あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【ファンケル】マイルドクレンジングオイル 使用感と成分分析

スポンサーリンク

 
 
どうも、あひるです。
ファンケルのマイルドクレンジングオイル
有名ですよね?
今回は、化粧品開発者の視点で、
ファンケル マイルドクレンジングオイル
の成分分析を行っていきたいと思います。
 

【ファンケル】毛穴の汚れまでスッキリ!無添加クレンジング

 

 

 
マイルドクレンジングオイルのポイント!
  • ファンケル品質に疑いの余地なし
  • クレンジング力は申し分なし
  • 乾燥による小じわも防ぐ

 

 

ファンケルとは?

私が言うまでもなく、超有名メーカーですね。
日本の化粧品会社(メーカー)を5つ挙げてみてください。
と質問すれば、必ずと言っていいくらい、名前が挙がるのではないでしょうか。
 
研究開発に力を入れ、新しい商品をいくつも生み出している、ファンケル。
特に、ファンケルは、「安全品質」に定評があります。
品質が素晴らしく良いのです。
 
・容器を小さく、容量を少なくすることで、開封から使い終わるまでの期間を短くし、防腐剤を一切配合しない製品を実現
 
・医薬品を製造できるレベルの工場を有し、クリーンな環境で化粧品を製造
 
・化粧品に製造年月日を記載
 
などといった、品質に絶対の自信がなければできないことをされています。
 
書くのは簡単ですが、これを実現するのはかなり大変です。
肌に負担をかけずに、防腐剤フリー
製造年月日の記載
 
実際にされているのは、ファンケルくらいのものだと思います。
そんなファンケルが作った、マイルドクレンジングオイルを見てみましょう。
 
 
 

ファンケル マイルドクレンジングオイル 使用感と成分分析

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190715160717j:plain

いくつも賞を受賞してます。
@cosme クレンジング 2018 第一位
Voce 7月月間ランキング クレンジング部門 一位
シティOL ベストコスメ 金賞
 
ファンケル マイルドクレンジングオイルの使用感
ではでは、実験してみましょう!!
マジックのマッキーで、●を書き、これがどの程度落ちるのか、実験です。
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190715160726j:plain
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190715160733j:plain
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190715160740j:plain
完全に落ちちゃってます。
あのマッキーをも落としうる力を、このクレンジングは、持っているのです。
このマジックでは、油性であり、メイクも基本的に油性ですので、メイク落としの力も十分にあるということが推察できますね。
さらにすごいことに、乾燥による小ジワを防ぐ、「効能評価試験」もしているんです。以前に少しお話しましたよね?評価試験については、「【アテニア】ドレスリフト ローション 使用感と成分分析」と、「【アテニア】ドレスリフト 使用感と成分分析」という記事で書かせてもらっています。
 
化粧水やクリームといった、潤いをもたらす化粧品で、「乾燥による小ジワを防ぐ」を謳うのなら、まだわかりますが、
クレンジングで、効能評価試験・・・。
しかも、試験通ってるし・・・。
凄いですね。 
クレンジングをしても、潤いは保ったままなんですよ?
いやー脱帽です!!
 
ちょっと褒め過ぎでは?
と思われるかもしれませんが、本当にすごいんですから、仕方ありません。
良い商品は、素直に褒める、称える
これは大事なことだと思います。
 
では、全成分を見てみましょう。
ファンケル マイルドクレンジングオイル

エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BG、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20、(カプリル酸/カプリン酸)カプリリル、オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、グリセリン、ジカプリリルエーテル、ジメチコン、(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、メドウフォーム油、ジグリセリン、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、ダイズ油、ステアリン酸イヌリン、トコフェロール

エチルヘキサン酸セチル、ジイソノナン酸BGは、オイル成分。
ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、ヘキサカプリル酸ポリグリセリル-20は、界面活性剤です。界面活性剤については「【化粧品の基礎知識】界面活性剤の種類、特徴と役割」という記事で書いています。
 
(カプリル酸/カプリン酸)カプリリルは、オイル成分。
オクタイソノナン酸ポリグリセリル-20は、界面活性剤。
ジフェニルシロキシフェニルトリメチコンは、シリコーン成分です。シリコーン成分をお嫌いな方も多いかもですが、特に悪い成分ではありません。メイク系には、多数使用されており、メイクのシリコーン成分を落とすには、同じくシリコーン成分を用いたほうが、楽に落とすことができるので、配合しているものと思われます。シリコーン成分については「【化粧品の基礎知識】シリコーンの特徴と役割」という記事で書いています。
グリセリンは、多価アルコール。
ここまでが、1%を超える成分かと思います。
正直、〇〇エキスなどといったものが配合されていないので、どこまでが1%以上なのか、検討がつきません・・・。
外れてるかもしれません・・・(^_^;)
 
やはり、ファンケル品質です。
防腐剤は一切配合されていません。
 
主成分がオイルですから、オイルであるメイク品と馴染みが良く(仲が良く)、メイクを落とすことが可能なのです。
 
また、〇〇-10や、〇〇-20の界面活性剤が、メイク落ちをさらにアップさせています。
この界面活性剤の働きは、「乳化」になります。
乳化については、「【化粧品の基礎知識】界面活性剤の特徴と役割」という記事で書いています。
 
余計な成分が入っておらず、それでいて、メイク落ちは、文句なし。
さらに、乾燥による小ジワも防ぐ。
文句のつけようがありません。
 
 
 

こんな人にオススメ

がっつり化粧をされる方
・皮脂が多めの方
・匂いが苦手な方
・防腐剤が嫌いな方
・乾燥に小ジワが嫌な方
 
香料、精油、防腐剤は無添加です。
香料、精油については、「【化粧品の基礎知識】精油と香料の違い」で書いています。
防腐剤フリーに関しては、「【化粧品のウソ、ホント】防腐剤フリーがいいの?」で書いています。
また、がっつりメイクをされていない方でも、余分な皮脂もきちんと落としてくれますので、オススメです。
 
 

最後に

使っている人は、さらに愛着が、
使ったことのない人は、使ってみたいと思ってもらえる商品ではないでしょうか。
クレンジングの種類や選び方については、「【クレンジングの選び方】肌を優しく洗い上げるには?〜クレンジングの種類と特徴〜」という記事で詳しく書いていますので、参考にしてみてください。
クレンジングの商品に関して、他にも記事を書いていますので、化粧品選びの参考にしてみてください。
 
最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
 
 
 
 
ホームへ戻る