あひるの化粧品と戯れる日記

化粧品開発者が化粧品やそれに関する知識、情報などを発信していくブログです。たまに無関係なことも書きます。

【天然100%って本当?】ウェアルーUV(HANA オーガニック)

スポンサーリンク

 
どうも、あひるです。
HANAオーガニック、有名ですよね?
オーガニック化粧品と聞かれると、すぐに名前の挙がるブランドではないでしょうか。
 
 
 

どんな人にオススメ?

  • 天然100%の日焼け止めベースをお探しの方
  • 肌への負担が少ない日焼け止めをお探しの方
  • アンチポリューションなどのダメージをケアしたい方
ここまでの天然は、他ではあまりないでしょう。
と言うか、私は他を知らないです(現時点では)。
石鹸で落とせるので、肌への負担は少ないでしょう。
ですが、敏感肌の方は、よく確認してから、使用することをオススメします。
植物エキスは、それなりに配合されていますから。
 

HANAオーガニックトライアルセット

 

もうファンデーションはいらない。HANAオーガニックのウェアルーUV

 
 
 

HANA オーガニックとは?

HANA オーガニックは、合成を一切使わない化粧品ブランドです。
つまり、天然100%ということです。
天然100%と聞くと、
ウソだろー?
と思ってしまいませんか?
少なくとも、あひるはそう思います(笑)
むしろ、天然98%とかの方が、なんか信憑性あがっちゃいます。
 
HANA オーガニックは、10個の約束があります。
  1. 95%以上は天然由来成分、またスキンケアの植物原材料の85%以上はオーガニックのものを使用します。
  2. 植物原料の産地、オーガニック認証などを明確に表記します。
  3. 遺伝子組み換え操作を行った植物は使用しません。
  4. 石油系合成界面活性剤は使用しません。
  5. カルボマーなどの合成ポリマーは使用しません。
  6. 石油由来の成分は使用しません。
  7. パラベン、フェノキシエタノールなどの合成防腐剤を使用せず、植物が持つ天然の防腐効果を利用します。
  8. 植物エキスの抽出に石油系溶剤BG、PGなどを使用せず、発酵エタノール、植物性グリセリン、スクワラン、水などを使用します。
  9. 石油系合成着色料であるタール色素の原料は使用しません。
  10. 安全性が確定していないナノテクノロジーを利用した無機物の微粒子(100nm以下)の原料は使用しません。
かなりのこだわりですね。
中身を作るのが、なかなか大変です。
それにしても、遺伝子組み換えは嫌われていますね。
記事はこちら。
最後の一文は、超微粒子酸化チタンとか、超微粒子酸化亜鉛のこと。
EUでは確か、規制がかかっていたと思います。
 
 
 

HANA オーガニック ウェアルーUV

HANA オーガニック ウェルアーUV

ウェアルーUVは、100%天然の日焼け止めベースです。
SPF30、PA++、紫外線、大気汚染、ブルーライトなどからお肌を守る作用があります。
 
ウェアルーUVの使用感
ウェルアーUV使用前
ウェルアーUV塗布直後
ウェルアーUV塗り拡げ
写真だとわかりにくいかもです・・・。
こちらは、イエローベージュを塗り拡げた写真です。
ミルクタイプで、重い感じは全くありません。
伸びもよく、少量でかなりカバーできます。
つけ心地は、美容液感覚でしょうか。
下地や、サンケア製品っていう感じはあまりしないんですよ。
この製品のすごいところです。
水に対しては、そこまで強くはありません。
石鹸で簡単に落とせるようにしてあるので仕方ないところです。
肌への負担を考えると、わりと落ちやすいほうが絶対に良いです。
スペックは、SPF30、PA++
日頃使用するには、最適なスペックです。
SPFやPAに関してはこちら。
ウェアルーUVの種類
種類は、2種類。
イエローベージュと、ピンクベージュがあります。
写真からもわかるように、全く白浮きなどはしません。
イエローベージュは、平均的な日本女性の顔色なので、迷ったらイエローベージュをオススメします。
ピンクベージュは、ワントーン明るく仕上げたい方向け。
どちらも試してみたい方は、トライアルセットを購入すると、もれなく両方着いてくるので、試してみるものも良いかもです。
 

HANAオーガニックトライアルセット

 
もうファンデーションはいらない。HANAオーガニックのウェアルーUV
 
ウェルアーUV塗布後(左:ピンク、右:イエロー)
ウェルアーUV塗り拡げ(左:ピンク、右:イエロー)
ウェルアーUV塗り終わり(左:ピンク、右:イエロー)
イエローベージュとピンクベージュを比較した写真です。
左がピンクベージュ。右がイエローベージュです。
 
