あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【重要!!】高い化粧品が良い・・・わけではない

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
 
どうも、あひるです。
先日、アテニア ドレスリフトシリーズについて書かせてもらいました。
その中で、アテニアは、「一流ブランドの品質を1/3価格で提供することに挑戦し続けます。」
をブランドコンセプトにしているとも書かせてもらいました。

高い化粧品が良いわけではない

皆様の中には、高い化粧品=良い化粧品
というイメージがある方もいるかもしれませんね。
化粧品の中には、本当に高品質で、高い商品もあります。
しかしながら、全ての化粧品がそうとは限らないんです。
 
今回は、その辺りを、実例を交えながら、説明していこうと思います。
 
 
 

ニベアクリーム

皆さん、ニベアクリームをご存知でしょうか。
こんなことを聞くのは、失礼ですかね。
わざわざ言う必要もないくらい、有名ですよね。

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190623161042j:plain

 
全成分を見てみましょう。
ニベア

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

シンプルですよね。
これくらいシンプルなのも、個人的には好きですね。
一般市場に販売されている商品の中では、成分の数が少ない方だと思います。
少ないからと言って、良いとか悪いとかなどという意味ではありません。
化粧品の良し悪しは、成分の質と使用感です。
 
1)クリームの種類(O/W型、W/O型)
一言でクリームと言っても、乳化状態によって、大きく2種類に分けることができます。
  • O/W型クリーム(下の左の図)
  • W/O型クリーム(下の右の図)
乳化については、こちら。
話が少しややこしいかもしれません。
こちらの図を見てみましょう。

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190623161047p:plain

 
簡単に、図解したものになります。
左がO/W型、右がW/O型です。
OとはOil、WとはWaterのことです。
O/Wとは、Oil in Water、つまり、水分の中に油分が溶けている状態のことです。
W/Oとは、Water in Oil、油分の中に水分が溶けている状態のことです。
 
一見、似ているように思うかもしれませんが、それぞれ特徴があります。
 
2)O/W型、W/O型の特徴
それぞれ特徴がありますので、見ていきましょう。
 
O/W型
  • 比較的さっぱりとした使用感(外側が水分のため)
  • 世に出ているクリームの大半は、このタイプ
 
W/O型
  • 比較的こってりとした使用感(外側が油分のため)
  • 日焼け止め(ウォータープルーフ)に多いかたち
 
油は、水だけでは落ちにくいですよね?
そこを利用したのが、W/O型です。
外側が油分なので、水を弾いてくれるのです。
つまり、水では落ちにくい。
水場で使用する日焼け止めに最適な状態なのです。
 
ウォータープルーフの日焼け止めには、このタイプが多く、このタイプの日焼け止めがベタベタするのは、W/O型だからなのです。
 
では、クリームの種類を理解していただいたところで、ニベアクリームのお話に戻りましょう。
ニベアクリームは、W/O型のクリームです。
触ったことのある方は、使用感が油っぽく、こってりしてるなと思われたと思います。
これはこれで、皮膚に油で蓋をし、保湿(皮膚の内側の水分が逃げていかないように)してくれるので、潤いを保つには良い商品です。
ただ、使用感がオイリーなので、好まない人もおられるでしょう。
 
 
 

ドゥ・ラ・メールのクリーム

ドゥ・ラ・メールというブランドをご存知でしょうか。

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190623161051p:plain

 
確か、百貨店などにも店舗を出されていたと思うので、知ってる方は多いかもしれません。
高級化粧品に位置づけされているブランドです。
商品も結構お高いです・・・。
 
なぜ、この商品をピックアップしたのかというと、
 
ニベアクリームと全成分がそっくりだからです!!
 
ドゥ・ラ・メール

ミネラルオイル、褐藻エキス、ワセリン水添ポリイソブテンマイクロクリスタリンワックスラノリンアルコール、ライム果汁、パラフィン、エタノール、硫酸Mgオレイン酸デシルジステアリン酸Alオクチルドデカノール香料クエン酸ステアリン酸Mg、パンテノール、安息香酸Na、水添野菜油、シアノコバラミン、カロチン

 
もう一度、ニベアクリームの全成分を載せます。
ニベア

ミネラルオイルワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックスラノリンアルコールパラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシルオクチルドデカノールジステアリン酸Alステアリン酸Mg硫酸Mgクエン酸安息香酸Na香料

同じ成分名を紫色にさせてもらいました。
紫色ばっかりですね・・・。
他社製品で、ここまで同じになるのは、極めて珍しいです。
なぜこうなったのか?
それはわかりません。
ここで、それを突き詰めても仕方ないので、それはしません(笑)
 
ドゥ・ラ・メールの3番目に、褐藻エキスがきています。
ここが1%の区切りかと思ったりもしますが、水とミネラルオイルだけが主成分とはやや考えにくいです。
おそらくですが、水添ポリイソブテンまでが、1%以上かと推察します。
 
全成分の見方については、こちら↓
価格ですが、
ニベアクリーム ¥200-/50g
ドゥ・ラ・メール ¥10800-/15ml
です。
 
似たような全成分なのに、価格が違いすぎる・・・。
さすが高級化粧品ブランド・・・。
 
化粧品の中身に詳しくない方は、
・「褐藻エキス」がそんなに高い成分なのか!
・ニベアクリームが高級化粧品と似た全成分なのに、このお値段、コスパすげー!
などと思う人がいるかも知れませんが・・・。
 
どちらも間違いです。
確かに、褐藻エキスは普通の原料に比べれば、高いです。
それに1%以上がおそらく配合されているでしょうから、中身の価格が高くなるのはわかります。
わかりますが、高すぎです。
ここまでの価格差にはならないと思います。
 
また、ニベアクリームが高級化粧品と似ており、すごいのではなく、ドゥ・ラ・メールが高すぎるのです。
そもそも、数万円もする価値はないのです。
だって、ニベアクリームがあの価格で販売できるんですから。
 
どうしてこんなにも価格に差が生まれてしまうのか?
理由はいくつかあると思います。
容器のコスト
広告宣伝費
中身を製造するときの製造数
考えればキリがなく、答えはわかりません。
 
ただ一つ言えるのは、
ドゥ・ラ・メールのクリームが高すぎる!!
ということです。
 
この記事のタイトル「高い化粧品が良い・・・わけではない」
その最たる例ではないかなと思っています。
 
もちろん、高くて良い化粧品もたくさんありますので、全ての高級化粧品を批判してるわけではありません。
 
 
 

最後に

化粧品に限った話ではありませんが、
高い商品=良い商品
という、一種の固定概念があります。
私自身、それに踊らされている毎日かもしれません(笑)
安いからって、いいわけでもありませんが・・・。
どうか皆様は、高い商品に踊らされることなく、ご自身の肌質に合った化粧品を見つけて貰えればと思います。
 
今回のポイント!
  • 高い化粧品が良い、必ずしもそうではない
  • 成分数が多い=必ずしも良い化粧品ではない
  • クリームと言っても、油っぽいクリーム、水っぽいクリームがある
 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
スポンサーリンク
 
 
 
 
ホームへ戻る