あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【化粧品の基礎知識】アニオン性界面活性剤 特徴と役割

スポンサーリンク

宜しければ、読者登録、お願いしますm(_ _)m
 

 

どうも、あひるです。

以前書いた、カチオン界面活性剤の記事。

【化粧品の基礎知識】カチオン界面活性剤 特徴と役割

今度は、カチオンの逆、アニオン界面活性剤について、書いてみようと思います。

 

 

 

アニオン性界面活性剤のポイント!
  • カチオン活性剤に比べれば、低刺激
  • 同じアニオン活性剤でも、洗浄力や刺激性は異なる
  • 活性剤の種類を正しく理解し、化粧品選びに活かそう!

 

 

アニオン界面活性剤とは?

アニオン界面活性剤とは、水に溶かした際に、マイナス(ー)に帯電する界面活性剤のことを言います。

簡単な図にすると、下記のような感じになります。

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20200104133815p:plain

アニオン界面活性剤のイメージ図

カチオンとは逆ということにですね。

ですが、カチオンほど刺激はないです。

カチオン活性剤>>アニオン活性剤

こんな感じでしょうか。

主な役割は、

  • 洗浄
  • 乳化

どちらかと言うと、洗浄系に配合されることの方が圧倒的に多いです。

シャンプー、洗顔、ボディソープには、必ずといっていいほど配合されています。

カチオン活性剤同様、構造によって、いくつか種類があります。

当然ですが、泡立ちや刺激性も異なってきます。

 

 

 

 

アニオン界面活性剤の種類

アニオン界面活性剤の種類

硫酸系

洗浄力がすこぶる高い部類です。

基本構造は、こちら。

 

よくサルフェートフリーって聞きませんか?

サルフェートって「硫酸」って意味なんですよね。

つまり、硫酸系界面活性剤がフリーって事になります。

一般消費者から嫌われている成分です。

 

硫酸系活性剤の主な成分と見分け方
  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス硫酸アンモニウム
  • オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

見た通り、〇〇硫酸△△、〇〇スルホン酸△△、と書かれてあります。

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naは、最近あまり見ないですね。

洗浄力が高すぎるので、嫌われてます。

各社、配合しないように努めていますね。もちろん、配合してる会社さんもありますけどね。

オレフィン〜は、〇〇硫酸に代わって登場した成分です。

〇〇硫酸と同様、高い洗浄力、気泡力を持っています。

また、〇〇硫酸と異なり、泡切れが早く、すすぎ性が良好です。

 

カルボン酸系(石鹸系など)

ヤシ油やパーム油などから得られた成分を用いて作られる成分。低温では洗浄力が低下し、イオンと反応して、石鹸カス(金属石鹸)を生じる側面がある。

洗浄力や泡立ちは豊かであり、割と低刺激性。アミノ酸系よりは刺激はあるが、硫酸系よりは低めと言った感じです。

 

カルボン酸系活性剤の主な成分と見分け方
  • ヤシ油脂肪酸TEA
  • ミリスチン酸K
  • ラウレス-6カルボン酸Na(旧名:ラウレス-6酢酸Na)

 上述したように、ヤシ油〇〇や、パーム〇〇は、カルボン酸系に属します。

また、石鹸でお馴染みの脂肪酸塩(ミリスチン酸Kやラウリン酸Naなど)もカルボン酸系です。

当然、表示名称末尾に、カルボン酸や酢酸と付けば、カルボン酸系になります。

例外はあるのですが・・・。

例えば、ココアンホ酢酸Naとかは、アニオン界面活性剤ではなく、両性界面活性剤ですからね。ややこしいですが、覚えておいてください。

 

アミノ酸系

今現在、洗浄系商品の主成分を担っている成分です。ほぼアミノ酸系が主流ですね。

低刺激系の洗浄剤であり、泡立ちもそこそこ良い。

刺激を嫌う昨今の市場をうまく反映した洗浄成分です。

 

アミノ酸系活性剤の主な成分と見分け方
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルグルタミン酸K

ご覧のとおり、アミノ酸系は、アラニン、グルタミン酸などのアミノ酸がくっついています。その他、アスパラギン酸やタウリンなどもあります。

成分がアミノ酸系かどうかわからないってときは、

化粧品の成分辞典

上記のページで調べてみてください。

 

 

 

最後に

アニオン界面活性剤について、解説してみました。

あまり事細かく分類はせず、ざっくり分類しています。

ざっくりで良いので、理解してもらえれば、これからの化粧品選びが楽しく成るかもしれません。

肌が弱い方は、硫酸系が主成分の洗浄系コスメは、使用を控える方が無難です。強すぎる洗浄作用は、皮膚への刺激になりかねませんからね。 

 

他にも、化粧品の基礎知識に関して、書かせてもらっています。是非読んでみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 
ホームへ戻る