あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【妊婦さん必見!】妊娠線予防コスメ

スポンサーリンク

 
スポンサーリンク
 
どうも、あひるです。
 
今回は、妊娠線予防について、お話します。
 
 

妊娠線とは?

妊娠線予防

男性には、全くもって無関係ですね。
男性は、妊娠しませんから(*´∀`*)
でも、急激にデブると、わかりませんね(笑)
 
妊娠中や、妊娠を考え始めた女性の悩みのタネとして、必ず挙がるものではないでしょうか。
一度現れてしまうと、なかなか消えることはありません。
薄くはなるんですけどね・・・。
 
妊娠線とは、肉割れのことです。
妊娠すると、次第にお腹が大きくなります。
当たり前です。
お腹が大きくなると、その周辺の組織はどうなるのでしょうか。
肌表面、いわゆる表皮は、伸びやすいです。
ところが、表皮の下、真皮や皮下組織は、そうはいきません。
大きくなるお腹からくる負担に、皮下組織が耐えられなくなり、亀裂が入るのです。
この亀裂が、妊娠線と呼ばれるものになります。
 
妊娠線は、女性なら誰でもなりえるものです。
もちろん個人差があり、なりやすい、なりにくいはあります。
では、どうすれば、妊娠線を防げるのでしょうか。
 
 
 

妊娠線の予防

妊娠線の予防には、妊娠初期から、きちんとした対策をすることが大事です。
お腹が大きくなってから、対策を始めては遅いのです。
なぜなら、大きくなるお腹に耐えられる皮膚、組織を作り上げるには、ある程度時間を要します。
急にお腹が、伸びやすくなる・・・なんてなりませんからね。
 
では、予防するためには、何をすればよいのでしょうか。
最も簡単なのは、化粧品による保湿ケアだと思います。
もちろん、マッサージなども効果はありますが、妊婦さんにとっては、その行動も大変です。
また、変にお腹を刺激してしまい、気分が悪くなるなどの弊害が起きては、本末転倒です。
 
化粧品を用いて、お腹(肌)に、潤いを与えることが、妊娠線予防には良いのです。
 
潤いのあるお肌は、柔軟、柔らかいですよね?
イメージしてみてください。
  • 豊富な水分を保持しているプルプルゼリー
  • 水分が不十分なカサカサ、カピカピゼリー
簡単に、ちぎれてしまうのはどっちでしょう?
当然、カピカピゼリーですよね?
 
それはお腹(肌)も同じことです。
水分、油分を適度に含み、柔軟性に富んでいるお腹の方が絶対的に、妊娠線を起こす確率が低いのです。
 
 
 

妊娠線予防化粧品

それでは、妊娠線予防コスメを紹介したいと思います。
  • ナチュラルマーククリーム(ナチュラルサイエンス)

ナチュラルマーククリーム(ナチュラルサイエンス)

私の子どもも愛用している、ナチュラルサイエンス商品。
そのシリーズの商品です。
助産師さんとママさん、ナチュラルサイエンスとの、三者共同で生まれた商品です。
無香料、無着色、低刺激をウリにしています。
 
  • たまひよ 赤ちゃんグッズ大賞 妊娠中によかったランキング2018 妊娠線ケアアイテム部門 第一位
  • ゼクシィBaby 人気育児ブランド 妊娠ボディケア部門 第一位
 ママさんから、絶大な支持を受けている商品ですね。
この商品は、乳液タイプです。
使用感は、ベタベタせず、サラサラもしない、中間タイプです。
しっかりと保湿してくれます。
 
ナチュラルマーククリーム

水、BG、グリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、スクワラン、べヘニルアルコール、ペンチレングリコール、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、メドウフォーム油、オリーブ油、キシリトール、アルガニアスピノサ核油、ステアリン酸、グリコシルトレハロース、ベタイン、ナイアシンアミド、トウキンセンカ花エキス、水添レシチン、ダイズステロール、ツボクサエキス、ヒアルロン酸Na、アセチルヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、加水分解エラスチン、ポリグルタミン酸、セラミド2、セラミド3、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、リシン、トレオニン、プロリン、PCA-Na、ソルビトール、キハダ樹皮エキス、加水分解水添デンプン、ニオイテンジクアオイ水、ゲッケイジュ葉水、黒砂糖エキス、環状オリゴ糖、異性化糖、ポリクオタニム-51、グリチルリチン酸2K、リゾレシチン、トコフェロール、グリコーゲン、キサンタンガム、ジメチコン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ステアリン酸ポリグリセリル-10、カルボマー、水酸化K、フェノキシエタノール

