あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【ASTALIFT】D-UVクリア アクアデイセラム 使用感と成分分析

スポンサーリンク

宜しければ、読者登録、お願いしますm(_ _)m

 

 

どうも、あひるです。

今回は、日焼け止めと下地、1つ2役の化粧品、アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラムについて、書いていこうと思います。

 

 

 

 

D-UVクリア アクアデイセラムのポイント!
  • 塗り心地がとても良い日焼け止め
  • Deep紫外線をもカットできる日焼け止め
  • 汗、水にはあまり強くない

 

 

ASTALIFTとは?

アスタリフト、もうみんな知ってますよね。

富士フィルムから出されている化粧品ブランドです。赤色のパッケージが大変良く目につきます。

アスタキサンチンのナノ化がブランドの始まりだったかと思います。ですので、アスタリフトの全アイテムで、アスタキサンチンが配合されています。

ちなみに、アスタキサンチンは、ヘマトコッカスプルピアリスエキス、もしくは、ヘマトコッカスプルビアリス油となります。抗酸化成分ですね。

 

紫外線の種類

随分前にも書いたかと思いますが、紫外線にも種類があります。

UV-A、UV-B、UV-Cでしたね。UV-Cは、オゾン層に吸収され、地上には、ほとんど届かない紫外線とされています。

UV-B(280〜320nm)は、炎症を引き起こし、日焼けの原因となる紫外線です。

UV-A(320〜400nm)は、肌の奥まで届き、シワを引き起こす紫外線です。

富士フィルムは、UV-Aに着目。UV-Aの中でも、さらに肌の奥に到達する紫外線領域を「Deep紫外線」と呼んでいます。波長にすると、370〜400nmです。

Deep紫外線は、カットが難しいとされています。Deep紫外線の隣の領域は、ブルーライトと呼ばれており、こちらも現状の日焼け止めではカットが難しいとされている領域でもあります。近年、開発、研究が進み、ブルーライトカットコスメがちょこちょこ出てきている段階でもあります。

そのカットが難しい領域をも、カットできる技術を富士フィルムは持っているそうです。

D-UVガードと呼ばれています。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤を上手に組み合わせ、正確に言うと、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンと酸化チタンです。上手に配合することで、Deep紫外線に対応しているのだそうです。

D-UVガード

引用元:https://ls-jp.fujifilm.com/astaliftbrand/duvclear/technology/

 

他製品でもカットできないわけではないですが、どうやら、富士フィルム商品の方が、カット率が高いようです。

いろんな分野に手を伸ばしている、富士フィルム。異業種への参入が目まぐるしいですが、技術力はすごいですね。

 

 

 

ASTALIFT D-UVクリア アクアデイセラム 使用感と成分分析

アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラム

引用元:https://ls-jp.fujifilm.com/

 

ASTALIFT D-UVクリア アクアデイセラムの使用感

きれいな乳液です。粘度は低く、塗り拡げ、塗り伸ばしのしやすい形状です。

赤系に着色されているのは、アスタキサンチンによるものでしょうね。

塗り終わっても、ベタベタ感は特になく、心地よい使用感です。結構いい感じです。

カバー力は残念ながら、それほどはないですね。紫外線散乱剤があまり配合されていないので、カバー力はやや劣るところです。下地よりは、日焼け止めとしての使用が良いように感じます。

スペックは、SPF50+、PA++++。表記できる最高スペックです。ちなみに、SPFはUV-Bを、PAはUV-Aに関する指標です。

 合わせて読みたい

紫外線のあれこれ 〜SPFとPA〜

匂いは、香料と精油で賦香されており、ほのかなローズ系の香りがします。

また、汗や水に関してですが、そこまで強くはないです。スポーツや、ガッツリ汗をかく際での使用は向いてないかなと思います。

逆に、洗い流しやすいので、肌への負担は軽いと思いますので、普段使いには良いかもしれません。

アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラム 使用感
アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラム 塗り伸ばし
アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラム 塗り終わり

 

