あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【気をつけよう!】まつ毛美容液の危険性

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
 
どうも、あひるです。
 
昨日、ヤフーのトップにも、出ていましたね。
ツイッターなどでも、その情報が飛んでいました。
 
「まつ毛美容液」の使用で目が腫れ、国民生活センターに相談が相次いでいるそうです。
 
今回は、その辺りについて、色々とお話したいと思います。
 
 
 

まつ毛美容液とは?

まつ毛美容液の危険性

まつ毛美容液とは、まつ毛につける美容液、化粧品のことです。
2014年ごろから、ポツポツと商品が出てきたなといった感じでした。
化粧品の展示会でも、最近では、取り扱うメーカーさんも増えてきていました。
いわゆる、まつ毛美容液ブームです。
 
どこが始めたかはわかりませんが、飽和状態にある化粧品市場
その次のターゲットにと、まつ毛を選んだところがあったのでしょう。
それが意外と受けた!
ということもあり、他の会社さんも、色々と商品を出し、ちょっとしたブームとなった。
そんなところでしょうか。
 
 
 

まつ毛美容液の特徴

まつ毛美容液は、マスカラのような容器とブラシで構成され、まつ毛の生え際などに塗る化粧品です。
まつ毛のツヤ、ハリコシ、潤い、そんなところを、効能として謳っている商品が多数です。
上記は、まだかわいい方です。
中には、まつ毛の育毛や、発毛を謳うものまでありました。
 
ところが、薬機法では、まつ毛に関する上記の文言を謳って良いとは、認められていないのです。
また、薬機法で認められていませんので、当然、医薬部外品のまつ毛美容液は存在しません。
 
にも関わらず、育毛、発毛・・・。
この文言、完全に医薬部外品の効能効果では・・・?
薬機法違反じゃないのかなー?
と思っています。
 
余談ですが、
化粧品は、謳い方や中身に関する申請は行いません。名前だけ申請すれば、販売可能なのです。
一方、医薬部外品は、国の承認なしに、販売できません。
化粧品も承認制にすれば、こんなことには、ならなかったかもしれませんが、全て承認制にすると、国がパンク、新しい化粧品の出る数も激減するでしょう・・・。
化粧品は、メーカー基準、判断によるところが大きいのです。
 
 
 

まつ毛美容液による被害状況

まつ毛美容機の被害

ここに載せるのは、あくまで一例です。
  • 角膜潰瘍を起こし、手術
  • 目の充血
  • まぶたの腫れ
  • 目のかゆみやまつ毛の脱毛
 
被害状況はかなりひどいですね。
何人使用して、何人に被害が出たか?
正確な数字は不明ですが、被害状況を見ると、問題であることは一目瞭然でしょう。
 
まつ毛美容液を取り扱っているのは、主にインターネット関係が多いようです。
インターネット関連を取り締まるのは、大変なので、なかなか改善が進まず、おかしな商品がたくさん横行していたのでしょう。
 
 
 

原因は?

あひるの考えですが、
  • 配合成分
  • 目の周りの皮膚構造
 
この2つが大きく関係していると思います。
 
まつ毛美容液の全成分を見てみると、
エタノールや、植物系のエキスが多数配合されています。
 
エタノールは、上手に使えば、使用感を改善したり、清涼感を与えたりと、化粧品には、ある程度必要な成分です。
一方で、肌の弱い方などは、刺激になったりと注意しなければいけない成分でもあります。
 
おそらく、育毛や発毛などを謳うまつ毛美容液は、頭皮用を参考に商品が作られたのだと思います。
頭皮用の育毛剤などは、エタノールが高配合ですが、これはあくまで頭皮用。
皮膚の薄い目の周りに、同じような中身で、使用して良いわけがないのです。
 
目の周りは、皮膚が薄く、経皮吸収効率が高くなる傾向にあります。
当然、アレルギーも注意が必要です。
そんなところに、エタノールや、育毛、発毛を促進させるような成分が塗られるとどうなるか?
炎症が起こるに決まっています。
まつ毛用と謳われていても、その実、頭皮用の中身をもってきただけ、なんて商品もあるのでしょう。
 
まつ毛だけに、ピンポイントで使用できるのであれば、被害が出ることはなかったかもしれませんが、そんなの無理な話です。
垂れたり、流れたりして、目に入る危険は、十分に考えられるのではないでしょうか。
見通しが甘かったのだと、言わざるを得ないでしょう。
 
 
 

最後に

いかがでしょうか。
まつ毛美容液が危険、ということが理解してもらえたと思います。
もちろん、まつ毛美容液の全てを否定しているわけではありません。
危ないものがあるよ!というお話です。
 
今回のポイント!
  • まつ毛美容液は、危険なものもある
  • 全成分をみて、エタノールや、〇〇エキスといった、植物系が多い場合は注意が必要
  • 使用してみて、違和感を感じたら、すぐに眼科へ
 
参考にしてもらえれば、幸いです。
 
スポンサーリンク