あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【ランコム】クラリフィック デュアル エッセンスローション 使用感と成分分析

スポンサーリンク

宜しければ、読者登録、お願いしますm(_ _)m

 

 

どうも、あひるです。

ランコムコスメ、良いですよね。ちょっと前から使用頻度が増えており、その良さを実感しているところです。

ジェニフィック アドバンスト N もそうでしたよね。結構良かったですからね。

今回は、ランコムから出されている、二層のローション、クラリフィックのエッセンスローションについて、解説していこうと思います。

2020年、アットコスメ上半期ベスコス総合大賞の実力はいかに!?

 

 

 

 

クラリフィック ローションのポイント!
  • アジア人女性向けに開発されたコスメ
  • 日本ではあまり類をみない、グリコール酸高配合のピーリング系コスメ
  • 肌のゴワつき、くすみへアプローチするコスメ

 

 

クラリフィックとは?

ランコムコスメ、クラリフィックは、アジア人女性の肌のことを考え、開発されたスキンケアシリーズです。

多くの女性が求める「透明感」をコンセプト、売りの一つにし、「酵素」に着目。肌の酵素に働きかけるヨーロッパブナ芽エキス(フランス産)を配合し、商品展開を行っている。

※酵素とは、タンパク質のお仲間。生体内で起こる様々な化学反応の手助けをしてくれます。動植物は、酵素がないと生きていけないので、酵素はとても重要な成分、タンパク質なのです。

クラリフィックのローションは、コロナの影響を受けながらも、2020年5月時点で、2万本も売り上げている。発売3ヶ月程度で、2万も売れているのは、やはりすごいとしか言いようがないですね。

 

 

 

ランコム クラリフィック デュアル エッセンスローション 使用感と成分分析

ランコム クラリフィック デュアル エッセンスローション

引用元:https://www.lancome.jp/

 

ランコム クラリフィック デュアル エッセンスローションの使用感

なかなか特徴的な容器ですよね。容器の中に、「ウィスク」と呼ばれる棒?泡立て器を内蔵しています。この形状は、ブナの芽をイメージして作られたんだとか。結構凝ってますし、お金もかかっていることでしょうね(笑)

エッセンスローションは、水性成分:油性成分の比率が、97:3となっており、二層タイプのローションです。使用する前にシェイクするタイプです。そのシェイクの手助けを行ってくれるのが、「ウィスク」なんですね。個人的には、別に無くても良いのでは???なんて思ったりもするのですが、本当のところは、わかりません。

静置時は、無色透明の液体ですが、シェイクすると、若干乳化、水と油が混じり合い、軽度の白濁が発現します。

分離スピードは早いほうなので、シェイク後は、早めにお肌へ塗りましょう。もう少し

遅い分離スピードにできたような気がしますが、早いほうが好評だったのでしょうか。

保湿力は、オイル成分が配合されているので、やや高めかと。エタノールが配合されていますが、エタノール感はそこまで感じませんでした。塗り終わりはサラッとした中に、若干のしっとり感があります。夏場はこれで良いかもですが、冬場はちょっと物足りないかもしれません。乾燥するって感じはないのですが、乾燥気味な人なんかは+αは必須かと思います。

匂いは、精油による賦香です。バラ系がほのかに香る感じで、全く邪魔にならない、キツくない感じです。

ランコム クラリフィック デュアル エッセンスローション 使用感

 

ランコム クラリフィック デュアル エッセンスローションの成分分析
エッセンスローションの全成分

水、変性アルコール、グリコール酸、BG、イソノナン酸イソノニル、DPG、水酸化Na、パイナップル果実エキス、アスコルビルグルコシド、トコフェロール、酵母エキス、ヨーロッパブナ芽エキス、アルギニン、PEG-32、エチレンジアミンジコハク酸3Na、ヒマワリ種子油、サリチル酸、ペンチレングリコール、安息香酸、プロパンジオール、カプリリルグリコール、パパイン、ソルビン酸、ダマスクバラ花水、ダマスクバラ花油、ローズマリーエキス、ブドウ種子油、クエン酸

変性アルコールは、エタノールに苦味成分や匂い成分などが追加され、飲めなくしたアルコールです。つまり、酒税対策が施されたアルコールになります。とは言え、アルコールに変わりはないですね。

グリコール酸は、酸性成分です。よく、ピーリングコスメに配合されていたりします。AHAなどと呼ばれている成分で、α-ヒドロキシ酸の略ですね。穏やかな角質剥離作用によって、ターンオーバーの乱れでゴワついた肌表面を整える作用があります。ここまで多く配合されているのは、珍しい気もします。

BG、DPGは、多価アルコールの保湿成分。

イソノナン酸イソノニルは、軽い感触のエステル油です。

水酸化Naは、アルカリ成分。グリコール酸で低くなったpHを適度なpHへ調整するために配合されているのだと思います。

ここまでが1%を超える成分でしょうか。

グリコール酸による、肌ゴワつきを改善しつつ、ブナ芽エキスが、フィラグリンやコラーゲン産生を促進させる作用があります。フィラグリンは、NMF(天然保湿因子)へと変化する成分です。お肌にとって、必須成分です。

 

ランコム クラリフィック デュアル エッセンスローションのフリー項目
  • シリコーン
  • 鉱物油
  • 香料、着色料
  • パラベン、フェノキシエタノール

パラベン、フェノキシエタノールの代わりに、安息香酸、ソルビン酸が配合され、菌からの抵抗性を高めています。

 

ランコム クラリフィック デュアル エッセンスローションの評価
  • 公式HP:4.1/5.0 80件
  • アットコスメ:5.3/7.0 1920件
  • LIPS:3.8/5.0 65件
※上記評価は、2020年7月のものです。
良い評価
  • ジェニフィックとの相性が良い
  • オイル配合なので、ベトベトするか?とも思ったが、そんなことはなく、しっとり潤う
  • 浸透もよく、潤いがあり、毛穴が目立たなくなった
  • ワントーン肌が明るくなった
悪い評価
  • 絶賛されるほど良いのかよくわからない
◆ 個人的な評価 ◆ ★ ランコム クラリフィック デュアル エッセンスローション ★
☆ 総合評価:S- ☆
● 伸ばしやすさ:S+
● 保湿力:S
● 肌なじみ:S+
● コスパ:B+
● 匂い:S-
● 肌への優しさ:A
● 口コミ:S-
● オリジナリティー:S-
※S+が一番良く、C-が一番悪い評価となります。

 

 

 

どんな人にオススメ?

  • 肌のゴワつき、くすみが気になる方
  • ピーリング系コスメをお探しの方

 

 

 

最後に

ランコム クラリフィック デュアル エッセンスローションについて、解説してみました。

ベスコスにも選ばれた化粧水、様々なところでの評価も高いですね。ピーリング系に分類できる化粧水ですので、お肌が弱い方などは、ちょっと注意が必要かもしれません。エタノールも多めに配合されていますからね。グリコール酸も配合、適度に中和されていますが、ちょっと気にした方が良いかもしれません。

 

ランコムコスメについては、他にも書いています。

 

また、二層タイプ、オイル目視タイプのコスメについて、書いていますので、化粧品選びの参考になれば、幸いです。

 

ピーリング関連コスメに関しては、コチラ↓

 

個人的ランキングページを作っています。コチラも参考になれば幸いです。

個人的ランキングページ

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

ホームへ戻る