ASTALIFT D-UVクリア アクアデイセラムの成分分析
アクアデイセラムの全成分

水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、イソノナン酸イソノニル、エタノール、ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジン、エチルヘキシルトリアゾン、(C14-22)アルコール、ジメチコン、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、メチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノール、トコフェロール、セバシン酸ジイソプロピル、グリセリン、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、アセチルヒドロキシプロリン、ヘマトコッカスプルビアリス油、グリチルリチン酸2K、ゴレンシ葉エキス、アルテロモナス発酵エキス、トマト果実エキス、オウゴン根エキス、シクロペンタシロキサン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、キサンタンガム、PEG-20、酸化チタン、カルボマー、デシルグルコシド、(C12-20)アルキルグルコシド、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、水酸化Al、BG、イソステアリン酸、水酸化Na、EDTA-2Na、PG、ラウリルカルバミン酸イヌリン、マイカ、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ミリスチン酸オクチルドデシル、オレイン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸スクロース、レシチン、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ダマスクバラ花油、香料、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン

メトキシケイヒ酸エチルヘキシルは、UV-Bの紫外線吸収剤です。

ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシルも、UV-A紫外線吸収剤です。光に対する安定性も良好。メトキシケイヒ酸エチルヘキシルとよく一緒に使用されます。

イソノナン酸イソノニルは、軽い感触のエステル油。下地とか、日焼け止めなどに多用される成分ですね。

エタノールは、アルコール、お酒ですね。コロナで一躍、殺菌成分として、有名?になりましたね。アクアデイセラムでの配合目的は、当然殺菌ではなく、感触改良です。エタノールを配合することで、下地や日焼け止めの使用感って向上するんですよ。まぁ、肌が弱い人には、あまり嬉しくないかもしれませんが。

ビスエチルヘキシルオキシフェノールメトキシフェニルトリアジンは、紫外線吸収剤です。UV-B、UV-Aの両方をカバーします。

エチルヘキシルトリアゾン、これもUV-Bの紫外線吸収剤ですね。

(C14-22)アルコールは、高級アルコールの一種で、乳化安定向上成分です。

ジメチコンは、シリコーン成分、感触改良成分です。滑り性向上で配合されます。シクロペンタシロキサンもシリコーン、環状シリコーンと呼ばれる成分です。

ミリスチン酸ポリグリセリル-10は、乳化剤、ノニオン性界面活性剤です。

メチレンビスベンゾトリアゾリルテトラメチルブチルフェノールは、UV-A、UV-Bの両方を吸収する、紫外線吸収剤です。

トコフェロールは、ビタミンEです。脂溶性ビタミンですね。抗酸化剤として配合され、製品の安定性向上、肌の酸化防止などに一役買う成分です。

セバシン酸ジイソプロピルは、エステル油。

グリセリンは、多価アルコールで保湿剤ですね。

ここまでが、1%を超える成分かと思います。

紫外線吸収剤は、多数配合されていますね。散乱剤は酸化チタンが配合されていますね。酸化チタンの配合量は、そう多くないので、メインは吸収剤って事になります。

匂いは、ダマスクバラ花油と、香料で賦香されています。

 

 

 

ASTALIFT D-UVクリア アクアデイセラムのフリー項目
  • 鉱物油

くらいでしょうか。

 

ASTALIFT D-UVクリア アクアデイセラムの評価
  • アットコスメ:5.2/7.0 246件
  • LIPS:3.8/5.0 16件

※上記評価は、2020年6月のものです。

良い評価
  • 高スペックの割に、伸びもよく、みずみずしい
  • 付け心地が軽く、若干のトーンアップ効果もある
  • 美容成分がしっかりと配合され、乾燥することがない
  • 様々な日焼け止めを使用、どれも痒くなっていたが、アクアデイセラムは痒くならなかった
悪い評価
  • 特に見当たらない

口コミもなかなか評価が高かったように感じます。使用感良いですからね。個人的にも、使用感が良かったので、結構オススメではありますね。

 

 

 

どんな人にオススメ?

  • きしみ感のない日焼け止めをお探しの方
  • 白浮きなどしないものをお探しの方
  • 塗っている最中も、しっとり潤いのある日焼け止めをお探しの方

 

 

 

 

最後に

アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラムについて、解説してみました。

今年(2020年)3月に発売されたばかりの新アイテム。正直、使用感はかなりよく、多くの人から愛されるんじゃないかなと思ったりしています。 口コミはかなり良かったので、すでにその傾向は十分にあります。

日焼け止めや下地をどれにしようかと迷われている方は、一考の価値ありかと思います。

 

アスタリフト関連商品はコチラ↓

 

また、下地、日焼け止めの化粧品について、色々と書いています。化粧品選びの参考になれば、幸いです。

 

剤形別ですが、個人的なオススメランキングページを作成しました。良ければ、化粧品選びにどうぞ。

剤形別ランキングページ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

ホームへ戻る