あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【化粧品の基礎知識】高級アルコールの特徴と役割

スポンサーリンク

 
 
どうも、あひるです。
先日書かせてもらいました、化粧品の成分に関する基礎的にな記事。

【化粧品の基礎知識】多価アルコールの特徴と役割

今回は、その続編!
高級アルコールについて、お話しようと思います。
前回同様、化学をかじってない方にも、なるべくわりやすく伝わるようにしておりますので、どうぞ最後までお付き合いください。
 
 
 

高級アルコールとは

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190707120426j:plain

高級アルコール、聞き慣れない単語ですね。
これは化学用語、専門用語です。
高級な(高い)アルコールなのかと想像される方もいると思いますが、
実は全く違いますし、無関係です。
ややこしいネーミングですよね・・・。
専門用語と一般用語、結びつかないのは、よくあることですね(^_^;)
 
では、何が高級なのでしょうか?
その話をする前に、高級アルコールの反対語を考えてみましょう。
至って簡単!
高級アルコールの反対は、低級アルコールです。
 
高級アルコール ⇔ 低級アルコール
 
また、新しい単語です。
低級アルコール・・・。
もちろん、安いアルコールって意味ではありません(笑)
 
低級アルコールは、皆さんよくご存知の成分です。
お酒(アルコール)のことですね。
アルコールは、化粧品の成分名で言うと、エタノールです。
先日お話しました、エタノール。
覚えておいででしょうか?
化学式は、こんなでしたよね?

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190704153502p:plain

これがなぜ、低級なのか?
ここで言う、低級とは、炭素の数のことを言います。
炭素とは、化学式で言う、「C」のこと
身近なものですと、鉛筆の芯、ダイヤモンドを構成するもの(原子)です。
(ダイヤモンドは身近じゃないな・・・。)
中学生くらいに、習った人も多いと思います。
低級アルコールとは、この「C」(炭素)の数が、5以下のアルコールのことを言います。
エタノールは、どうでしょうか?
炭素の数は、2個ですよね?
炭素数が5個以下なので、低級アルコールとなります。
その他に、
・プロパノール(炭素数:3)
・イソプロピルアルコール(炭素数:3)
・ブタノール(炭素数:4)
などありますが、主に化粧品として使用されるのは、エタノールが圧倒的に多いと思います。
 
ではでは、本題です。
高級アルコールとは、炭素数が6以上のアルコールのことです。
炭素数が増えるとどうなるの?
って感じですよね。
基本的に、
低級アルコール 水に溶ける
高級アルコール 油に溶ける
と理解してもらって良いです。
つまり、炭素数が少ないほど、水と仲良し
炭素数が多いほど、油と仲良くなるということです。
 
 
 

よく見かける高級アルコールとその特徴

ベヘニルアルコール

化学式は、これです。

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190707120429p:plain

長い・・・。
省略すると、

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190707120431p:plain

括弧()21とは、()の中が21個あるよー
ってことです。
炭素数は、22
固形の油性成分
よく、クリームなどに配合されてます。
クリームの固さを出すのに、一役買う成分です。
こういうのを、粘度調整剤と言います。
 
セタノール
炭素数は、16
化学式は載せていませんが、べヘニルアルコールの炭素数22が16になっただけの構造です。
こちらも固形の油性成分。
クリームよりは、ヘアトリートメント、ヘアコンディショナーによく配合されます。
トリートメントの固さを出してくれます。
トリートメントとコンディショナーの違いについては、「【どっちが良いの?】コンディショナーとトリートメントの違い」という記事で書いています。
セタノールは、旧表示指定成分です。日本だけに通ずるものですが、特に気にするものでもないと思っています。旧表示指定成分については、「【解説】化粧品の全成分表示」という記事で書いています。

 

ステアリルアルコール
炭素数は、18
固形の油性成分です。
クリームや、ヘアトリートメントに配合されます。
こちらも粘度調整剤ですね。
 
上記の3成分は、あくまで一例です。
他にもあります。
この3種類だけなんだ!
と、ならないようにしてください。
 
 
 
 

高級アルコールの配合目的

主な配合理由は、粘度調整のためです。
配合量を増やせば、それだけ固さも上昇します。
その他、高級アルコールを配合することで、界面活性剤の必要量を減らすことも可能です。
活性剤だけに頼る乳化ではなく、
活性剤+高級アルコール
で、乳化させる
そうすることで、活性剤による肌への負担を軽減することも可能となります。
乳化を補助する役割もあるので、乳化助剤と言われます。
あくまで助剤で、これ単体での乳化はかなり難しいです。
乳化については、「【化粧品の基礎知識】界面活性剤の特徴と役割」という記事で書いています。参考にしてみてください。
 
 

最後に

難しかったでしょうか?
簡単にまとめると、
  • 高級アルコールとは、炭素数6以上のアルコール
  • 主に油性成分
  • 粘度調整剤(粘度調整の役割)
  • 乳化助剤(乳化を補助する役割)
成分の特徴などを理解し、化粧品選びの一助になれば幸いです。
他にも、基礎的なことについて書いていますので、読んでもらえればと思います。

【化粧品の基礎知識】界面活性剤の種類、特徴と役割

【化粧品の基礎知識】多価アルコールと抗菌作用

【化粧品の基礎知識】植物性オイルと脂肪酸、特徴と役割

【化粧品の基礎知識】脂肪酸塩の特徴と役割

【化粧品の基礎知識】シリコーンの特徴と役割

【化粧品の基礎知識】炭化水素油、鉱物油の特徴と役割

【化粧品の基礎知識】カチオン界面活性剤 特徴と役割

【化粧品の基礎知識】アニオン性界面活性剤 特徴と役割

【化粧品の基礎知識】精油と香料の違い

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
 
 
 
 
 
ホームへ戻る