あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【クレンジングの選び方】肌を優しく洗い上げるには?〜クレンジングの種類と特徴〜

スポンサーリンク

宜しければ、読者登録、お願いしますm(_ _)m
 
 
どうも、あひるです。
皆さん、クレンジングの選び方、間違ってないでしょうか。
クレンジング選びは、とても重要です。
クレンジングを間違えてしまうと、思わぬ肌トラブルを引き起こします。
なぜなら、きちんと洗浄できていない=汚れたお肌
つまり、余計な肌トラブルの温床になるからです。
クレンジングを選ぶ際は、是非当記事を参考に選んでもらえれば幸いです。
 
クレンジングの種類、とても重要です!
ご自身に合った、クレンジングを是非、見つけてください。
 
 
 
 
クレンジング選びのポイント!
  • メイクの種類に応じて、クレンジングを変える必要がある
  • クレンジング力の強さは、オイル>クリーム>ミルク>ジェル、リキッド
  • 炭化水素油が主成分の場合、クレンジング力は強くなり、お肌に必要な成分も落としてしまう可能性あり
  • 植物油脂が主成分の場合、お肌に必要な成分はあまり落とさず、クレンジングが可能
 
 

クレンジングの種類

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190717213605j:plain

クレンジングに種類があるの?
なんて言われる方は少ないかと思います。
 
クレンジング=メイク落としですが、
その種類は色々ありますよね?
例えば、
  • クレンジングジェル
  • クレンジングリキッド
  • クレンジングオイル
  • クレンジングクリーム
などなど、拭き取りシートのタイプ(ほぼ、リキッドタイプと同等です)まであり、様々です。最近では、クレンジングバームと呼ばれる商品も出てきていますね。
 
それらの種類によって、特徴が異なることをご存知でしょうか?
特徴を知り、自分に合った種類のクレンジングを選ぶことが、美肌へと繋がりますので、皆さん、是非、覚えていってください。
 
クレンジングジェル(リキッド)
水系成分がほぼ主成分で、界面活性剤によって、メイクなどの油汚れを落とすことになります。
クレンジング力は、低めの商品が多いです。クレンジング力を界面活性剤に頼りきっていますから、界面活性剤の配合量は、必然的に多くなる傾向です。
つまり、お肌への負担もそれなりにあるものとして、考えなければいけません。
クレンジングジェルの全ての商品が悪いわけではありませんことをご理解ください。
 
クレンジングジェル(リキッド)
  • ナチュラルメイク向け(がっつりメイクはかなり厳しい)
  • 肌が弱い方は、不向きかも(活性剤が多く配合されがちなので)

   ※全ての商品ではありません

クレンジングジェルについては、いくつか書かせてもらっています。読んでもらえれば、幸いです。

【意味あるの?】ホットクレンジングジェル(マナラ) 使用感と成分分析

【スキンビル】ホットクレンジングジェル 使用感と成分分析

デュアルフェイス】2way リムーバル ウォッシングジェル 使用感と成分分析

 
クレンジングオイル
名前の通り、オイル状のクレンジングです。この手のタイプは、オイルが主成分です。あまり水系の成分は配合されていません。微量で配合されていたりもします。昨今人気のある、クレンジングバームは、クレンジングオイルのタイプに分類されます。
単一、一つのオイル成分で構成されている商品よりは、複数のオイル成分が配合されている商品の方が、クレンジング力は単純に高くなります。メイクって、いろんな種類のオイルが入っていますよね?いろんな種類のオイルにまんべんなく対応できる、溶解させるオイルってそんなに多くないんですよ。ですので、複数のオイルを組み合わせたクレンジングを選ぶことが重要なファクターであったりもします。まぁ、だいたい複数配合されてますけどね。
 
また一言で、クレンジングオイルといっても、オイルの種類により、細かに分類されます。
 
植物オイル系クレンジングオイル
植物オイルは、オリーブ果実油、マカデミア種子油、ホホバ種子油、などがありますね。厳密に言えば、ホホバは、植物オイルではないですけど。詳しくは「【化粧品の基礎知識】ホホバオイルの特徴と役割」という記事で書いています。

 

植物オイル系クレンジングは、お肌にも優しく、クレンジング力もあります。お肌に必要なオイル成分(保湿成分)を落としきることはあまりありません。ただ一つ、デメリットを挙げるとするならば、単価が高いこと。植物オイルですから、価格が高くなってしまいがちなんです。植物オイルについては、「【化粧品の基礎知識】植物性オイルと脂肪酸、特徴と役割」記事で書いています。
 
エステル油系クレンジングオイル
エステル油と呼ばれるオイルの種類があります。例えば、エチルヘキサン酸セチル、イソノナン酸イソノニル、ミリスチン酸オクチルドデシル、トリ(カプリン酸/カプリル酸)グリセリルが、該当します。
クレンジング力は、申し分ないです。エステル油自体が、クレンジング力、メイク系油分と仲良しだったりするので、基本的にメイク落ちは良好です。お肌に必要な油分流出の懸念があるにはあります。ただ、植物オイル系クレンジングに比べ、価格が抑えられているので、クレンジング、洗顔後のケアをしっかりすれば、特に問題はないかと思います。エステル油って割とお安いんですよね。

