あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【ヒフミド】エッセンスローション<保湿化粧水> 使用感と成分分析

スポンサーリンク

 

 

どうも、あひるです。

以前書いた、「【ヒフミド】ソープ<洗顔石けん> 使用感と成分分析」という記事の続編ですね。ヒフミドブランド、当たり前ですが、色々商品がありますので、そちらの方、書いていこうと思います。今回は、化粧水です。

 

 

 

 

ヒフミド エッセンスローションのポイント!
  • ヒト型セラミドを配合した化粧水
  • 高保湿化粧水で乾燥する肌に
  • 肌への親和性が高い成分が多く、刺激性も低い

 

 

ヒフミドとは?

ヒフミド、小林製薬さんから出されている化粧品で、ヒト型セラミドをコンセプト成分にしているブランドでしたよね。

詳しくは、「【ヒフミド】ソープ<洗顔石けん> 使用感と成分分析」という記事で書いています。

 

 

 

ヒフミド エッセンスローション 使用感と成分分析

ヒフミド エッセンスローション

引用:https://www2.kobayashi.co.jp/hifmid/item/21211/?_sp=0bd6cc08-cf46-42c5-90bd-c5d76dd2f1fa.1583209051207

 

ヒフミド エッセンスローションの使用感

透明のシャバシャバな液体です。ぬるつきやベタつきといった不快感はなく、使用感はかなり良いですね。塗り終わったあとに塗った感があり、それにより、保湿されている感がすごく伝わるような中身、使用感になっています。この感じは、人によって好みは分かれるかもしれません。冬場は良いですが、夏場はちょっと・・・みたいな人がいるかもですね。

匂いは、特になく、変な基剤臭もありません。潤いを実感できる良い商品ではないでしょうか。

ヒフミド エッセンスローションの使用感

 

ヒフミド エッセンスローションの成分分析
エッセンスローションの全成分

水、BG、グリセリン、ジグリセリン、ベタイン、ペンチレングリコール、メチルグルセス-20、セラミド1、セラミド2、セラミド3、グリセリルグルコシド、カンゾウ葉エキス、ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-61、ナットウガム、オレイン酸、PEG-60水添ヒマシ油、アルギン酸Na、キサンタンガム、ポリアクリル酸Na、フェノキシエタノール、トコフェロール、クエン酸Na

BGグリセリンジグリセリンペンチレングリコールは、多価アルコールで保湿剤。

ベタインは、アミノ酸系の保湿剤です。

メチルグルセス-20も保湿剤で、ここまでが1%を超える成分かと思います。

結構保湿剤が配合されており、それが塗り終わった後の、「塗った感じ」に繋がっているのだと思います。多価アルコールについては、「【化粧品の基礎知識】多価アルコールの特徴と役割」と、「【化粧品の基礎知識】多価アルコールと抗菌作用」という記事で書いています。

当然、セラミドも配合されています。ヒフミドで採用しているのは、ヒト型セラミドです。

セラミドの分類 由来 価格 肌への親和性 ヒト型と比べて 名称の例 化粧品への配合量
ヒト型セラミド 酵母 高価 構造同じ セラミド〇〇、〇〇には、数字か英字 微添
植物セラミド 大豆など 中価 類似構造 グルコシルセラミド など ヒト型よりは多く配合可能
動物セラミド 馬など 中価 類似構造 セレブロシド など ヒト型よりは多く配合可能
合成セラミド 合成 安価 類似構造 ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド ヒト型よりは多く配合可能

また、ヒト型セラミドの役割についてもまとめています。

新名 セラミドEOP セラミドNG(NS) セラミドNP セラミドAG(AS) セラミドAP
旧名 セラミド1 セラミド2 セラミド3 セラミド5 セラミド6Ⅱ
作用 アトピー性皮膚に関連が示唆されている 最も多く含まれており、高い水分保持能がある 保湿やバリア機能回復効果に優れる 角質のバリア機能を高める作用がある ターンオーバー正常化作用

 

カチオン性ポリマーである、ポリクオタニウム-51ポリクオタニウム-61も配合され、保湿にかなり特化した化粧水であることが伺えます。

両カチオン性ポリマーとも、リン脂質と類似した構造、つまり、お肌との親和性の高い成分として有名です。生体適合性リン脂質ポリマーとも呼ばれており、医療分野でも使用される成分です。

かなり保湿に特化した化粧水なので、乾燥気味な人には、かなり良い商品かと思います。

 

ヒフミド エッセンスローションのフリー項目
  • シリコーン
  • パラベン
  • 鉱物油
  • アルコール

 

ヒフミド エッセンスローションの評価
  • アットコスメ:4.6/7.0 387件
  • LIPS:4.6/5.0 21件

※上記評価は、ブログ執筆時のものです。

良い評価
  • 試したセラミドコスメの中で唯一刺激がなかった
  • 夕方になるとカサつく肌だったが、しっとり潤い続ける肌へ変化した
  • 敏感肌でも使用できた
悪い評価
  • 効果があまり感じられなかった
  • 使用後のベタベタが気になる

やはり、使用後の独特の感触を嫌う人もいるみたいですね。こればかりはどうしようもなく、実際に試してみるしかないですよね。

 

 

 

どんな人にオススメ?

  • 乾燥肌、乾燥気味の人
  • セラミドコスメをお探しの方
  • しっとり潤う化粧水をお探しの方

とにかく、乾燥が気になり始めた人や気になっている方には、かなりオススメな商品だと思います。

 

 

 

 

最後に

ヒフミド エッセンスローションについて、解説してみました。

保湿に特化した良い商品だと思います。使用感、つけ心地には、色々意見の分かれるところですが。

他にも化粧水について、色々と書いています。化粧品選びの参考になれば幸いです。

【アクセーヌ】モイストバランスローション 使用感と成分分析

【プチプラコスメ】ハトムギ化粧品って何がそんなに良いの?

【THREE】バランシング ローションR 使用感と成分分析

【HANAオーガニック】フローラルドロップ 使用感と成分分析

【Arouge(アルージェ)】モイスチャーミストローションⅡ 使用感と成分分析

【ETVOS】モイスチャライジングローション 使用感と成分分析

【N organic】モイスチュア&バランシングローション 使用感と成分分析

【アテニア】ドレスリフト ローション 使用感と成分分析

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

 

 

 

 

ホームへ戻る