あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【米肌】肌潤石鹸 使用感と成分分析

スポンサーリンク

 
 
どうも、あひるです。
今回は、コーセーから出されている米肌の石鹸の評価をしたいと思います。

米肌で理想的な素肌を 

 
 

 

 

湿潤石鹸のポイント!
  • ライスパワーNo.11は、セラミド量を増やし、肌の水分保持機能を改善する効果が期待できる
  • 肌潤石鹸は、泡立ち、洗い上がり良好
  • 泡立ちをよくするために配合されてあるラウリン酸には、少し注意が必要
 
 
 

米肌とは?

米肌は、「まいはだ」と呼びます。
「こめはだ」ではありません。
米肌は、いくつかのシリーズに分かれています。
  • 肌潤シリーズ(うるおいケア)
  • 活潤シリーズ(エイジングケア)
  • 澄肌シリーズ(美白ケア)
  • つやしずくシリーズ(ベースメイク)
どのシリーズにも、
ライスパワーNo.11(表示名称:コメエキス)
という成分が配合されています。
 
 
 

ライスパワーNo.11とは?

ライスパワーNo.11とは、肌の水分保持機能を改善することができる唯一の成分です。
ここで言う唯一とは、医薬部外品として、ということです。
部外品の有効成分として、水分保持能改善は、ライスパワーNo.11だけってことです。
では、どのように改善するんでしょうか?
ライスパワーNo.11は、セラミドの産生量を増やす役割があります。
人のお肌はセラミド天然保湿因子(NMF)などによって、潤いが保たれています。
年齢を重ねることによって、セラミドや天然保湿因子(NMF)は、絶対量が減り、肌の水分保持機能が弱くなっていくことは、周知の事実です。
ところが、ライスパワーNo.11は、水分保持機能を担うセラミドを増やしてくれる特徴があります。
ライスパワーについては、「【ライスパワーとは?】肌を健やかにしてくれる成分」という記事で書いています。
ちなみに、アトピー患者は、セラミドが不足することも知られています。
 

米肌で理想的な素肌を

 
 
 

米肌 肌潤石鹸 使用感と成分分析

米肌 湿潤石鹸

公式HP引用
米肌 肌潤石鹸の使用感
泡立ちはかなり良好です。
素手だけでももちろん泡立ちますが、泡立てネットを使用することで、さらに泡立ちがアップし、もふもふの泡で洗顔することができます。
洗い上がりは、しっとり洗え、乾燥するようなこともありません。
14日間のトライアルセット(石鹸は15g)を購入したのですが、一ヶ月程度使い続けています。
元々、脂性肌よりで、ニキビもときどきできていたのですが、肌潤石鹸を使用してからは、特にニキビができるようなことはなかったです。
お肌の調子もかなり良くなったと思います。
石鹸の持ちは、かなり良いです。
本品(80g)だと、どれくらい持つんでしょうか(笑)
ただし、石鹸は風呂場に置かず、洗面台に置いてます。
肌潤石鹸の泡立ち1
肌潤石鹸の泡立ち2
 
米肌 肌潤石鹸の成分分析
肌潤石鹸の全成分

カリ含有石ケン素地、水、ラウリン酸、グリセリン、オリーブ油、グリコシルトレハロース、コメエキス、ダイズ発酵エキス、トコフェロール、ビフィズス菌発酵エキス、ポリクオタニウム-51、BG、エタノール、クエン酸、スクロース、加水分解水添デンプン、結晶セルロース、乳酸Na、フェノキシエタノール、メチルパラベン

カリ含有石ケン素地は、アニオン界面活性剤です。界面活性剤については、「【化粧品の基礎知識】界面活性剤の種類、特徴と役割」という記事で書いています。
カリ含有石ケン素地は、固形石鹸によく使用される成分の一つですね。下記に石鹸原料の種類について、下記に表にしています。
石鹸原料の種類 素材 アルカリ剤 形状 手法
石ケン素地 脂肪酸 水酸化Na 固形 中和法
石ケン素地 油脂 水酸化Na 固形 鹼化法
カリ石ケン素地 脂肪酸 水酸化K 液体 中和法
カリ石ケン素地 油脂 水酸化K 液体 鹼化法
カリ含有石ケン素地 石ケン素地+カリ石ケン素地 水酸化Na+水酸化K 固形
 
残念ながら、カリ含有石ケン素地に含まれている脂肪酸組成は不明です。メーカーに問い合わせるしか、知るすべはありません。石鹸については、「【知って損なし!】石鹸の特徴と種類」という記事で書いています。参考にしてみてください。
ラウリン酸は、脂肪酸の一種。若干の刺激性が懸念される成分ですが、泡立ちが良好になるため、よく使用されます。敏感肌やお肌が弱い方は、気をつける成分かと思います。
グリセリンは、多価アルコールで保湿剤。
オリーブ油は、植物オイルのエモリエント剤です。植物オイルについては、「【化粧品の基礎知識】植物性オイルと脂肪酸、特徴と役割」という記事で書いています。
グリコシルトレハロースは、糖類の保湿成分です。
ここまでが1%を超える成分かと思います。
コメエキスは、ライスパワーNo.11のことです。
洗浄力は、申し分なし。
グリセリンやオリーブ油が配合され、潤いに関しても、特に問題ないでしょう。
ただ、ラウリン酸は、気になるので、敏感肌の方は注意してくださいね。

 

米肌 肌潤石鹸のフリー項目
  • エタノール
  • 鉱物油
  • 香料、着色料

 

米肌 肌潤石鹸の評価
  • 公式ホームページ:4.4/5.0 1044件
  • アットコスメ:3.5/7.0 1133件
  • LIPS:4.6/5.0 5件

※上記評価は、ブログ執筆時のものです。

良い評価
  • 泡切れ、泡立ちが良好
  • 洗い上がりはスッキリ目
悪い評価
  • 敏感肌の私には全く合わなかった、

良くも悪くも石鹸ですからね。それも脂肪酸石鹸ですので、洗浄力はそれになりにありますので、乾燥肌の方には、やや不向きかもしれませんね。

あと、きちんと泡立てて使用してくださいね。泡立てず、使用すると、刺激の原因になりますので。これは石鹸に限らず、洗浄剤全般に言えることですけどね。

 

 

 

どんな人にオススメ?

お肌がオイリーな方には、特にオススメです。
余分な皮脂はきれいに落としてくれるでしょう。
いつも使用している洗顔が合わないなーと思っている方も、一度試してみてはどうでしょか?
思いの外、洗顔後のしっとり具合に驚かされます。
 

米肌で理想的な素肌を

 
 
 

最後に

米肌 肌潤石鹸について、書いてみました。
次の洗顔、今の洗顔にお悩みの方は、是非試してみてください。
トライアルセットですと、化粧水、乳液、クリームも付いてきます。
もちろん、全て「ライスパワーNo.11」が配合されています。
肌を内側から改善して、美肌を目指しましょう!
石鹸については、他にも記事を書いています。良ければ、化粧品選びの参考にしてみてください。

【Arouge(アルージェ)】モイスチャークリアソープ 使用感と成分分析

【ETVOS】クリアソープバー 使用感と成分分析

【ヒフミド】ソープ<洗顔石けん> 使用感と成分分析

 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
 
 
 
ホームへ戻る