あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【ナチュラルサイエンス】ママ&キッズ オリゴモイストシャンプー 使用感と成分分析

スポンサーリンク

 

どうも、化粧品開発者のあひるです。

久しぶりの投稿です。最近忙しすぎて、あまり手をつけれていないのが現状。リライトとかは、スキマ時間に頑張ってはいるんですけどね。

今回は、私が好きな会社さん、「ナチュラルサイエンス」の商品について、解説してみようと思います。

 

 

 

オリゴモイストシャンプーのポイント!
  • 保湿成分高配合の低刺激系シャンプー
  • フケ、かゆみを防ぐ成分配合シャンプー

 

 

ママ&キッズとは?

皮膚科専門医の協力を得て、デリケートな肌のために開発されたスキンケアシリーズです。

その名の通り、ママさんと子供向けに開発された商品が主になっています。

皮膚科専門医の協力っていう点では、アクセーヌと似通っていますね。

アクセーヌに関しては、「【アクセーヌ】モイストバランスローション 使用感と成分分析」と、「【アクセーヌ】モイストバランスジェル 使用感と成分分析」という記事を書いています。良ければ読んでみてください。

 

 

 

ママ&キッズ オリゴモイストシャンプー 使用感と成分分析

ママ&キッズ オリゴモイストシャンプー

引用元:https://www.natural-s.jp/shop/g/g6205/

 

ママ&キッズ オリゴモイストシャンプーの使用感

濃い茶色の透明シャンプーです。あまり粘度がなく、シャバシャバです。垂れやすい感じですね。

泡立ちは良好、毛髪が絡まる、きしむ、なんてことはないです。色んなシャンプーを使用していますが、洗髪時の差はあまりないんですよね。よっぽどひどければ別なのですが(笑)

洗い流し時も、特にきしみなどはなく、良いシャンプーと言えるのではないでしょうか。

ママ&キッズ オリゴモイストシャンプー 泡立ち

 

ママ&キッズ オリゴモイストシャンプーの成分分析 
オリゴモイストシャンプーの全成分

水、グリセリン、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドメチルMEA、ラウロイル加水分解シルクNa、ベタイン、塩化Na、黒砂糖、BG、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、アルガニアスピノサ核油、ヒマワリ種子エキス、加水分解シルク、PCA-Na、環状オリゴ糖、黒砂糖エキス、糖蜜エキス、リゾレシチン、オリーブ果実油、ソルビトール、セイヨウハッカ葉エキス、チョウジエキス、ウイキョウ果実エキス、ロイシン、グリシン、アラニン、プロリン、セリン、トレオニン、アルギニン、リシン、グルタミン酸、オレンジ油、ラベンダー油、ポリクオタニウム-10、クオタにウム-51、ポリクオタニウム-61、ココイルアルギニンエチルPCA、ピロクトンオラミン、カラメル、ダマスクバラ花油、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、オクチルドデカノール、水添ココグリセリル、フェノキシエタノール

シャンプー系において、グリセリンが二番目にくるのは、珍しいですね。グリセリンが多いことで、洗髪後のしっとり感や泡立ちがよくなってはきます。

洗浄の主成分は、下記の成分になります。

ココイルメチルタウリンNa、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイル加水分解シルクNaは、アニオン性界面活性剤。

コカミドプロピルベタインは、両性界面活性剤。

コカミドDEA、コカミドメチルMEAは、ノニオン界面活性剤。

アミノ酸系活性剤と両性界面活性剤によるシャンプーと言えますね。

界面活性剤の分類については、「【化粧品の基礎知識】界面活性剤の種類、特徴と役割」という記事で、

アニオン性界面活性剤については、「【化粧品の基礎知識】アニオン性界面活性剤 特徴と役割」という記事で書かせてもらっています。

ベタインは、保湿剤、塩化Naは、粘度調整剤かと思います。

黒砂糖も保湿成分です。

グリコシルトレハロース加水分解水添デンプンも保湿剤です。

おそらくここまでが1%を超える成分かなと思います。

おわかりになるように、保湿成分がかなり多めです。ここまで多く配合されたシャンプーは、なかなかないかなと思います。

天然保湿因子でもあるアミノ酸、植物油、植物エキスが配合されています。

特筆すべきは、ココイルアルギニンエチルPCA、ピロクトンオラミンでしょうか。

ココイルアルギニンエチルPCAは、アミノ酸系の保湿成分で、安全性の高い成分です。

実はカチオン界面活性剤で、コンディショニング作用を持つ成分でもあります。カチオンですが、かなり低刺激の部類に入ります。

また、ピロクトンオラミンは、殺菌成分で、フケやかゆみを防ぐ役割を担う成分です。

子供って、フケが結構出ますからね。適した成分かと思います。

トータル的には、良い成分で構成されたシャンプーではないでしょうか。

 

 

 

どんな人にオススメ?

  • 低刺激系シャンプーをお探しの方
  • フケやかゆみが気になりだした方
  • 保湿成分多めのシャンプーをお探しの方

毛髪を補修するといった成分はないので、補修を目的にするなら、別のシャンプーを検討された方が良いですね。

他にも解析記事を書いていますので、読んでみてください。

 

 

 

最後に

ナチュラルサイエンスさんが出されている、オリゴモイストシャンプーについて解説してみました。

子供向けとしては良い商品かなと思います。ちょっと高いんですけどね(笑)

同じブランドのオリゴトリートメントミルクについては、「【ナチュラルサイエンス】ママ&キッズ オリゴトリートメントミルク 使用感と成分分析」という記事で書いています。

他にもシャンプーに関する記事を書いています。良ければ、読んでみてください。

【知らなきゃ損!】凛恋 シャンプー&トリートメント

【オーガニックヘアケア】ザ パブリック オーガニック「スーパーリフレッシュ」 使用感と成分分析

【やっぱり良かった!】ザ パブリックオーガニック スーパーポジティブ 使用感と成分分析

【騙されないでね】and and シャンプー&トリートメント 成分分析

【HairRepro】薬用スカルプシャンプー(Oily)&薬用スカルプキープ 使用感と成分分析

【エイトザタラソ】クレンジングリペア&モイスト美容液シャンプー 使用感と成分分析

【アミノメイソン】スムース シャンプー 使用感と成分分析

 

また、乳幼児、子供向け用コスメについても色々書かせてもらっています。

読んでもらえれば、幸いです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

 

 

 

ホームへ戻る