あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【乳幼児、子供向け】ベビーヘアシャンプー(ナチュラルサイエンス)

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
 
はじめまして、あひるです。
普段、化粧品会社で、化粧品を開発しています。
ブログを立ち上げ、化粧品に関する、様々なものを発信していこうと思います。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
 
ナチュラルサイエンスさんが出されている「ヘアシャンプー」について、書いていこうと思います。
 

 

 

ナチュラルサイエンスとは

皆さん、ナチュラルサイエンスという会社をご存知でしょうか。
子育てされた方は、よくご存知の会社名かもしれません。
乳幼児や子供向けに化粧品を作られている会社さんです。
産婦人科などで、サンプルをいただけたりしますよね。
皮膚科の専門医とも協力して、乳幼児にとって、低刺激のスキンケア化粧品を展開されています。
余談ですが、日本皮膚科学会にブースを出していたりもします。
 
 
 

ベビーヘアシャンプー

使用感
f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190628191011j:plain
乳幼児や子ども向けのヘアシャンプー。
それについて、成分的な面も踏まえつつ、紹介していこうと思います。
 
何を隠そう、私の娘(1歳半)も愛用者の一人です。
生まれたときから、こちらのシャンプーを使わせてもらっています。
今のところ、肌トラブルは一切ありません。
※だからといって、全ての人に、肌トラブルがないわけではありません。
 
もちろん、詰め替え用もあります。

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190628191035j:plain

容器は不透明白色のポンプフォーマータイプ。
ワンプッシュの泡だけで、十分洗えます。
ポンプフォーマー=泡立ちが悪いみたいなイメージをお持ちの方もいるかも知れませんが、このシャンプーはそんなことはありません。
後からでも、モコモコと泡立つんです。
 
また、容器が不透明だと、中身の残量がわからない!!
と思われる方もいるかも知れませんが、問題ありません。
容器の側面の一部が半透明となっており、簡単に残量がわかるようになっているんです。
便利ですよね?
残量確認が容易ですから、
あれ?ないぞ??
みたいなことにはなりにくいですね。

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190628191019j:plain

では、全成分を見ていきましょう。
 
全成分

f:id:ahiru_nonnbiritanosimu:20190628191027j:plain

ヘアシャンプー

水、グリセリン、BG、ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルアスパラギン酸Na、ココアンホ酢酸Na、ペンチレングリコール、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、キシリトール、トレハロース、ベタイン、ソルビトール、PCA-Na、イソステアリン酸コレステリル、コレステロール、オリーブ油、セラミド2、水添レシチン、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、リシン、トレオニン、プロリン、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ポリクオタニウム-51、ポリグリセリル-4ラウリルエーテル、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール

全成分より、
  • シリコーンフリー
  • 硫酸系界面活性剤フリー
  • 無香料
  • 無着色
  • エタノールフリー
  • パラベンフリー
  • 鉱物油フリー
  • 旧表示指定成分フリー
旧表示指定成分がわからない方はこちら。

www.ahiru-nonnbiri-blog.work

8つのフリーが読み取れます。 
昨今、市場から嫌われている成分は、きちんと排除されています。
市場から嫌われている成分だからといって、お肌に害のある成分ではないので、その点、間違えないようにしてくださいね。
 
洗浄成分の主成分は、
  • ココイルグルタミン酸TEA
  • ラウロイルアスパラギン酸Na
  • ココアンホ酢酸Na
の3つです。
 
ココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルアスパラギン酸Naは、アニオン界面活性剤。
さらにこの2つの成分は、
アミノ酸系活性剤に分類され、低刺激、マイルドな洗浄がウリの成分です。
ココアンホ酢酸Naは、両性界面活性剤となります。
両性界面活性剤も、低刺激の洗浄剤で、よく色んなベビー系シャンプーなどに使用されています。
 
洗浄成分からは、低刺激、マイルドな洗浄能力、肌の弱いお子さんにも使用できるよう配慮が伺えます。
このシャンプーはもちろん、それだけではありません。
 
グリセリンを多く配合しており、さらに低刺激性を向上させています。
グリセリンは、多価アルコールの一種で、保湿作用があります。
さらに、多価アルコールの中では、低刺激性に優れており、敏感肌や肌の弱い方には、大変ありがたい保湿剤です。
多価アルコールについては、こちら。

www.ahiru-nonnbiri-blog.work

 
洗浄能力のみならず、保湿にも気を使っている商品です。
これ以外にも、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、キシリトール、トレハロース、ベタイン、ソルビトール、PCA-Naと多くの保湿成分が配合されています。
また、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、トレオニン、プロリン、は、アミノ酸です。お肌にも存在しており、天然保湿因子(NMF)などと呼ばれ、肌の保湿に重要な役割を果たしています。
セラミド2も配合され、肌に浸透しやすいように、水添レシチン、コレステロールで工夫がされていますね。
リポソームやナノカプセルなどと呼ばれているやつです。
洗浄しても、肌が乾燥しないように、複数の保湿成分やそれに近しい成分を組み合わせ、多面的、多角的に配慮がなされています。
ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-10は、カチオン性ポリマーと呼ばれる成分です。
髪は洗浄剤で洗うと、マイナスに帯電してしまいます。
(洗浄成分がマイナスなので)
ですので、プラスに帯電している、カチオン性ポリマーで、マイナスをなくしてあげる必要があります。
このカチオン性ポリマーがないと、洗髪後、髪がギシギシし、摩擦によるダメージを受け、余計にダメージ毛が進行してしまいます。
髪のギシギシを改善し、指通り、櫛通りをよくするためには、必要な成分です。
 
 

どんな人にオススメなのか?

もうおわかりですよね?
  • 乳幼児や子どもなど、お肌がきちんと出来上がっていない方
  • お肌の弱い大人の方 
これから生まれてくる赤ちゃんに、何を使おうかお悩みの方、是非使ってみてはいかがでしょうか。
 
ナチュラルサイエンス公式HP
 
 
 

最後に

ここで、今回の記事のポイントをおさらいしましょう!!
今回のポイント!
  • 低刺激を実現したシャンプー(主に、乳幼児、子ども用)
  • 洗浄することだけでなく、保湿にも配慮
  • ポンプフォーマータイプなので、泡立てる必要なし
上記ポイントは、
赤ちゃんやお子さんへ使用する上で、当然と言えば、それまでなのですが、意外とそこまで配慮されていない商品もあるわけで・・・。
その点、このナチュラルサイエンスさんの「ベビーヘアシャンプー」は、きちんと考え抜かれた成分となっており、関心させられます。
これからも愛用していきたいと思っています。
 
ナチュラルサイエンス公式HP

 

スポンサーリンク
 

 

ホームへ戻る