あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを、発信していくブログです。

【騙されないでね】and and(花王)

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
 
どうも、あひるです。
 
久しぶり?にやってきました、オススメしないシリーズ。
今回は、その第二弾です!
 
使用されている方も多いかもしれません。
なにせ、まぁまぁ売れていますからね。
メーカーの販売目標の1.5倍程度売れてるとか。
反感を買うかもしれませんが、きちんとした情報を提供していきたいと思います。
 
 
 
 

and andとは?

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190720230309j:plain

花王が今年の5月に発売したヘアケアブランド
and and(アンドアンド)
です。
シャンプーとトリートメントを自由に組み合わせて使う新しいタイプのヘアケア商材です。
感性科学に基づいて開発された香りとデザイン。
3種のシャンプー
3種のトリートメント
がラインナップされています。
全9通りの組み合わせが楽しめる(セルフコーディネート)という、女性には嬉しいコンセプトではないでしょうか?
 
 
1)シャンプー

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190720230256j:plain

  • 気ままに(ティーハーモニーの香り)
  • 静かに(ハーバルグリーンの香り)
  • ゆったりと(エアリーピーチの香り)
 
上記3タイプです。
さっそく全成分を見てみましょう。
気ままに(ティーハーモニーの香り)のタイプです。
 
水、ラウレス硫酸アンモニウム、エタノール、ラウラミドプロピルベタイン、ラウレス-16、コハク酸、エーデルワイスエキス、ローズマリー葉エキス、リンゴ果実エキス、イソデシルグリセリルエーテル、ポリクオタニウム-10、ラウリルヒドロキシスルタイン、PPG-3カプリリルエーテル、ラウレス-3、水酸化K、BG、塩化Na、グリセリン、安息香酸Na、香料
 
ちなみに、全成分は3種類とも全て同じです。
香料は、香料としか表記されませんので、匂いのみ異なることになります。
 
ラウレス硫酸アンモニウムは、活性剤。
硫酸系の活性剤は、洗浄力が強いことで知られています。
肌の弱い方には、到底受け入れられない成分ですね。
 
次にエタノールです。
3番目にエタノールですから、なかなかです・・・。
エタノールも刺激性のある成分ですから、お肌の弱い方は注意が必要です。
肌が弱くなくとも、3番目ですから、それなりに配合されていると推察しています。
 
ラウラミドプロピルベタインは、ベタイン系の活性剤。
洗浄力がマイルドで、優しい部類の活性剤です。
 
ラウレス-16は、ノニオン活性剤。
ラウレス-〇〇という成分は複数あります。
〇〇、数字が入りますが、小さいほど、その成分自体の大きさも小さく、皮膚浸透性に優れる結果となります。
活性剤で皮膚浸透性が強いと、当然刺激に繋がります。
あまり好ましい成分とは言い難いですね。
 
コハク酸は、pH調整剤。

ここまでが1%以上でしょうか。

 
どうですか?
結構、刺激性のある成分がたくさん・・・。
いくら使用感や泡立ち、匂いが良くても、肌が痛む可能性のあるものは、使いたくないですよね?
 
 
2)トリートメント

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190720230303j:plain

  • はしゃぐ(ヴィヴィッドフルーツの香り)
  • 思いたつ(スパイシームスクの香り)
  • ときめく(スウィートジャスミンの香り)
 
こちらも3タイプです。
全成分は、こちら
 
水、ステアリルアルコール、DPG、ジメチコン、ステアロキシプロピルジメチルアミン、乳酸、ローヤルゼリーエキス、アルガニアスピノサ核油、ブドウ種子油、リンゴ酸、パルミチン酸イソプロピル、PPG-3カプリリルエーテル、ビスセテアリルアモジメチコン、ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル、ヒドロキシエチルセルロース、PEG-45M、ラノリン脂肪酸、エタノール、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、ベンジルアルコール、香料
 
シャンプーと同じく、3種類とも全く同じ全成分・・・。
 
ステアリルアルコールは、高級アルコールです。
粘度調整剤ですね。
 
DPGは多価アルコールで、保湿剤。
 
ジメチコンは、シリコーンで、感触改良剤。
シャンプーでは、シリコーンフリーを謳っておきながら、トリートメントには、シリコーン配合。
こういう商品、実は多々あります。
シャンプーが、シリコーンフリーだからと言って、トリートメントもシリコーンフリーとは限らないんです。
皆さん、騙されないように!!
 
ステアロキシプロピルジメチルアミンは、カチオン活性剤。
トリートメントの主成分です。
これにより、髪がサラサラになったりします。
 
乳酸は、pH調整剤です。
ここまでが1%以上でしょうか。
 
至って普通の全成分です。
良い成分入ってるなーとはならないトリートメントです。
 
 
 

オススメしない理由

あひるがオススメしない理由、わかりますよね?
良い成分一切なしのヘアケア商品だからです。
ここまでなら、わざわざ記事にはしなかったかもしれません。
他にも理由があるんです。
 
容器がしょぼすぎるんです(^_^;)
購入したり、見たことがある人は、おわかりかもしれません。
 
普段はあまり容器にこだわりを見せないあひるですが・・・。
and andは、デザインを楽しむことを商品コンセプトの一つとしています。
それなのに、容器のデザイン、プラスチックのラベルじゃん・・・。
そう、市販されてるペットボトル飲料と一緒なんです。
しょぼすぎる・・・。
どうせやるなら、まして、コンセプトの一つなら、もう少しこだわって、塗装するとかしてほしかったです。
 
化粧品って、中身+容器(デザイン)だと思っています。
中身は良くない、容器(デザイン)もしょぼい。
それでいて、価格が意外と高い。
 
どう考えても、オススメできないです。
 
にしても、なんで売れてるんだろうか・・・?
本当に疑問です。
 
 
 

最後に

いかがでしょうか。
and andは良くないんだなーというのが、少し理解してもらえたでしょうか。
 
今回のポイント!
  • 髪に、肌に良い成分が配合されていない
  • デザイン(容器)をコンセプトの一つにしているが、しょぼすぎる
  • 化粧品とは、中身とデザイン(容器)の相乗効果が重要
 
もちろん、匂いが気に入ってる!
って方は、購入を続けても良いと思います。
 
ただ、
  • ダメージ補修
  • ぱさつく髪の改善
などなど、
髪の悩みを解決してくれるような成分は、ほぼ皆無。
悩みは解決しないんじゃないかなーと思っています。
 
それよりも、違うヘアケアを試した方がまだ良いかも。
ザ パブリック オーガニックとかは結構良かったですし。
最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
化粧品選びの一助になれば、幸いです。
 
スポンサーリンク