ウェアルーUVの全成分
ウェアルーUV

ダマスクバラ花水、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、酸化チタン、プロパンジオール、スクワラン、グリセリン、ラウリン酸ポリグリセリル−10、ベヘニルアルコール、ミリスチン酸オクチルドデシル、ミリスチン酸ポリグリセリル−10、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、水、酸化亜鉛、ポリヒドロキシステアリン酸、イザヨイバラエキス、α-グルカンオリゴサッカリド、ローズマリー葉エキス、クリスマムマリチマムエキス、カカオ種子エキス、オウゴン根エキス、ツバキ種子油、コメ胚芽油、ビターオレンジ花油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、オニサルビア油、イランイラン花油、ビターオレンジ葉/枝油、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、プルラン、オクチルドデカノール、ステアロイルグルタミン酸Na、アルミナ、ステアリン酸、キサンタンガム、ステアリン酸ポリグリセリル-2、ステアリン酸グリセリル、ステアリルアルコール、ホホバエステル、エタノール、BG、シリカ、酸化鉄、マイカ、ラウロイルリシン、水酸化Al、ステアロイルグルタミン酸2Na

 ダマスクバラ花水は、バラを蒸留して得られるお水のこと。
バラの成分がいくつも溶け出しており、水なのに、バラの匂いがします。
また、抗菌性もありますので、これが防腐剤フリーの秘密だと思います。
通常の防腐剤フリーは、多価アルコールを増量し対応しています。
HANA オーガニックは手法が異なるんです。
防腐剤フリーについては、こちら。
トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、スクワラン、ミリスチン酸オクチルドデシル、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキルは、油性成分。
酸化チタン、酸化亜鉛は、紫外線散乱剤。
プロパンジオール、グリセリンは多価アルコール。
ラウリン酸ポリグリセリル−10、ミリスチン酸ポリグリセリル−10は、ノニオン界面活性剤。
ベヘニルアルコールは、高級アルコール。
ポリヒドロキシステアリン酸は、粉体分散能を高める成分です。
ここまでが1%以上でしょうか。
正直、難しいです。合ってないかもです。
その他、
α-グルカンオリゴサッカリドは肌フローラの整え、オウゴン根エキスはアンチポリューションで有名です。
カカオ種子エキスは、ブルーライトのダメージ抑制に作用と、外的刺激をカット、抑制を考えられたエキス類となっています。
 
 
 

本当に天然100%なの?

一番、気になるところですね(笑)
あひるだけかもしれませんが・・・。
普段から、化粧品開発を行っている私ですが、天然100%を作ることは、本当に難しいです。
ネックとなるのは、防腐剤です。
HANAオーガニックでは、その問題を、ダマスクバラ花水と、多価アルコール、植物エキスで上手に賄っています。
 
次にネックとなるのが、植物エキスです。
植物エキスの大半は、BGで抽出され、そのBGは、大体が石油由来です。
原料メーカーが、石油BGを使用していたら、どうしようもないのです。
その点、HANAオーガニックは、植物由来BGから抽出された植物エキスだけを厳選しています。
実際にどの原料を使用したかはわかりません。
ですが、HANAオーガニックに配合されてある植物エキスは、植物由来BGで抽出した原料の存在を確認できました。
また、他の成分も、天然由来であると確認ができています。
 
以上2点から、HANAオーガニック ウェアルーUVは、天然由来100%だと見て、まず間違いはないと思います。
脱帽です!
本当にこだわり抜いた商品って、このような商品を言うのだろうなと、感心させられました。
 
 
 

最後に

オーガニック化粧品と言えば、必ず名前の挙がる「HANA オーガニック」
その商品、ウェアルーUVを解析してみました。
基本的に、オーガニック系はあまり好まないのですが、この商品はすごいと思います。
ここまで徹底的に、こだわられた、こだわり抜かれた商品は、そう多くないでしょう。
オーガニック系が大好きな人には、もってこいの商品です。
まだ試したことのない方は、試してみてください。
↓↓↓
HANAオーガニックトライアルセット
 
もうファンデーションはいらない。HANAオーガニックのウェアルーUV
 
HANAオーガニックの製品に関しては、こちら。

www.ahiru-nonnbiri-blog.work

 
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
 
 
 
ホームへ戻る