BG、グリセリン、ペンチレングリコールは多価アルコール。
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、スクワラン、は、オイル成分。
べヘニルアルコールは、高級アルコールです。
マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリルは、ペースト状のオイル成分です。
メドウフォーム油、オリーブ油は、植物性オイルです。
ここまでが1%以上でしょうか。
 
刺激になりそうな成分は見当たらず、ナチュラルサイエンスの商品に共通している、保湿剤、天然保湿因子(アミノ酸やセラミド)が複数種配合され、保湿が意識されています。
 
ナチュラルマーククリーム
  • クリームタイプなので、オイルが苦手な方に
  • お肌の弱い方でも、使用可能
  • 保湿成分が豊富
  • クリームの伸びもよく、使い心地は文句なし
  • ニオイに敏感な方
  • 容器は、使用しやすいポンプタイプ
 
 
  • マザーズ ボディオイル(ヴェレダ)

マザーズボディオイル(ヴェレダ)

オイル状の商品です。
ヴェレダ、有名ですよね?
妊婦さんや、ママさん向けコスメを複数出されています。
全成分はかなりシンプル。
5種類しか配合されていません。
マザーズ ボディオイル

アーモンド油、ホホバ種子油、コムギ胚芽油、香料、アルニカ花エキス

アーモンド油は、オリーブ油と比べると、酸化安定性が高くなります。
お肌との親和性も高く、お肌からの水分蒸発を防ぎ、保湿してくれる成分です。
また、アレルギー性はほとんどなく、安心な成分です。
ホホバ種子油は、酸化安定性が非常に高い植物オイルです。
あひるも好んで使用するオイルの一つです。
肌なじみがよく、他の植物オイル同様、水分蒸散を防ぎ、肌を保湿してくれる成分です。
もちろん、アレルギー性はほとんどありません。
コムギ胚芽油に関しても、アレルギーの心配はほとんどありません。
ホホバ種子油と比べると、酸化安定性はよくありませんが、そこまで悪いわけでもありません。
香料が配合されています。
もしかしたら、苦手な方がいるかも知れませんので、テスターなどで確認してみてください。
ハーブ系の優しいニオイです。
 
マザーズ ボディオイル
  • オイル好きの方
  • ハーブ系のニオイが好きな方
  • 天然系が好きな方
 
 
  • ストレッチマークオイル(ジョンマスターオーガニック)

ストレッチマークオイル(ジョンマスターオーガニック)

こちらもオイル状の商品です。
オーガニック系植物油をふんだんに配合しています。
 
オイル系ですので、ベタつきが少々気になりますが、そこまでベタつくオイルではありません。
 
ストレッチマークオイル

ヒマワリ種子油*、ローズヒップ油*、コムギ胚芽油*、ラバンデュラハイブリダ油*、ラベンダー油*、マンダリンオレンジ果皮油*、ローズマリー葉エキス*、トコフェロール、オレンジ油*、ビャクダン油*、ニンジン種子油*

*は、オーガニック成分
当然全てオイル成分です。
植物系成分がメインです。
ヒマワリ種子油は、少し酸化しやすい成分です。
ですが、後述するトコフェロールによって、酸化安定性を保っていると考えられます。
他の植物オイル同様、肌なじみがよく、水分蒸散を防ぐ役割があります。
トコフェロールは、ビタミンEとも呼ばれ、抗酸化作用に優れています。
妊娠線ケアにしては、珍しく、精油で香り付けがされています。
妊娠中は、ニオイに敏感になりがちですから、もしかしたら、合わない人もいるかもしれません。
ぜひ、サンプルなどでニオイを確認してみてください。
ちなみに、妊娠中の妻は平気で使用しています。
まぁ、個人差がありますからね・・・。
 
ストレッチマークオイル
  • オイル系が好きな方
  • フローラル系のニオイ付きが良い方
  • オーガニックが好きな方
 
 
 
 

最後に

いかがでしょうか。
妊娠線予防に関して、お話してみました。
これから、妊活する、もしくは、妊娠初期の方で、妊娠線予防コスメをお探しの方は、ぜひ参考にしてもらえればと思います。
 
今回のポイント!
  • 妊娠線は、きちんとケアすれば、誰にでも防ぐことはできる
  • 母体に、赤ちゃんに、負担のならない方法で実践しよう!
ちなみに、私の妻も、これらを使用しています。
第一子のときは、マザーズ ボディオイル(ヴェレダ)を。
第二子(現在進行中)のときは、ナチュラルマーククリーム(ナチュラルサイエンス)、ストレッチマークオイル(ジョンマスターオーガニック)を。
今現在、妊娠線などは一切起こしていません。
妊娠線予防コスメ様々です。
 
子どものスキンケアにお悩みの方は、こちらの記事も参考にしてもらえれば幸いです。
最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
 
スポンサーリンク
 
 
 
ホームへ戻る