あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【リポソームの先駆者】モイスチュアリポソーム(コスメデコルテ) 使用感と成分分析

スポンサーリンク

宜しければ、読者登録、お願いしますm(_ _)m
 
 
どうも、化粧品開発者のあひるです。
その中で、ナノカプセルについて、少し触れましたので、もう少し掘り下げてみようと思います。
コスメデコルテ モイスチュアリポソーム、
この商品は、ナノカプセルを取り入れた、最初の商品かと思います。
そこに触れつつ、ナノカプセルを掘り下げていこうと思います。
 
 

コスメデコルテ モイスチュアリポソーム 使用感と成分分析

知らない人はいないですよね。
有名中の有名です。
コーセーから出されている商品で、今年で発売27周年です。
すごいですよね。
さらに、コスメデコルテの中で、一番売れいている商品。
これだけ長く販売され続けて、なおかつ、売れ続けている商品は、かなり稀です。
商品の入れ替わりが早い化粧品業界。
そんな中に身を置きながら、25年以上同じ中身、外観のまま。
さらに、今となっては、薬事の観点から、「リポソーム」とは、商品名にすることはできません。
すごいを通り越してます。
化粧品開発者として、そんな商品を作ってみたいものです。
 
コスメデコルテ モイスチュアリポソームの使用感
コスメデコルテ モイスチュアリポソーム
性状は、乳液状の美容液です。
使用感は、さらっとしていて、ベタつく感じは全くありません。
かと言って、保湿力が全くないわけでもなく、しっかりと潤ってくれます。
匂いは香料で若干賦香されています。ごくわずかにする程度です。気にする必要は全くないかと。
 
コスメデコルテ モイスチュアリポソームの成分分析 
モイスチュアリポソームの全成分

水、BG、グリセリン、水添レシチン、PCA-Na、アセチルグルタミン、オオウメガサソウ葉エキス、スギナエキス、トコフェロール、ヒアルロン酸Na、ポップエキス、マツエキス、ヨーロッパシラカバ樹皮エキス、レモンエキス、ローズマリーエキス、オキシベンゾン-5、カルボマー、キサンタンガム、コレステロール、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、水酸化Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン、香料

BGグリセリンは、多価アルコールで保湿剤。両成分とも、低刺激な成分で、敏感肌用コスメに多用されている成分でもあります。
水添レシチンは、界面活性剤です。刺激性の低い、両性界面活性剤ですね。
PCA-Naは、天然保湿因子(NMF)と呼ばれる保湿剤です。天然保湿因子が不足すると、肌の乾燥が進みますから、化粧品で補うことは良いことです。
ここまでが、1%を超える成分かと思います。
オキシベンゾン-5、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルは、紫外線吸収剤です。
スキンケアに吸収剤を配合しているのは、別の意味があります。製品の退色、変色防止目的です。商品の品質保持が目的なのです。ですから、配合されている量は微量であり、紫外線からお肌を守る役目などはありません。
吸収剤が配合されてあるからといって、日焼け予防にも効果があるだー!
などと思わないようにしてくださいね。

 

コスメデコルテ モイスチュアリポソームのフリー項目
  • エタノール
  • 鉱物油
  • シリコーン
 
コスメデコルテ モイスチュアリポソームの評価
  • アットコスメ:5.2/7.0 10040件
  • LIPS:4.7/5.0 240件

※ 上記評価は、2020年5月のものです。

良い評価
  • 浸透感がよく、しっかりモチッとなる
  • 浮気して他の商品を試すが、やはりモイスチュアリポソームに戻ってしまう
  • お肌の外だけでなく、内側からふっくらする感じがして、とても良い
  • 毛穴が目立たなくなったし、ファンでのノリも良くなった
悪い評価
  • 私の肌には合わず、若干荒れた

評価件数が1万件を超えてるのは、初めてですね。すごい。それだけ長く販売されている商品なんですよね。

それでいて、評価も良いですしね。ただやはり、合わない人はいますので、そこは仕方のないところです。どんな良い商品でも合う合わないは必ずあります。人のお肌は千差万別ですからね。

 

 

 

ナノカプセルの基礎

ナノカプセルとは、小さいカプセルのこと。
以前、「【アクセーヌ】モイストバランスローション 使用感と成分分析」という記事で、そう説明しました。
アクセーヌでは、ナノカプセルを構成する成分は、ポリソルベート60でした。モイスチュアリポソームは、そうではありません。
水添レシチンと、コレステロールが、ナノカプセルを構成する成分です。
水添レシチンからできた、ナノカプセルを「リポソーム」と呼びます。
少しややこしいですが、
水添レシチンには、フォスファチジルコリンという、リン脂質が含まれており、これが、ナノカプセル、リポソームを形成する成分となるのです。
リン脂質は英語で、phospholipidです。
ソーム(some)とは、〜体という意味です。
つまり、脂質体ってことで、リポソームと名付けられています。
 
このリポソーム、肌なじみがとても良いのです。
リン脂質は、お肌に存在する成分、コレステロールもお肌に存在する成分であり、肌との親和性(仲良し具合)が非常に良いのです。
リポソームの模式図がこちら。

リポソームの模式図

本当は、球状です。
その球を切断、断面図にしたかたちです。
リン脂質がいくつも、くっつきあって、リポソームをかたち作っています。
リン脂質(界面活性剤)は、親水基、親油基を持っています。
親水基は親水基同士、親油基は親油基同士、仲良く並んでいるのが、模式図からわかるかと思います。
親水基が集まっているところ(オレンジ&白のところ)には、水溶性成分を、
親水基が集まっているところ(緑色のところ)には、油溶性成分を、
配合することができます。
つまり、リポソームに訴求成分を配合することで、浸透しにくい訴求成分を浸透しやすくさせているのです。
 
コスメデコルテ モイスチュアリポソームの浸透性の高さ、肌なじみの良さは、リポソームによるものです。
と言うか、この商品の中身全てが、リポソームなのです。
おそらく他社や他製品にはないものだと思います。
 
 
 
 

どんな人にオススメなのか?

何度も言うように、肌なじみの良い商品です。
肌との親和性が高く、刺激となるような成分もありません。
オススメポイント!
  • どんな人が使用しても問題なし(敏感、脂性など)
  • 導入美容液をお探しの方
  • 他に類を見ない商品
  • 唯一の欠点としては、高価なこと
ここ数年、話題となっている導入美容液。
肌なじみが良いので、導入美容液としても、十分に使用できます。
導入美容液と謳っている商品よりも、モイスチュアリポソームの方がよっぽど良いと思います。
導入美容液については、「【本当に必要?】導入美容液の成分と分類」という記事で書かせてもらっています。参考になれば、幸いです。
 
 
 

最後に

コスメデコルテ モイスチュアリポソームについて、解説してみました。
シンプルな成分、シンプルな使用感ですが、本当に良い商品です。
お肌にある成分で化粧品を構成していますから、お肌に対して良いのは当然。
それが、長い間売れ続けている理由ではないでしょうか。
まだ試したことのない人は、一度試されてはいかがでしょうか。
他にも、導入美容液について、書いています。化粧品選びの参考になれば、幸いです。
 
最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
 
 
 
 
ホームへ戻る