あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【は行】成分

 

化粧品の成分用語辞典【は行】です。

成分用語辞典のトップに戻りたい方は、下記を押してください。

化粧品成分辞典トップ

 
 

 

ハイドロキノン

美白剤の一つ。

主にチロシナーゼ阻害による色素沈着抑制作用がある。

ハイドロキノンは、安定性が悪く、使いづらい。

その上、刺激の懸念がある。

あまり多く配合された化粧品は使用しないほうが良い。

刺激もあるが、白斑の恐れがあるから。

 

ハトムギ種子エキス
部外品名称:ヨクイニンエキス
角層水分量アップによる保湿作用、抗炎症作用、汗臭軽減、色素沈着抑制作用がある。
パラフィン
ミネラルオイルと同様、石油由来成分。固形のワックスタイプ。あまりスキンケアに使用されることはない。昨今の天然、オーガニック事情から、敬遠されている。
が、口紅やリップなどには、未だに使用される成分でもある。 
 
パルミチン酸エチルヘキシル
液状オイルのエステル油。幅広く使用されている。原料単価がお安く、クレンジングなどで多様される。
 
パルミチン酸レチノール
レチノールにパルミチン酸を付加させて安定化させたビタミンA誘導体。レチノールなので、抗シワ作用が期待できる。
 
パンテノール
ビタミンB誘導体で、新陳代謝(ターンオーバー)を活性化する役割がある。
 

 
ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解シルク
カチオン化された加水分解シルク。ダメージ毛に吸着しやすく、損傷修復に一役買う。
 
ピロクトンオラミン
殺菌成分。十分な安全性が確認されている、フケ、かゆみに有効な成分。防腐剤としても使用可能。
 

 

フェノキシエタノール
防腐剤。昨今よく使用される成分。パラベンの代替え成分。
 
 

 
べヘニルアルコール
ナタネ油から得られる高級アルコール。乳化安定性向上や、粘度付与に一役買う。クリームやトリートメント、コンディショナーなどに用いられる。
 
ベヘントリモニウムクロリド
第4級カチオン界面活性剤の一種。トリートメントやコンディショナーなどに配合される成分で、毛髪に吸着し、コンディショニング効果が出る。
 
ペンチレングリコール
多価アルコールの一種。石油由来、植物由来がある。
BGやプロパンジオールより、抗菌性がある。あまり多く配合されると、刺激になる可能性がある。

【化粧品の基礎知識】多価アルコールの特徴と役割

【化粧品の基礎知識】多価アルコールと抗菌作用

 
変性アルコール
アルコール(エタノール)に、苦味や匂い成分を追加し、飲用できなくしたアルコール。昔は、エタノールをそのまま使用すると、飲用アルコールと同じ扱いとなり、酒税がかかり、製品コストが上がるという状況だった。それを解消するために、変性アルコールにし、製品コストを下げるよう工夫がされていた。今現在では、酒税のかからないアルコール(エタノール)があり、変性アルコールの使用頻度は劇的に下がっている。日本製商品で、変性アルコールが配合されているのは、稀である。
 
 

 
ホホバ種子油
ホホバの種子から得られる液状のオイル。
よく植物油、植物油脂とされるが、厳密には間違い。
正しくは、植物ロウ。油脂とは根本的に構造が異なる。

【化粧品の基礎知識】ホホバオイルの特徴と役割

 

ポリクオタニウム-7

カチオン性ポリマーの一種。コンディショニング成分。

 

ポリクオタニウム-10

カチオン性ポリマーの一種。コンディショニング成分。カチオン性ポリマーの中では、最も凡庸されている成分。

 

ポリクオタニウム-33

 

 

ポリクオタニウム-47

カチオン性ポリマーの一種。コンディショニング成分。

ヘアカラーの退色防止作用を有するポリマーでもある。

 

ポリクオタニウム-64

 
 
 
 
ホームへ戻る