あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【角質がポロポロ?】ピーリング化粧品って意味あるの?

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
 
どうも、あひるです。
 
ドラッグストアや、バラエティショップでよく見かけるピーリング化粧品。
結構色々ありますよね?
 
皆さん、誤解していないでしょうか?
いいように騙されていないでしょうか?
 
今回は、ピーリング化粧品について、お話します。
 
 
 

結論

  • ピーリング化粧品を使用する必要はさほどない
  • 人によっては、肌荒れの危険性が
  • ホワイトピーリングなどと謳っている商品は、本当に無意味
 
 
 

ピーリングとは?

ピーリング化粧品は必要なのか?

ピーリング化粧品、聞いたことありますよね?
「ケミカルピーリング」
という言葉の方が、しっくりくるかもしれません。
 
美容整形などのお医者さんが行ってくれる施術を
「ケミカルピーリング」
と言います。
ケミカルピーリングとは、
ニキビ跡の治療や、シミ、くすみといった肌悩みを改善する施術のことです。
化学薬品をお肌に塗り、皮膚を剥がすことによって、治療したりするのです。
美容目的に行われることがほとんどですね。
 
 

ピーリング化粧品?

では、ピーリング化粧品って何でしょうか?
美容目的を真似た化粧品になります。
当たり前ですが、ケミカルピーリングほどの効果はありません。
逆にそんな効果あったら、怖いですよね?
家で、手軽に簡単にピーリング!
いやいや、肌トラブルにしかならないでしょ!
 
ピーリング化粧品は、
毛穴の汚れや、古い角質を取り除く目的で販売されています。
多くの方がお使いになれたことでしょう・・・。
その真実を知らずに・・・。
 
 
 

ピーリング化粧品の真実

ピーリング化粧品を使用された方は、経験がおありかと思います。
化粧水ではなく、ジェルタイプの方ですが、
ジェルを塗り、塗り拡げていくと、カスがポロポロ。
角質いっぱい取れたー!
などと、喜ばれた方もいるかもせれません。
・・・。
すみません。
それ、角質じゃないんです。
ですので、お肌がきれいになんて、なりません。
※まぁ、多少こすっているので、角質が全く取れていないとは言いません。
少なくとも、ポロポロ出てくるアレは、角質が丸まったものではありません。
 
 
 

薬用ホワイトピーリングジェル

実際の商品を使用してみましょう。
使用した商品はこれ。

ステーショナリーコスメ ピーリング化粧品

デザインが面白いですよね?
消しゴムみたいで(笑)
ステーショナリーコスメとして、他にも売り出しているみたいですね。
容器やデザインは面白いですが、中身はちっとも面白くありません。
 
手に出して、塗り拡げていくと・・・。
ピーリング化粧品の外観
ピーリング化粧品のゲルポロ
カスがポロポロ出てきました。
私の手ってそんなに汚いんだー(笑)
 
では、机で試してみましょう。
机に塗って、クルクルクル・・・。
ピーリング化粧品 机で実験
ピーリング化粧品 机で実験
なんか出てきた。
なるほど、机にも角質あったんですね!
・・・。
そんなわけないです。
 
どういうことでしょうか?
これは、商品の中身に秘密があります。
ピーリングジェルは、ゲル化剤という増粘させるために必要な成分が含まれています。
これが、カス、ポロポロの正体なのです。
 
商品の全成分を見てみましょう。
美白ピーリングジェル

有効成分:水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K

その他の成分:アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、濃グリセリン、米デンプン、混合植物抽出液-34、シルバーバイン果実エキス、カモミラエキス-1、酵母多糖体末、アーティチョークエキス、マロニエエキス、ヒアルロン酸Na-2、塩化トリPOE(5)ステアリルアンモニウム、BG、フェノキシエタノール、精製水

この商品、医薬部外品なんです。
医薬部外品については、こちら。
有効成分は、水溶性プラセンタエキスは、美白作用のある成分です。
グリチルリチン酸2Kは、抗炎症作用があります。
医薬部外品ですので、全成分は多いもの順ではありません。
ここが部外品のややこしいところですね。
ポロポロの原因は、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体です。
化粧品表示名称ですと、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーです。
通常の化粧品にも配合されている成分です。
ピーリングジェルでは、通常より多く配合し、ゲルポロを出しやすくしているのです。
 
もう一つ、重要な成分があります。
塩化トリPOE(5)ステアリルアンモニウムです。
そう、カチオン界面活性剤ですね。
表示名称だと、PEG-5ステアリルトリモニウムクロリドです。
なぜ、カチオン界面活性剤が必要なのでしょうか?
ピーリングジェルなどを使用し、洗い流すと、さらさらしませんか?
余計な角質が取れたから、さらさらしてるわけじゃないんです。
カチオン界面活性剤が、皮膚に吸着し、さらさらするようにしているのです。
 
まぁ、よく考えたなーと関心しますが、わざわざカチオン界面活性剤を皮膚に塗る必要は全くありません。
トリートメントなどのヘアケアなら、わかりますが・・・。
カチオン界面活性剤の刺激性は、以前お話しましたが、界面活性剤の中で一番強いです。
人によっては、刺激となりうる成分ですからね。
活性剤については、こちら。
また、この商品はpHがかなり低いです。
これは増粘剤によるものですね。
普通、この手の増粘剤は、中和して使用します。
カルボマーなんかも、中和します。
でないと、粘度が出ないんです。
しかし、ピーリングジェルは中和を行いません。
増粘剤とカチオン界面活性剤との複合作用で、粘度を出すようにしているのです。
ですから、中和いらずで粘度が出ているんです。
pHが低いものも、危ないです。
人のお肌のpHは、4.5〜6.0
この商品は、2.0付近。
お肌にとって、よくないのは、明々白々です。
 
そしてこの商品。
美白系コスメなんですよね。
この商品以外にも、
  • スキンビル ホワイトピーリングジェル 有効成分:水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸2K
  • 美白乃美人 ピーリングジェル 有効成分:アラントイン、ブタプラセンタエキス-1
などが、美白系ピーリングコスメとして売られています。
これで美白ができるわけないんですよ。
ピーリング剤は、基本洗い流すタイプです。
肌に刺激となる成分が含まれているため、塗りっぱなし、つけっぱなしは危険です。
※中には、つけっぱなしを推奨するピーリング化粧水はあります。
肌に刺激とならないようにされているのかもしれません。
これは消費者にはわからないですからね。
洗い流す、つまり、美白に有効な成分も洗い流すのです。
それで、肌トーンが上がる?
チャンチャラおかしいです。
どれだけ即効性のある美白成分なんですかね?
あるなら、お目にかかりたいです(笑)
 
 
 

ピーリング化粧品が生まれた背景

ピーリング化粧品が生まれた背景はなんでしょうか?
やはり、ケミカルピーリングによるものでしょう。
ですが、ケミカルピーリングとピーリング化粧品は、全くの別物です。
ピーリング化粧品を使用しても、大した効果は得られないでしょう。
これは、ピーリングジェル(ポロポロタイプ)でも、ピーリングローションでも、同じです。
ローションタイプは、ポロポロしませんが、中には、低いpHのものあり、良い商品とは言えません。
お肌の弱い方は、なおさら危ないでしょう。
 
 
 

最後に

いかがでしょうか。
様々なところで販売しているピーリング化粧品。
はっきり言って、使用しない方が良いと思います。
メリットより、肌が荒れる可能性、デメリットの方が大きすぎます。
 
メーカー側が上手く作った疑似ピーリング化粧品。
騙されないようにしてくださいね。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
スポンサーリンク
 
 
 
ホームへ戻る