あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【アミノメイソン】モイスト ホイップクリーム シャンプー 使用感と成分分析

スポンサーリンク

 

どうも、化粧品開発者のあひるです。

新型コロナウイルスの広がりがやばいですね。SARSを超えてるし、死者は拡大の一途。でも、致死率が高くないので、楽観視している人は多そうです。

ですが、皆さん。マスク、うがい、手洗い忘れずに!!クレベリンも大事ですよ。

クレベリンご存知でしょうか。

クレベリンやウイルスについては、「【食品から学ぼう!】微生物の恐ろしさと化粧品」と、「【乾燥は肌の大敵!】肌に優しい湿度の作り方」という記事で書いています。今だからこそ、きちんと対策をしておきましょうね。

今回は、アミノメイソンのシャンプーについてです。以前にもアミノメイソンについて書きましたが、別の、使用感違いの商品になります。違いなども説明していますので、是非読んでいってください。

トリートメントについては、「【アミノメイソン】モイスト ミルククリーム トリートメント 使用感と成分分析」という記事で書いています。

 

 

 

 

アミノメイソン モイストシャンプーのポイント!
  • アミノ酸系 ✕ ベタイン系の活性剤がメインのシャンプー
  • 泡立ち良好
  • 毛髪補修成分が配合されている

 

 

アミノメイソンとは?

アミノメイソンについては、「【アミノメイソン】スムース シャンプー 使用感と成分分析」という記事で以前書いていますので、良ければ読んでみてください。

 

 

 

アミノメイソン モイスト ホイップクリームシャンプー 使用感と成分分析

アミノメイソン モイストシャンプー

 

引用:http://www.aminomason.jp/products/

 

アミノメイソン モイスト ホイップクリームシャンプーの使用感

無色透明な液体です。粘度は、低めのシャンプーで、泡立ちはかなり良好です。泡立てるとモコモコと泡立つ感じがとても良いですね。

洗っている最中も、泡切れなんてありませんし、髪が絡まったり、キシキシしたりすることもありません。

洗い流しは、泡切れも良好で、いつまでも、泡が残っているなんてことはありませんでした。サラッと流れていく感じです。

使用感はかなり良好な感じでした。

アミノメイソン モイストシャンプーの使用感
アミノメイソン モイストシャンプーの泡立ち

 

アミノメイソン モイスト ホイップクリームシャンプーの成分分析 
ホイップクリームシャンプーの全成分

水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、グリセリン、ハチミツ、加水分解カゼイン、加水分解乳タンパク、ヨーグルト液(牛乳)、アーモンド油、アルガニアスピノサ核油、マンゴー種子油、アボカド油、オレンジ油、カキタンニン、加水分解チェリモヤ果実エキス、加水分解マンゴスチン果実エキス、加水分解マンゴー液汁エキス、ウメ果実エキス、シルク、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解コンキオリン、タウリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ヒドロキシプロリン、アセチルヒドロキシプロリン、リシンHCl、乳酸Na、乳酸、ケラチン(羊毛)、グルタミン酸、ロイシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、アラントイン、シスチン、フェニルアラニン、クオタニウム-18、アルギニン、プロリン、ベヘントリモニウムクロリド、チロシン、γ-ドコサラクトン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、ヒアルロン酸Na、ダイズステロール、白金、グリシン、フィチン酸、酸化銀、クエン酸Na、PPG-7、ラウリルグルコシド、プロパンジオール、クエン酸、塩化Na、ポリクオタニウム-10、安息香酸Na、EDTA-2Na、BG、フェノキシエタノール、香料

お気づきの方も多いかもしれません。同じブランドのアミノメイソン スムースシャンプーと、全成分の上位4つは同じです。順番も含めてね。ですが、次がグリセリンですので、しっとり具合が変化するよう作られています。

名前の通り、しっとり系シャンプーが良いなら、モイストタイプをチョイスする方が良いかと思います。

ラウロイルメチルアラニンNaは、アミノ酸系のアニオン活性剤。

コカミドプロピルベタインは、ベタイン系の両性活性剤。

コカミドメチルMEAは、ノニオン性活性剤です。

界面活性剤の種類については、「【化粧品の基礎知識】界面活性剤の種類、特徴と役割」という記事で書いています。種類がわからないって方は読んでもらえると幸いです。

グリセリンは、多価アルコールの保湿剤ですね。

グリセリンまでが、1%を超える成分かと思います。

さっぱりした泡立ちですが、グリセリンを配合することで、しっとりめに仕上げています。刺激性の強い成分も見当たらないですね。

その他、植物オイル天然保湿因子のアミノ酸、植物エキスなどが配合されています。

ジラウロイルグルタミン酸Naは、毛髪補修作用もある、アニオン活性剤です。肌に対しても、大変マイルドで低刺激な成分です。原価はたかいんですけどね(笑)

γ-ドコサラクトンも毛髪補修作用があります。面白いのは、ドライヤーなどの熱をかけることで、毛髪に浸透するという点です。ですので、お風呂上がりには、必ずドライヤーで熱を適度に加えることをオススメします。もちろん、熱をかけなくても浸透しますが、熱があった方が良いそうです。

 

アミノメイソン モイスト ホイップクリームシャンプーのフリー項目
  • エタノールフリー
  • シリコーンフリー
  • 鉱物油フリー
  • サルフェート(硫酸)系フリー

といったところでしょうか。

匂いは、香料で賦香しています。ローズの系の香りです。香料ですが、匂いがきついみたいな感じはない全くなく、優しい香りでした。やはり香料の方が、匂いは良いですよね。精油には、精油の良い点はあるんですけどね。

 

アミノメイソン モイスト ホイップクリームシャンプーの評価

アットコスメ:5.3/7.0 2487件

LIPS:4.2/5.0 145件

※上記評価は、ブログ執筆時のものです。

評価数多いですね(笑)それだけ人気、知名度があるってことでしょうか。

良い評価
  • 本当にホイップクリームのような泡ができる
  • 悩んでいたフケが改善された
  • 髪がサラサラになる
悪い評価
  • 髪がギシギシ、キシキシする
  • 髪が抜ける

キシキシする人も中にはいるかも知れませんね。でも、この中身でキシキシするって、どれだけ髪が傷んでいるのか?はたまた、どれだけ、サラサラ成分てんこ盛りの商品を使ってんだ?って思ってしまう部分もありますね。別にアミノメイソンの商品を擁護するつもりはないですけど、中身、成分的には、十分なものなので、これで痛みが改善されないのは、少し痛み過ぎなんじゃ・・・?って感じです。

 

 

 

どんな人にオススメ?

  • 髪が傷んでいる方
  • 泡立ち良好なシャンプーをお探しの方

アミノ酸系とベタイン系なので、刺激はあまりないかと思います。毛髪補修成分が配合されているのは、やはり嬉しいポイントではあります。洗い流しますが、ある程度は髪に残る成分なので、ありがたい限りです。

 

 

 

最後に

アミノメイソン モイスト ホイップクリームシャンプーについて、解説してみました。

泡立ち良好でありながら、しっとり潤うタイプのシャンプーです。全体的な評価も良く、一度は使ってみてほしいシャンプーです。男性なら、シャンプーだけで全然事足りると思います。

 

シャンプーについては、他にも記事を書いています。良ければ読んでみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

ホームへ戻る