あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【化粧品の基礎知識】ホホバオイルの特徴と役割

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
 
どうも、あひるです。
 
前回、植物オイルと脂肪酸について書きましたが、
ホホバオイルの説明を省いていたので、今回説明しようと思います。
 
 

ホホバオイルは植物オイル?

ホホバオイルの特徴

ホホバオイル(表示名称:ホホバ種子油)は、植物オイルと思われている方も多いのではないでしょうか?
表示名称の名前からも、植物オイルって感じですよね。
 
でも、違うんです。
植物性ロウ(ワックスエステル)です。
ロウというと、ろうそくの硬い油って感じがしますが、ロウでも液体のロウもあるんです。
脂肪酸と同じですね。
  • 常温で個体の、飽和脂肪酸。
  • 常温で液体の、不飽和脂肪酸。
ロウも同じなんですね。
 
 
 

ワックスエステルってなに?

ワックスエステルとは?

植物オイルと、植物ワックスエステル、何がどう違うのでしょうか?
  • 植物オイルとは、
   脂肪酸+グリセリンでできた成分が主成分です。
  • 植物ワックスエステルは、
   高級脂肪酸+高級アルコールでできた成分が主成分です。
 
高級脂肪酸とは、炭素(C)の数が12個以上の脂肪酸のことです。
ラウリン酸より炭素数の多い脂肪酸ってことですね。
高級アルコールは、炭素数6個以上のアルコールのことでしたよね。
高級アルコールについては、こちら。
つまり、構造そのものが異なるということです。
 
オイル(油脂)
  • 不飽和脂肪酸の数によって、安定性が悪くなる
  • 不飽和脂肪酸の数によって、匂いがきつくなったりする
 
ワックスエステル
  • 不飽和脂肪酸を多く含むと、固まらない液体となる(ホホバ種子油)
  • 一般的には、柔らかめのロウ(キャンデリラロウなど)
  • 長期間酸化することはなく、熱にも、化学的にも安定
  • ワックスエステルは、消化できないので、食べないように(笑)
 
 
 

ホホバ種子油の安定性が高い理由

不飽和脂肪酸を多く含みながら、ホホバ種子油が熱にも酸化にも強い理由は、上記で説明したワックスエステルのおかげです。
この他に、トコフェロール(天然ビタミンE)を含んでいるのも、安定性を高めている理由ではあります。
このワックスエステルは、他の植物オイルにはないので、ホホバ種子油独特のものです。
植物以外なら、マッコウ鯨油(液体)、ラノリン(個体)、ミツロウ(個体)、などがワックスエステルに該当します。
 
 
 

最後に

いかがでしょうか。
ホホバ種子油の強みについて、説明しました。
熱安定性や酸化安定性の弱いオイルでも、ホホバ種子油と混合して使用することで、安定性を高めることも可能です。
また、人の皮脂成分の一つであるワックスエステルと非常に近い構造を持っているますので、人の肌との親和性も良いのです。
人の脂肪酸組成と近い、マカデミアナッツ油(表示名称:マカデミア種子油)
人のワックスエステルと近い、ホホバ種子油。
この2つを組み合わせて使用すれば、より良いお肌への扉が開けるかもしれませんね。
是非、探してみてください。
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
スポンサーリンク
 
 
 
ホームへ戻る