あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【ASTALIFT】ジェリー アクアリスタ 使用感と成分分析

スポンサーリンク

宜しければ、読者登録、お願いしますm(_ _)m

 

 

どうも、あひるです。

前回に引き続き、アスタリフトについて、書いていこうと思います。

その前に、読者様から、ご連絡を頂きましたので、ここに書かせてもらいます。お問い合わせフォームの連絡先とか、必須にしていなかったので、返事する術がないんですよね(笑)

連絡先、メールアドレスも個人情報ですから、まぁ、いっか!と必須にはせず、連絡する術がない羽目になるとは、全く考えておりませんでした(笑)まぁ、いいんですけどね。ご意見、ご感想、ご要望をいただけるだけでありがたいと感じておりますので。

さて、読者様からご連絡いただいた件ですが、検討させていただきます。と言うより、作ろうと思っていました。が、なかなか手が回らず・・・orz

ここ最近忙しく、バタバタでしたので。記事更新は、3日に一度を守ってはいたものの、リライトとか、その他諸々は手つかずです。また時間に余裕ができたら、ランキングページを更新(肌別、オーガニック&ナチュラルコスメ、etc.)などを追加していこうと思っています。

剤形別ランキングページ

少し時間がかかると思いますが、また、訪問していただければ幸いです。

 

ではでは、アスタリフトの先行美容液について、書いていきます。

 

 

 

 

 

ジェリー アクアリスタのポイント!
  • アスタキサンチン ✕ ヒト型セラミドによるナノコスメ(先行美容液)
  • 形状記憶ゲルという珍しい剤形
  • 保湿感もありつつ、化粧水の浸透を高めてくれる化粧品

 

 

ASTALIFTとは?

前回もご説明しましたが、アスタリフトは、富士フィルムによる化粧品ブランドです。

昨年、「アスタリフト メン」なる、男性用アスタリフトブランドも立ち上げ、販売もしています。まぁ、男性だからと言って、普通のアスタリフトを使ってはダメ!!なんてことはないので、お気になさらず。男性だとしても、普通のアスタリフトの使用、全然OKです。逆に、女性でも、アスタリフト メンを使用しても全然構いません。お肌に合えば、どんどん使ってください。男性だからとから、女性だからとか、気にするのは、若干古い考えです。

男性だろうと、お化粧してもらっても全然構わないと思っていますし、した方が、見た目は良くなりますからね。

アスタリフトと言えば、赤!そして、アスタキサンチンですね。

富士フィルムのナノテクノロジーで、アスタキサンチンをナノ化。それを全商品に配合し、訴求成分をしっかり浸透させ、様々な肌悩みにアプローチしていくブランドです。

アスタリフトの中でも、商品は多岐に渡り、ご自身の悩みに応じて、商品を選べるようになっています。今となっては、どこでもされていることですが。

アスタリフトは、一応、エイジングケアブランドという位置づけにはなります。とは言え、30、40を超えた女性だけが使用するというわけではなく、エイジングケアは早めに始めるに越したことはありません。早めに始めておくほうが、むしろ無難です。遅くに始めると、手遅れ・・・なんて場合もありますからね。

また、環境に配慮したリフィルタイプも用意し、肌のみならず、地球に対しても、優しさをもウリにしています。

 

 

 

ASTALIFT ジェリー アクアリスタ 使用感と成分分析

アスタリフト ジェリー アクアリスタ

引用元:https://ls-jp.fujifilm.com/astaliftbrand/jellyaquarysta/

 

ASTALIFT ジェリー アクアリスタの使用感

赤い赤いジェルですね。「きれい」という一言が似合います。赤いジェルですが、肌に赤色はつかないので、ご安心を(笑)

独特な形状をしているジェルです。形状記憶ジェルと呼ばれるジェルです。形状記憶ジェルなので、塗り拡げは、一般的なジェルと違うので、ちょっと戸惑うかもしれません。ジェルが崩れにくいので、ちょっと塗り拡げにくい感じはありますね。慣れれば問題ないかと思いますけど。

