あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【アミノメイソン】スムース シャンプー 使用感と成分分析

スポンサーリンク

 

 

どうも、あひるです。

シャンプー&トリートメントの記事が続きますが、最近良いシャントリに巡り会えてる証拠ですね(笑)

アミノメイソンご存知ですかね?

ドラッグストアとかには、よく置かれている商品です。

私、買ってから気づいたんですが、エイトザタラソと同じ会社(ステラシード)さんなんですよね。

とは言え、ステラシードさんが化粧品を作っているわけではなく、どこかのOEMに作ってもらっています。つまり、企画会社さんですね。

OEMについては、「【化粧品開発展とは?】化粧品を作るための商談の場」という記事で書いています。

使用感とか、成分とか、どうなんでしょうか。解説していきたいと思います。

トリートメントについては、次回書かせてもらいます。

 

 

 

スムースシャンプーのポイント!
  • アミノ酸系 ✕ ベタイン系活性剤のシャンプー
  • 天然保湿因子や毛髪補修成分が配合されたリペア系シャンプー
  • サラサラ系シャンプー

 

 

アミノメイソンとは?

ヘルシーな髪へ 新・アミノ酸ボタニカルヘアケア!だそうです。

独自開発のアミノ酸と、ミルククリームようなテクスチャー、ボタニカルリッチに髪をうるおいで包み込む、次世代のボタニカルヘアケアです。

独自のアミノ酸って何?

アミノ酸に独自も何もないんじゃ・・・?って感じなのですが。

公式HPでは、加水分解ケラチンと16種のアミノ酸をプラチナに結合させた「アミノケラチン」を指すそうです。プラチナは、プラスチャージですので、毛髪に結合することになりますね。

その他、ボタニカル原料、成分が配合されています。

ボタニカルって何のことかおわかりでしょうか?

ボタニカルとは、「植物の」ってことです。

つまり、植物由来原料、成分を配合してるよ!ってことです。

日本語にすると、なんてことないですよね(笑)

植物由来成分なんてたくさんありますからね。

 

つまり、アミノメイソンとは、

独自アミノ酸 ✕ ミルク由来成分 ✕ 植物由来成分

のかけ合わせ、組み合わせをコンセプトとしたブランドということになります。

 

ちなみに、オーガニックは、有機栽培された植物のことを指します。

ややこしいですね(笑)

よく勘違いされていますが、オーガニック=無農薬ではないので、お間違いなきよう。

 

 

 

 

アミノメイソン スムースシャンプー 使用感と成分分析

アミノメイソン スムースシャンプー

引用:http://www.aminomason.jp/products/smooth.html

 

アミノメイソン スムースシャンプーの使用感

粘度は低めの透明シャンプーです。

泡立ちはかなり豊かな感じで、モコモコ泡で洗うことができます。

洗髪時に髪が絡まることや、髪がきしんだりといったことはないですね。

まぁ、今どきのシャンプーできしんだり、絡まったりするものは、そうそうないですよね(笑)

洗浄中も何ら問題なく、泡切れも良好です。

毛髪に関しては、「【毛髪の基礎知識】毛髪の基本と構造、毛髪補修成分まとめ」という記事で書いています。

匂いは、ピオニーローズブーケの香りです。ローズ系なので、結構みんなに好かれる感じでしょうか。

アミノメイソン スムースシャンプー 泡立ち

 

アミノメイソン スムースシャンプーの成分分析
スムースシャンプー 全成分

水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、デシルグルコシド、ココイルメチルタウリンNa、グルコノバクター/ハチミツ発酵液、ヨーグルト液(牛乳)、加水分解乳タンパク(牛乳)、乳タンパク(牛乳)、キイチゴエキス、アンズ果汁、ローズマリー葉エキス、レモン果実エキス、ザクロ果実エキス、マカデミア種子油、サピンヅストリホリアツス果実エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、カキタンニン、ハッカ水、ラベンダー花水、白金、加水分解ケラチン(羊毛)、ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、γ-ドコサラクトン、リシンHCl、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、アルギニン、プロリン、チロシン、アセチルヒドロキシプロリン、ヒドロキシプロリン、シスチン、ポリクオタニウム-10、レシチン、ダイズステロール、キサンタンガム、トコフェロール、乳酸Na、グリセリン、PPG-3カプリリルエーテル、クエン酸、安息香酸Na、EDTA-2Na、クオタニウム-18、タウリン、ベヘントリモニウムクロリド、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、クエン酸Na、塩化Na、BG、プロパンジオール、エタノール、フェノキシエタノール、香料

ラウロイルメチルアラニンNaココイルメチルタウリンNaは、アミノ酸活性剤のアニオン性界面活性剤。アニオン性界面活性剤については、「【化粧品の基礎知識】アニオン性界面活性剤 特徴と役割」という記事で書いています。

コカミドプロピルベタインは、両性界面活性剤。

コカミドメチルMEAデシルグルコシドは、ノニオン性界面活性剤。

上記界面活性剤が、シャンプーの主成分です。

ココイルメチルタウリンNaまでが1%を超える成分です。

牛乳系エキス、植物エキス、アミノ酸が複数配合されています。

注目すべきは、γ-ドコサラクトンです。ドコサラクトンは、毛髪に吸着、熱がかかることで、毛髪補修に一役買う成分で、結構色んなヘアケア商品に配合されています。熱を加えるのがポイントで、風呂から上がったら、ドライヤーしてくださいね。その熱で補修効果が現れます。

私も好んで使用する成分なんですよね。

その他、

ポリクオタニウム-10はカチオン性ポリマー。クオタニウム-18ベヘントリモニウムクロリドは、カチオン活性剤。毛髪に吸着し、サラサラにする作用があります。

ちなみに、冒頭で述べたプラチナは、表示名称だと白金になります。

 

 

 

どんな人にオススメ?

  • 傷んだ毛髪の補修を行いたい方
  • 仕上がりがサラサラになりたい方
  • 洗浄力が程よく、刺激のあまりないシャンプーをお探しの方

洗浄作用の強い成分がなく、程よい洗浄力を持つ、アミノ酸系やベタイン系で構成されているので、刺激はあまりないと思います。

 

 

 

最後に

アミノメイソン スムースシャンプーについて、解説してみました。

洗い上がりは、サラサラになるので、とても心地が良いです。

次の日の朝もサラサラで良い感じでした。

使用したことがない方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スムーストリートメントについては、「【アミノメイソン】スムース トリートメント 使用感と成分分析」という記事で書いています。

 

他にも、シャンプーに関する記事を書いています。

参考になれば幸いです。

【知らなきゃ損!】凛恋 シャンプー&トリートメント

【オーガニックヘアケア】ザ パブリック オーガニック「スーパーリフレッシュ」 使用感と成分分析

【やっぱり良かった!】ザ パブリックオーガニック スーパーポジティブ 使用感と成分分析

【騙されないでね】and and シャンプー&トリートメント 成分分析

【エイトザタラソ】クレンジングリペア&モイスト美容液シャンプー

【アミノメイソン】モイスト ホイップクリーム シャンプー 使用感と成分分析

【&honey】メルティ モイストリペア シャンプー&トリートメント 使用感と成分分析

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

ホームへ戻る