エステル油系クレンジングについては、いくつか書かせてもらっています。化粧品選びの参考になれば、幸いです。読んでもらえればと思います。

【THREE】バランシング クレンジングオイルR 使用感と成分分析

【ファンケル】マイルドクレンジングオイル 使用感と成分分析

【DUO】ザ クレンジングバーム 使用感と成分分析

【THREE】エミング クレンジングバーム 使用感と成分分析

 

 

鉱物油系クレンジングオイル
鉱物油は、ミネラルオイル、ワセリン、などが該当します。ワセリンはペースト状なので、ミネラルオイルが主に使用されます。
クレンジング力は、ピカイチ!当然、その分、お肌に必要な成分もごっそり落とします!
そして、圧倒的にお安いです!私は、あまりオススメしません。油を溶かす力、油と馴染む力が強すぎるんです。まぁ、ガッツリの濃いメイクをこれでもか!ってされている方や、今のクレンジングじゃ落ちないって方は、鉱物油系クレンジングで落とすのも良いでしょう。メイクが残っている方が問題ですからね。
鉱物油、炭化水素については、「【化粧品の基礎知識】炭化水素油、鉱物油の特徴と役割」という記事で書いています。良くわからない方は、読んでみてください。
 
クレンジングオイル
  • クレンジングは申し分なし(がっつりメイクもOK)
  • 主成分のオイルによっては、注意が必要
 
クレンジングミルク
乳液タイプのクレンジング。主成分は水系成分で、オイル成分を乳化したものとなります。
あくまでも、主成分は水系成分ですので、クレンジングジェル同様、クレンジング力は弱め。
ただ、オイル成分も配合されていますので、クレンジングジェルよりは、良いメイク落としです。また、界面活性剤だけで、メイクを落とすわけではありませんので、お肌への刺激も少ないものとなります。
 
クレンジングミルク
  • ナチュラルメイク向け(がっつりメイクは不向きかも?)
  • お肌が弱い方でも使いやすい

クレンジングミルクについては、下記で記事にしています。化粧品選びの参考になれば、幸いです。

【Arouge(アルージェ)】モイスト クレンジングミルクジェル 使用感と成分分析

 

クレンジングクリーム
ミルク系とほぼ同じ感じと思われている方も多いかと思います。でも、クレンジングオイル系と似た中身、処方になります。クレンジングオイルオイルに、水が添加された商品って感じ。
メイク落ちも良好です。クレンジングオイル同様、オイルの種類に応じた注意が必要な商品です。植物オイル系か、エステル油系が、お肌にとっては無難なところかと思います。
余談ですが、クレンジングクリームって、作るの難しいんですよね。
上手に作られているメーカーさんなんかの技術力は、高いと思ってもらって良いと思います。
 
クレンジングクリーム
  • クレンジングは申し分なし(がっつりメイクもOK)
  • 主成分のオイルによっては、注意が必要
 
 
 

クレンジング力の強さ

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190717213601j:plain

クレンジングの種類について、お話しました。
ここまでのお話がわかれば、クレンジング力の強さは、既におわかりですよね?
 
オイル、クリーム>ミルク>ジェル、リキッド
 
クレンジングオイル、クリームは、様々なメイクとの相性が良いので、オススメです。
しかしながら、
オイル感が苦手
という人もおられますから、ミルクタイプ、
オイルフリーが良いのであれば、ジェルかリキッドを使用するのが良いでしょう。
まつげエクステをされている方は、接着剤がオイルに弱かったりしますので、注意が必要ですね。事前に確認された方が良いですね。場合によっては、ジェルやリキッドの、オイルフリータイプを選びましょう。
ナチュラルメイクの方も、ジェルやリキッドでも十分かもしれません。
また、昨今素晴らしい活性剤が色々と出てきています。クレンジング力に長けた活性剤は、いくつも出てきています。そういったものを使用すれば、リキッドでも素晴らしくメイク落ちの良いものもはできてしまうんですよね。昨今のクレンジングは侮れないです。上記で説明したのは、あくまで一般的なメイク落ちの強さです。ご自身が使用されているクレンジングが、必ずしも当てはまるとは限りませんので、ご注意を。
界面活性剤については、「【化粧品の基礎知識】界面活性剤の種類、特徴と役割」という記事で書いています。
大事なのは、メイクの種類に応じて、クレンジングを変えることです。
がっつり濃いメイクをしていないのに、クレンジング力の優れた商品を選ぶ必要はないですからね。
 
 
 

最後に

クレンジングの種類について、簡単にお話させていただきました。
何度も言いますが、大事なのは、
ご自身がどんなメイクをされるのか?
です。
普段ガッツリメイクをしないにも関わらず、クレンジングオイル、それも炭化水素油系を使用していれば、それはよろしくないですね。
メイクに対して、クレンジングのスペックが高すぎるので、肌への負担は避けられません。
ガッツリメイクには、ガッツリメイクの、
ナチュラルメイクには、ナチュラルメイクの、
それぞれにあった、クレンジングを選ぶことが、大変重要です。
そして、クレンジングを疎かにすると、いくらスキンケアで頑張っても、美肌にはなれないと思います。
落とす汚れはきちんと落とし、残すものは残さないといけませんからね。
「美肌への道も、クレンジングから」
です。
知らず知らずのうちに、お肌に負担をかけていないでしょうか?
若いうちは良くても、年齢とともに、ツケはまわってきます。
そうならないように、日頃から、ケアに気をつけましょう!
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
 
 
 
ホームへ戻る