塗り拡げる際は、ぬるつきがある感触です。そのまま塗り拡げていくと、スーッと馴染み、ぬるつき、べたつきはなくなります。意外と保湿感はありますね。

先行美容液、つまり、導入美容液と同じカテゴリーになるかと思いますが、導入美容液の中でも、保湿力は高め、しっとりしているジェルです。

匂いは、ローズ系の良い香りです。

下記画像のように、グチャグチャにしても、勝手に元に戻ります。戻っていく過程も面白いので、初めての人は見るの楽しいかもですね。

アスタリフト ジェリーアクアリスタ 形状記憶①
アスタリフト ジェリーアクアリスタ 形状記憶②
アスタリフト ジェリーアクアリスタ 使用感
アスタリフト ジェリーアクアリスタ 塗り伸ばし

 

ASTALIFT ジェリー アクアリスタの成分分析
ジェリー アクアリスタの全成分

水、グリセリン、ベタイン、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、BG、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、アセンヤクエキス、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヘマトコッカスプルビアリス油、トマト果実エキス、アセチルヒドロキシプロリン、加水分解シロバナルーピンタンパク、トコフェロール、コレステロール、エチルヘキシルグリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、オレイン酸ポリグリセリル-10、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ミリスチン酸オクチルドデシル、ステアリン酸スクロース、レシチン、ダマスクバラ花油、ラウリルカルバミン酸イヌリン、オレイン酸、エタノール、香料、ブチルカルバミン酸ヨウ化プロピニル、フェノキシエタノール、メチルパラベン

グリセリンBGは、多価アルコールで保湿成分。

ベタインは、アミノ酸の保湿成分です。

(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマーは、ジェリーアクアリスタの要の成分です。ジェリーアクアリスタの形状記憶の性能は、この成分によるものです。

ジェルを形成する成分は、色々あると思いますが、形状記憶を発現する成分はこれくらいです。俗に言う、形状記憶ジェルには、必ずと言っていいほど、この成分が配合されています。配合量が多いとペタペタ感が出ますが、適切な量を配合することで、形状記憶性、使用感、両方をよくすることができます。

ここまでが1%を超える成分かと思います。

次が、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Naは、ビタミンC誘導体です。さらに次は、セラミド類です。これらの成分が、1%を超えることは基本ないので、コポリマーまでが1%を超える成分ではないかと推測しています。

アスタリフトの代名詞である、アスタキサンチン(ヘマトコッカスプルピアリス油)も配合されています。当然、ナノ化された成分になります。

また、セラミドもナノ化されており、そのナノ化によって、浸透力を高めているということになります。アスタリフトが謳っているように、導入美容液という位置づけですね。

 

ASTALIFT ジェリー アクアリスタのフリー項目
  • 鉱物油
  • シリコーン

 

ASTALIFT ジェリー アクアリスタの評価
  • アットコスメ:5.6/7.0 538件
  • LIPS:4.8/5.0 116件

※上記評価は、2020年6月のものです。

良い評価
  • もっちり保湿され、化粧水の浸透が良い
  • 浸透力がすごく良い
  • 肌へのハリ感が向上、乾燥も改善が見られた
悪い評価
  • 特に見当たらない

全体的に評価がかなり良いです。確かに浸透もよく、もっちりした肌感が得られるような感じです。アスタキサンチン ✕ ヒト型セラミドが、かなり良い組み合わせなのかもしれません。

アスタキサンチンは、肌の酸化抑制に、ヒト型セラミドは、保湿、肌荒れ改善に効果的ですからね。

 

 

 

 

どんな人にオススメ?

  • ナノ化系の先行美容液をお探しの方
  • 形状記憶ゲルを楽しみたい方
  • ヒト型セラミド配合コスメをお探しの方

 

 

 

 

最後に

アスタリフト ジェリーアクアリスタについて、解説しました。

見た目、使用感は面白く、特に見た目、形状記憶ゲルは面白いですね。形状記憶ゲルは、そんなにたくさんある商品でもないので、使ったことのない人からしたら、面白いものだと思います。

 

アスタリフトについては、他にも記事を書いています。

 

導入美容液については、他にも書いています。化粧品選びの参考になれば、幸いです。

 

個人的な剤形別のあランキングページを作成しました。こちらも化粧品選びの一助になれば、幸いです。

剤形別ランキングページ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

ホームへ戻る