポソーム」
その際に、導入美容液と書きましたので、今回は、その辺りに触れていこうと思います。
 
 

導入美容液とは?

導入美容液の成分と分類

導入美容液、または、ブースターなどと呼ばれていますよね。
基本的には、洗顔の後、化粧水を使用する前に、使用する化粧品のことを言うそうです。
化粧水の前に使用することで、その後のスキンケアの馴染みが良くなるという代物。
 
では、何をもって馴染みが良い、となるのでしょうか?
 
ちなみに、導入美容液、ブースターといった商品に明確な定義はありません!!
ですので、メーカー、販売する側が、導入美容液だよ!
と言ってしまえば、それは導入美容液なのです。
なんと曖昧なことでしょうか・・・。
 
 
 

導入美容液の構成成分

導入美容液やブースターと呼ばれている商品の全成分を気にされた方は少ないでしょう。
全成分の中に、馴染みを良くする、化粧品の浸透を促進する成分があるのです。(←当たり前です)
 
いくつか、例をあげます。
無印良品 導入化粧液

水、プロパンジオール、DPG、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、ペンチレングリコール、ツバキ種子エキス、ミツバアケビ茎エキス、ジャノヒゲ根エキス、コメヌカエキス、アンズ果汁、スベリヒユエキス、ポリクオタニウム-51、ヒアルロン酸Na、オレイルアルコール、グリセリン、BG、エチルヘキシルグリセリン、ポリソルベート80、PEG-60水添ヒマシ油、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール

無印良品の導入美容液の肝は、
PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン
です。
これは、両親媒性成分です。
両親媒性成分とは、油にも、水にも溶ける成分のことを言います。
これが配合されてあることで、浸透が高まるというデータが得られています。
 
余談ですが、この商品、敏感肌の方は使用しない方が良いです。
DPGが配合されています。
DPGは、多価アルコールの保湿剤ですが、敏感肌向きの成分ではありませんから。
配合量が少ないなら、問題ないですが、3番目と多く配合されていますからね。
 
導入美容液と謳っている商品で、上記成分を配合している商品は、他にもあります。
クラシエ 肌美精 導入化粧水

水、BG、プロパンジオール、グリセリン、エタノール、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、レモン果実エキス、グレープフルーツ果実エキス、キイチゴエキス、ヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、ローヤルゼリーエキス、ポリクオタニウム-61、クエン酸Na、クエン酸、HEDTA-3Na、フェノキシエタノール

 
 
明色プレミアム スキンコンディショナー

水、エタノール、BG、ハイブリッドローズ花エキス、アロエベラ葉エキス、ビルベリー果実エキス、モモ葉エキス、センチフォリアバラ花油、シトルリン、ソルビトール、クロルヒドロキシAl、乳酸、乳酸Na、エチルパラベン、メチルパラベン、香料

水の次がエタノールです。
エタノールに浸透促進の能力はありません。
揮発性(すぐ蒸発すること)が高いので、あたかもすぐに浸透した!
となるように、擬似的に作られた商品です。
 
導入美容液は、多種多様、ものすごい数の商品が乱立しています。
一体、どれが良いのでしょうか。
 
 
 

導入美容液の分類

導入美容液を購入するにあたって、どの導入液が良いのか?
簡単にですが、分類してみました。
 
導入美容液は、4つのタイプに分けれるかなと思います。
  • 界面活性剤配合タイプ
  • 両親媒性成分配合タイプ
  • オイル系美容液タイプ
  • ただ謳っているだけタイプ
結論から言うと、界面活性剤配合タイプ、両親媒性配合タイプをオススメします。
 
界面活性剤配合タイプ
界面活性剤を使用して、馴染みよく、浸透させようとするタイプです。
先日お話した「コスメデコルテ モイスチュアリポソーム」がそれにあたります。
水添レシチン(両性界面活性剤)で、構成されてましたよね?
注意してほしいのは、アニオン性活性剤で、導入美容液を謳っている商品です。
アニオンは、肌に対して刺激が少なからずあります。
そのアニオンで浸透促進をさせようとすれば、お肌に良いわけないですから。
 
両親媒性成分配合タイプ
さっきお話した、
  • PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン
  • シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール
が、両親媒性成分になります。
これらは、浸透を促進する役割があり、技術的なデータも取られています。
導入美容液に限らず、化粧品全般によく使用されるように、最近なってきています。
それだけ、効果を実感しやすいのでしょう。
実際、あひるもよく使う成分です。
 
 
オイル系美容液タイプ
オイル成分100%の導入液です。
オイルですので、好みが別れます。
脂性肌系の人は、オススメはしません。
それに、そこまでの浸透促進の力はないでしょう。
 
 
ただ謳っているだけタイプ
導入液のプチブームにあやかろうとする商品ですね。
中身(成分)を見ても、それらしい成分はなし。
ただの化粧水か、美容液です。
もしくは、エタノールを配合し、擬似的な浸透を演出しているにすぎません。
拭き取りタイプもありますが、あれもやめておくほうが良いかと。
エタノールが多く配合され、pHも低かったりします。
一種のピーリング剤です。
使用感がいいんですよ!
って人以外は、使用するメリットはあまりないタイプです。
先程お話した、明色の商品がこれにあたります。
 
 
 

導入美容液は必要なのか?

先程も書きましたが、浸透を促進させるための成分は、普段のスキンケアに配合されていることもあります。
ですので、わざわざ導入美容液を使用しなくとも、お肌に浸透するような中身になっていたりします。
もちろん、全てがそうではありませんが。
普段使用されている商品を確認して、上記で書いたような成分が配合されていれば、わざわざ導入美容液を買わなくても良いと思います。
その費用分、違うアイテムに回せますからね。
使用感が好みであれば、導入美容液を使用しつつ、化粧水をやめるとかでもいいと思います。
ご自身のお財布に、負担とならないようにしてください。
必ず、導入美容液が必要!
ということは、絶対にありませんので。
なくても、何も問題ないです。
 
 
 

最後に

いかがでしょうか。
導入美容液について、書き連ねました。
まとめると、
今回のポイント!
  • 導入美容液は必ず必要ではない
  • 導入美容液を購入する場合、どのタイプに当てはまるか要確認
 
上記2点が大事だと思います。
不必要に、周りに、メディアに、メーカーに振り回されないようにしてください。
 
最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
 
スポンサーリンク
 
 
 
ホームへ戻る