あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【やっぱり危険よ?】食べ物を肌に塗ること

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
 
どうも、あひるです。
今回は、食品を肌に塗る危険性について、書いてみようと思います。
 
 
 

結論

  • 食べ物は食べ物です。肌に塗るのは危険!
  • 食べ物は、消化という過程を経るが、皮膚にその機能はない。
  • テレビとかでよく放送されたりするが、危険でしかないので、気をつけて!
  • ジェルネイルも危険だからね!
 
 
 

アレルギー発症の概念変化

以前にも記事にしました。
改めて、注意喚起を目的とし、書きます。
少しでも、アレルギーに苦しむ人が減ればと思います。
なにせ、年々経皮感作によるアレルギーを発症する人は、増えています。
その主な原因は、化粧品です。
残念ながら、化粧品なのです。
 
現代医学で、アレルギーとは?
皮膚から発症するもの
と捉えられています。
昔は、アレルギーになったら、その食べ物を食べないようにするのが、一般的でした。
しかし、ここ数年はそうではなく、その食べ物を少量ずつでも摂取し、治療していくことが、重要とされています。
もちろん、医者の指導の元、行う方法です。
 
 
 

なぜ、アレルギーとなるのか?

アレルギーとなる原因

簡単に言うと、
皮膚のバリア機能障害からの、アレルギー物質の侵入
です。
アトピー肌などの、肌が弱い方、皮膚のバリア機能が低下している方がアレルギーとなる可能性が、健常者に比べれば高いことは事実です。
 
肌になんら問題がない人でも、アレルギーになる可能性はあります。
その例が、茶のしずく石鹸です。
 
 
 

茶のしずく石鹸のアレルギー

茶のしずく石鹸を使用した人が、次々とアレルギーとなりました。
この問題は、今なお、継続中で、各地で裁判が行われています。
大体が和解に至っていますし、小麦アレルギーを発症した多数の方が、完治するまでになっています。
ですが、一部の方は、今でも小麦アレルギーに苦しんでおられます。
 
アレルギーの原因は、「加水分解コムギタンパク」です。
お肌が弱くない方も、アレルギー発症という結果になっています。
なぜでしょうか?
それは、毎日洗浄による暴露です。
どんなにお肌が強かろうと、毎日使用することで、アレルギー物質が侵入することがあります。
お肌が強いからと言って、油断や安易な考えは危険ですので、ご注意を。
 
また、茶のしずく石鹸を使用していながら、アレルギーにならなかった人もいます。
遺伝子的に、加水分解コムギタンパクに感作されない体質だったようです。
これは、不幸中の幸いでしょう。
茶のしずく石鹸を使用する前に、遺伝子的に問題ないかどうかなんて、絶対わからないですからね。
 
 
 

食べ物やそれに類するものを塗るのは、やはり危険!

食品をお肌に塗るのは、危険です!

先日、公演してくださった皮膚科の先生も言われていました。
食べ物と化粧品は別物です!
キウイパックや、ヨーグルトパック、はちみつを化粧品に入れる、などなど。
進んで自ら、アレルギーになりにいっているようなものです。
テレビなどでたまに放送されますよね?
食べ物をお肌に塗る、貼る、みたいなこと。
本当にやめた方がいいです。
というか、やめてください。
切実なお願いです。
その後の人生が狂いかねませんから。
 
また、手荒れによる皮膚バリア機能低下も侮れません。
料理などで食べ物を触る。
その手が荒れていて、アレルギー物質が侵入・・・。
なんてことも普通にあるそうです。
 
化粧品にも似たような側面があります。
食物成分や、食品添加物を配合しているような化粧品には、細心の注意を払う必要があると思います。
食べ物なので、イメージが良いかも知れませんが、
イメージが良い=肌に良い
では、決してありませんから。
 

番外編:ジェルネイルも危険だよ?

ネイルアートやジェルネイル、流行ってますよね。
女性なら大抵されたことがあるかもしれません。
爪のきれいに見せるための方法ですが、若干の危険があることも覚えておいてください。
ジェルネイルは、紫外線(UV)を照射して、固めますよね?
ある成分が、紫外線照射によって、固まる性質を利用しているのです。
ですが、この成分。
固まれば、皮膚に対して、何ら問題ない成分へと変化しますが、十分に固まらないと、皮膚に対して、炎症を引き起こす要因となりえます。
お店などで、ジェルネイルを行ってもらう分には、あまり問題ないかもしれませんが、自分で紫外線照射を行う場合、不十分な部分ができてしまう可能性があります。
そうなると、十分成分が固まらず、爪の周りの皮膚への影響が出てしまいます。
ジェルネイル(光照射で固まるようなネイル)をする際は、十分注意してくださいね。
 
 
 

最後に

いかがでしょうか。
食べ物を肌に塗る危険性について、書いてみました。
  • テレビでやっていたから。
  • 友人に勧められてから。
  • SNSでやっているのを見たから。
やってみたい気持ちはわかりますが、危険ですので、おやめください。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
スポンサーリンク